売却を依頼する不動産会社選び - 不動産会社の探し方

【売却を仲介する不動産会社の探し方】一括査定、見分け方

不動産会社を選ぶには、まず候補となる不動産会社をいくつか探さなければいけません。複数の人から話を聞くことで、より具体的なイメージが湧いてきます。

不動産売却では、どの不動産会社に仲介をしてもらうかが、非常に重要となります。同じ物件でも、不動産会社によって査定に差が出てきますので、まずは一括査定サービスを利用して、複数の不動産会社から査定結果を受け取ることが大切でしょう。売りたい物件の価値をより高く見積もってくれる不動産会社と取引をすることが、不動産の売却で損をしないための第一歩だといえます。

しかし、不動産売却という重要な取引のためのパートナーを選ぶわけですから、査定額の比較だけでなく、様々な芳香から、しっかりと相手を見極めることが大切です。

不動産売却の経験が豊富な不動産会社

物件の売買では非常に大きなお金が動くことになりますので、まずは信頼できる不動産会社なのか、実績があるのかが重要となります。一括査定サービスなどを利用した場合、こうしたサービスでは基本的に大手などのしっかりとした不動産会社のみが取り扱われていますので、あまり神経質になる必要はないでしょう。

一括査定サービスなどを利用せず、自分で直接見つけた不動産会社に仲介を依頼するという場合には、まずその不動産会社の実績について、下調べをしておいたほうが安心です。

また、一言に不動産会社といっても、賃貸をメインに扱っているのが、売買に力を入れているのかは、不動産会社によって異なります。あるいはリフォームや管理業務などを主体としている不動産会社もあるでしょう。

物件を高く売るためには、より多くの人にその物件の魅力を知ってもらい、広く購入希望者を募ることが大切となります。物件の媒介、仲介について多くのノウハウを持った不動産会社に依頼することが、その物件を高く売るためのコツとなるのです。つまり、リフォームや賃貸に力を入れている不動産会社ではなく、売却に特化している不動産会社に依頼をすることが重要となります。

不動産会社のホームページから依頼を決める

依頼を検討している不動産会社がどういった方向に力を入れているかを判断するためには、その不動産会社が運営しているウェブサイトなどが参考になるでしょう。これまでの売買実績などを公開している不動産会社が多くありますので、それらの情報を確認し、その不動産会社の経験と能力をはかりましょう。

売却に力を入れている不動産会社であれば、実際の取引の流や、どういった形で営業を行っているかなどの情報も、ウェブサイト上に掲載しているかもしれません。詳細な情報をわかりやすく掲載したウェブサイトを運営しているのなら、それだけその方面に力を入れている、と判断できるでしょう。

不動産売却を依頼する前に訪問査定を見る

ある程度不動産会社を絞り込むことができたのなら、訪問査定に来てもらうことになりますが、この訪問査定も、相手を見極めるための重要な機会となります。最初にチェックしたい点は、相手の名刺の肩書であり、宅建士が訪問したのかどうかを、確認することです。

この宅建士とは試験に合格して都道府県知事の登録を受け、宅建士証の交付を受けた人を指します。もしも訪問査定に訪れた人が、宅建士の肩書を持っていなくても、法的には何ら問題はありません。しかし信頼性という面では、やはりきちんとした肩書きを持つ人間に査定をさせている不動産会社のほうが、パートナーにふさわしいといえそうです。

肩書きだけでなく、実際にどういった対応をするかも、その不動産会社の信頼性を見極める大切なポイントとなります。まず説明を丁寧に行ってくれるか、たとえば不明な点について質問した場合、きちんと回答をしてくれるかなども、重要な点だといえるでしょう。

また、契約をすればその後も様々なやり取りをしていくわけですから、きちんとこちらの話に耳を傾けてくれるかという点も、とても大切です。しっかりと相手を見極めて、不動産売却という重要な取引を行っていくパートナーを選び出しましょう。


不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料