土地が父親所有の一戸建てを、離婚予定で売却を考えている

離婚予定です。離婚に伴い一戸建てを売却しようか悩んでます。土地が父親の所有でその上に私名義の家を立てました。

残債2000万円

その場合は売却は可能ですか?売却の考え方は?父親が売却を承認して父親に土地分は払うみたいなことでしょうか?

建物を売ってもオーバーローンとなります。その場合、夫婦の財産分与はどんな考え方はになるでしょうか?

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

建物だけを売却することは難しいでしょう。お父様所有の土地も住宅ローン借り入れの際に共同抵当に入っていませんか?であれば、建物単独での売却は債権者が承諾しません。

お父様の承諾を得て売却した場合、土地売却代金はお父様が受け取ることになるでしょう。しかし建物売却代金だけでは住宅ローンを完済できないのであれば、当然土地の売却代金も住宅ローンの返済に充てられます。完済できなければ抵当権を抹消してもらえませんので売却が出来ません。

何とか、ローンを完済した場合であっても手元に一銭も残らないのであれば、そもそも財産分与の問題も生じないですね。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

  • 妻と離婚して住宅ローンの残る一戸建ての売却

    妻と離婚してローンの残る一戸建てに住んでいるのですが、支払いが大変で売却を考えているのですが、残りが3000万円で売却しても2000万円位になりそうなのですが、残債は1000万円はどうやって支払って行くことになりますでしょうか? 財産分与

  • 離婚で自分名義のマンションを第二抵当権を入れることになった

    協議離婚の協議で慰謝料を分割にする事になり、慰謝料と養育費を払い終わるまで保証人をたてるか、私名義のマンションに第二抵当権を入れたいと言われました。 協議離婚証も作成する為に拒否しましたが受け入れられずに抵当権を入れる事を約束してしまいま

  • 子供の住宅ローンを名義変更して親が払うことは出来るか?

    子供が結婚しましたが、離婚することになりました。住宅ローンが、残っています。名義変更をして親が購入することが、可能ですか?お金は、現金一括で支払う予定でいます。アドバイスをお願いします。

  • 夫婦名義のマンションを1人で返済しても、相手にも所有権はある?

    夫婦名義で住宅ローンを組み(7:3)マンションを購入しましたが、すぐに離婚してしまいました。この先もずっと私(夫)一人で返済を続けるつもりですが、ローンの名義は変更できないとのことですので、共有名義のまま私一人で返済をつづけます。 私名義

  • 離婚後にマンション売却するには、名義を旧姓に戻す必要がある?

    離婚の際に夫婦共有名義で持ち分が一緒のマンションを売却して財産分与する予定です。離婚してからマンションを売却する場合、妻側の姓が登記上と異なってしまうの ですが、一旦名義を旧姓に戻してから売却する必要があるのでしょうか?

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

関連する売却体験談

早川さん(仮名・40代)
宮城県

離婚により一戸建てを売却。離婚を相談していた弁護士に紹介された不動産会社に依頼したが、最低価格を設定してすぐに売却してしまった。相場も調べる間もなく売却したのは後悔。

購入価格
2870万円
ローン残債
1300万円
売却価格
1300万円
小山田さん(仮名・20代)
神奈川県三浦市

離婚を機に、購入した中古一戸建てを8ヶ月で売却。家を購入したときにも相談していた不動産会社の知り合いに相談し、4ヶ月で不動産関係者に売却。

購入価格
2420万円
ローン残債
1200万円
売却価格
1200万円

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...