aaa

一戸建て売却を成功させるためのコツ

一戸建ての利用の自由度を上げて売却に成功(男性/40代)

一戸建て売却をするときに私が気を付けていたのは、売却後に少しでも利用しやすい状況にしたままにすることでした。

単純な売却ならば気にすることもありませんが、ペットの飼育やリフォームなどを行う予定がある場合には、あまりそうしたものが好まれない場合もあるため、私は少しでも住む人に自由があるように心がけて売却を進めました。

やはり買い手はつきやすく、こちら側である程度選ぶこともできるほど多くの応募が得られました。多くの場合は売る側がかなり宣伝しないと買い手がついてくれませんが、私の場合はSNSなどの広告も活用したので、コストは最小限に抑えることができました。

最も高く買ってくれる方で、家も大切に使ってくれる方を選んで売却できたのは特に良かったです。住む側の立場に立って考えられることはとても大切で、物件の売却でもサービス業と変わらない部分でもあります。

一戸建てであっても金額こそ変わりますが、商売になることには変わりないので、買ってくれる人の自由を尊重するとより売りやすくなるのは当然でしょう。あまりにも自由度が高すぎるのも考え物ですが、常識の範囲内でやってもらうならば特に問題ないはずです。

親の一戸建てを家具付きで売却(女性/20代)

若いうちから一戸建てを持つことになってしまって、そこに一人で住んでいるのももったいないうえ、管理する自信もなかったので、売却をすることにしました。

親から譲り受けたものとはいえ、どうしようもないものを放置しておくのも忍びなかったので、親にも許可をもらってしっかり使ってくれる人に売却できればよいと考えていました。最終的に良い家族のもとに買ってもらえて、家も喜んでいると思います。

家具などもそのまま残されていたのですが、売却に出すときにひとまずはそのままにしておこうと思いました。私だったら、使える家具があればそのままリサイクルして使っていこうと思うので、その分の価格も交えて少し元の金額よりも高めに設定して売却することもできました。

中にはブランド物の家具もあったようで、想像以上に売却価格は高くできました。要らない家具があれば、その家族が自身で処分することでしょう。家だけを売却するのではなく、その中の家具などについても工夫すればしっかり売却で有利に働くという教訓を得ました。

もちろん、私自身で使いたいものは先に撤収しておいたので、親の形見になりそうなものや思い入れのあるものは手元に置いておけています。一戸建ての売却も工夫して進めていくことが大切です。

支払い方に余裕を持たせて売却に成功(男性/50代)

何度か一戸建ての取引をしたことがあった私は、色々物件の質をよくするのもよいことだとは知っていましたが、最も効果が出るのは支払い方法に余裕を持たせるという方法です。

銀行でやっているような権利を売るのと同じで、支払いが長くかかるようにして買ってくれれば、基本的にその支払いは確実に頼れる資産になります。

私も毎月の支払いの負担を、一般的なアパートに住んでいる人の家賃程度まで抑えて、手数料や金利をその分上乗せしていくような形で売却し、分割払いで支払ってもらうようにしたので、売却されるのも早かったです。

私自身に全額の資金が入ってくるのは先になってしまうようにも思えますが、もし、すぐに現金がほしければ、その債権をそのまま売却すればよいだけなので、意外と支払い方法に余裕を持たせる方法も魅力的です。

家がすぐに売れない理由の多くは、お金が支払えないからですが、分割払いに対応していれば売る側も買う側も十分マッチングすることができます。売却する時にはそのお金の扱いについても工夫するとよいことがあります。

一戸建ての魅力を伝えることが大切

お金の支払いにも余裕を持たせよう

一戸建ての売却はどんな人にとっても難しいものです。とにかくマンションと同じように非常に高くリスクも伴う買い物になるので、売却するときには買い手が支払いやすい方法を選べるようにした方が良いです。

売る側で色々指定してしまうとリスクの配分で考えれば買い手にばかりリスクが増えてしまいます。そうした両者のバランスも考えて売却の仕方も工夫しましょう。分割払いにするときも金利を載せるかどうか考えればそれだけで買い手が離れることも買い手がついてくれることもあります。

あまり欲張らずにしっかり利益が出せるようにすると一戸建て売却も成功させられます。人それぞれで異なる価値観も頼りにすると良いです。

生活まで考えて準備するとよい

一戸建てを売却するときには買った後の生活がしっかりイメージできるようにすると買い手は満足してくれます。家族で暮らす場合には、学校に子供を送り出すイメージや会社まで行くイメージがはっきりできれば購入にも具体的になってくれます。

家具の配置や家の中の雰囲気などもとても大切で、その一戸建てでの生活に明るい展望があることをアピールしましょう。チラシやパンフレットにしっかりとイメージが伝わるような写真を掲載できればそれだけで良いです。

入居してほしいと思うコンセプトに沿ったチラシができればそれだけで買い手にしたい人の絞り込みも多少できます。できるだけ書いての希望にこたえられるように準備しておけば売却で困ることもないでしょう。

家具付きだと喜ばれる場合もある

一戸建てが中古でも新品でも絶対に購入しないといけないような家具が先に用意されていると入居者を確保しやすい場合があります。

意外と机や椅子など、その一戸建てのイメージに合っているものがあればお金をかなり節約できるので買い手も満足してくれます。冷蔵庫や洗濯機の用意は特に必要ないですが、収納スペースやエアコン、ドアのセキュリティなどは事前に備えておくと一気に魅力が増します。

近年は特に一戸建てに対する期待も大きく、生活レベルも高くなっているので、少しでも満足してもらえるような設備を整えましょう。ペットでも飼育できるようにしたり、寝室に防音設備を導入するというのも意外と効果的です。

買い手がついてから導入する家具を選んでもらうオプションにするのもおすすめです。売却するときの工夫の一つとして覚えておくとよいかもしれません。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま