aaa

売るか貸すかどちらが一軒家で利益を出せるか

一軒家を貸しながら売却した(男性/50代)

私は一軒家を売る時に、少しでも利益を出そうと考えていたので、車のリースのように少しずつ売却していく形式を取りました。

貸すだけで終わってしまった場合でも双方に損がないように工夫し、購入する人にとっても続けて支払っていけば引っ越しすることも購入することもできるという自由度の高い取引でした。

結局は貸しながらの売却になり、手数料などで多少の利益が出せました。損はかなり少なかったので、相当良い取引でした。普通に売却して終わりではなく、少し面倒でも貸し続けながら権利を持っている状態ならば、それだけでもリスクは分散することができます。

土地の運用も物件の運用もある場合には、資産価値をしっかりと高めておくと良いでしょう。単純な売却だけでなく、貸すかどうかも視野に入れて計算しておくと、より良い取引をすることができます。

貸している期間は、特別な知識も経験も必要ないですが、売却する時には権利書の関係で難しい手続きもあるので、土地も扱う場合にはプロの司法書士や弁護士にお願いすれば双方にとって安心できる取引になるはずです。

ペットOKにして高めの価格で売却(女性/30代)

元々ペットを飼育していた家だったので、臭いや汚れで気になる部分はありましたが、クリーニングをするとかなりキレイにできたので、ペットもOKな一軒家として宣伝して売却しました。

貸すだけの場合だとペットが一緒に住めないこともありますが、支払い中でもペットと一緒に家の中で生活できるのは、個人的な経験上とても魅力的な生活でした。そのサービスのおかげか買い手が早くに見つかり、価格交渉もこちら側に有利な状況で進められました。

ペットも一緒に住んでいいという点が良かったようで、価格も少し高めに設定していたこともあり、価格を下げても希望金額より大きかったので損失はありませんでした。おかげで、本来の資産価値よりも高い金額で取引をすることができました。

ちょっとした条件を加えるだけでも、かなり大きい利益に出来ることを学びました。ペット以外にも庭での栽培や植林、エクステリアも許可していくと、もっと価格を高くすることができるでしょう。

リフォームOKで貸し出して価値を上げた(男性/40代)

一軒家が少し老朽化していたこともあって、最初は貸し出しをして家を運営していくことにしました。

住んでいる人自身でリフォームをしても良いという条件にしたので、私自身で余計にお金を支払わなくてもキッチンや電気面でグレードアップをすることができました。

住んでいた人にやってもらい、その分価値が上がったところで売却するという方法を取ったため、コストがほとんど掛からず効率的な改善もできました。最低限の条件として原状回復を契約書に書いておいたので、キッチンも変更されていましたが、元に戻すのはさらにコストが掛かるということで、そのままにしてくれました。

もちろん家具やトイレなど、元に戻せて次の家でも使えるものは入居者に持ち出してもらって、少しでも良い状態にしてもらえました。ある程度住む人にとって使い勝手の良い環境にできたので、個人的には分からない部分も充実しているようでした。

売却する時には価格もアップすることができ、利益も満足に出せました。貸し出しできるというのが魅力的に感じる人もいるので、しっかりマッチングを考えて売り出していけば十分な利益に出来るでしょう。

貸しても売っても利益にはなる

少しでも物件に合った取引をしよう

一軒家を所有している場合、その家を売っても大きな利益に出来ますが、貸し出したほうがより大きな利益に出来ることもあります。もちろん貸し出す期間や賃料によっても変動しますので、事前に計画を立てることが大切です。

毎月どのくらいの金額で貸し出せるかによって決まるので。物件の魅力や価値も査定してもらってから判断すると良いです。

毎月5万円支払ってもらえる物件ならば、マンションやアパート同様かなり気軽に入居してくれる人も出てくるので、貸し出しにした方が日常的な利益は確保できます。

これをもし2000万円で売った場合には5万円の家賃を支払って住んでくれる期間が33年を超えてくると貸し出しの方が利益が出ることになります。

貸し方も気を付けると高くできる

貸し出す時には物件の価値を少しでも高めて、出来るだけ適正な価格でありながらも高いお金を支払ってもらう必要があります。駐車場や庭があれば、価格が上がっても入居者がつきやすいですが、理由なく高くしても入居してもらえないので注意が必要です。

賃料に合わせて、車庫や土地の費用を合わせて別途請求できるならば、交渉の時に少し価格を上げることもできます。もちろん高くしすぎると買い手がついてくれないので意味はありません。

貸しても売っても利益にはなりますが、売る側のその後のプランによって、どちらを選んだらよいかも変わってきます。

売る場合には支払い方法も考慮しよう

貸し出すよりは管理の手間が省ける売却の方がメリットを感じる方も多いです。その場合、価格もかなりまとまった価格になる上、買い手はローンを組んでの支払いになることがほとんどです。売る方はしっかりと資金を回収できるようにリスクを最小限にしておきましょう。

個人再生の手段を取られてしまうとお金を回収するのが非常に大変になるので、余裕をもって業者に買い取ってもらってから売却する方が良い場合もあります。業者ならばまとまったお金も用意してくれるでしょう。

支払いが遅れる可能性を減らしたいなら、業者に少しでも高く売れれば一番安全です。業者側は買い取った価格よりも高く売るか、他の方法で利益を出しますが、売却側にはデメリットはないのでよく検討してみてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま