aaa

遺産で相続した土地を売却するためのポイント

手続きを司法書士に協力してもらった(女性/20代)

遺産で受け継いでしまった土地をどうすれば良いか分からずに困っていた時、司法書士を頼ることにしました。相続放棄をするのも忘れており、急なことだったのでかなり遅れての対処になってしまいました。

土地だけ残っていても相続税が掛かってしまうようだったので、かなり焦っていました。

遺産として継いだ土地はあまり開発されていませんでしたが、司法書士のアドバイスで有効活用してから売却を検討すると十分な利益が得られるということで、駐車場や倉庫といった形で生かしてもらいながら、それらを土地ごと売却することにしました。

おかげで、元々の土地の値段よりもかなり高額に売却でき、税金で困るどころか余計に利益も出て満足できる取引になりました。売却する時にも司法書士がしっかり手続きを進めてくれました。

その事務所には税理士も在籍していたので、お金に関する不安もすべて解決してくれました。さらに投資にもある程度の知識がある方々だったので、得た資金をどう運用すると安全なのかも教えてくれました。

そのまま消費してしまうよりは他の土地やマンション購入に使用するのも良いと教えてもらえました。生活にも余裕ができたら色々挑戦してみようと思っています。

土地を改良して価格を上げてから売却(男性/50代)

私が所有することになった土地は、あまり運用されていないものだったので、早めに資産価値を上げて利益を回収してから売却して負担を減らすことにしました。

遺産として受けたものだったので、すぐに売却するわけにもいかず、しばらく駐車場として運営を続けて1000万円ほどの利益を出せたところで、その実績を見越しての売却価格で売ることにしました。

既に1000万円の利益が得られていることをその場で証明できるため、買い手もすぐについて安かった土地が設備込みで1000万円で売却することができました。手元には2000万円が残り、かなり満足の行く取引ができたと思っています。

若い方に売却したというのも関係しているかもしれませんが、実際に利益が出ているという点を考えれば、土地を少しでも価値あるものにできたのは良かったと思っています。

利用もその地域が発展してくるのを見越して駐車場にしたので、ある程度軌道に乗ってからは利益も安定してくるようになりました。月極よりも時間貸しに徹して運用できたのも大きなメリットだったと思います。

買い手を探すときはインターネットも活用して素早く楽に探すことができました。

土地が高騰するのを待ってから売却(女性/30代)

遺産として私が受け継いだのはあまり良いものではありませんでしたが、単純に初めての土地を持ったのでしっかり勉強してからどうするか決めました。

まずは、その地域の土地の発展などもチェックして、少しずつ開発が進んでいる場所だったため、土地の価格が高騰するのを待ってから売却しようと決めました。時間はかかりましたが、色々なところに聞いても魅力的な回答はしてもらえなかったので仕方ありませんでした。

結果的にはその判断が良かったのか、土地の価格が上がってから、こちらに有利な条件で交渉でき、多くの方がどう利用しようと考えているのかを判断してから、私自身で土地にしっかりとした設備を導入して価格をさらに上げてからまとまった資金を得ることができました。

最初に適当に売却していたら大きな損になっていましたが、土地の価値が低かったので税金もあまり掛からず、高騰してからも困ることはありませんでした。

継続収入にもなっていなかったので、一気に売却して利益にできました。アドバイスをくれた不動産屋や協力してくれた方々にはとても感謝しています。

遺産の土地でも売却はできる

価値が下がる前に対処しよう

土地はその活用の可能性や立地によって価値が大きく変化します。遺産でもらったかどうかはあまり考慮されず、その土地が何に使えるのかが重視されます。

特に農地にも住宅地にもできる場合には少しでも固定資産税のかからない土地にした方が良い場合も多いです。買い手の意思によってどんな土地にしたいか変わりますが、売り手側で農地転用や宅地転用をしておくと少し土地の価値も上がります。

運用が難しい土地は、その後も価値はあまり上がるとは思われず、税金ばかり掛かってしまうのでしっかり土地活用して早めに売却してしまいましょう。

土地の種類によっては司法書士を頼るべき

土地を農地や住宅地として利用する場合にはそれぞれしかるべきところに申請して許認可を得る必要があります。

書類の用意や手続きが必要になってくると管理者の負担が増えてしまうので、書類などにミスがないようにすることも考えて行政書士や司法書士、時には弁護士を頼るのもよいでしょう。

不動産鑑定士や宅地建物取引士などの資格を持っている方に相談するのも効果的です。プロに任せていけば基本的に手続きで失敗することはないので土地の状態や希望する運用に合わせて誰を頼ればよいか判断すると良いです。

売却のタイミングには注意

土地の売却はタイミングも非常に大切です。購入時は全く価値がない土地も、数年経つと都市化や住宅を建てるために土地が高く買い取ってもらえるようになることもあります。

遺産で受け継いだ土地も同様、最初の価値と変動する可能性があるので工夫しましょう。土地の価値は駅からの距離やどんな応用ができるかで決まってきます。

農地にするよりは一戸建ても立てられる宅地にした方が良いことも多いです。土地と合わせて一戸建てを建ててしまってから売却すると利益も出しやすいので、投資できる余裕があれば建物も併せて売却することも考えるとよいでしょう。

売却の仕方が分からない場合には、マンションや住宅と同じように土地も業者に売却を任せることができます。業者に一度売却してしまえば最低限の価値で買い取ってもらうこともできます。

土地の価値や時代の流れにも配慮しながらどう売却すると最も利益になるか考えておきましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま