aaa

住み替えの時期に運営しているマンションを売却するメリット

住み替えの提案でマンション売却に成功(女性/30代)

所有していたマンションを売却して、私自身が良い場所に移り住みたかったため、少しずつ時間をかけてマンションの生活スタイルを変えていくことにしました。

マンション経営をしていたのが私自身だったので、時間を用意して、入居者に対して遠回しに住み替えが魅力的だという意識を付けてもらいました。

私自身で話をするわけではなく、入居者にデメリットのないプランを持っている業者と組んで、少しずつ一組ずつ何年かに分けてマンションから引っ越しをしていき、安全に暮らせる場所や一戸建てに移り住んでいけるように話してもらいました。

その引越しの後は分譲マンションとして大々的ではないやり方でマンションを高く売却していけるようにしました。責任も分散して、管理人もつけられたので私自身のやることはなくなり、最終的に落ち着いた形でマンションの権利を売却しました。

理想としていた海も見えるマンションに移り住むこともでき、そこでも家賃収入が得られるようになったので、住み替えを利用して自身の住み替えも成功させました。

数年かかりましたが、リスクもなく数グレードも上がった生活でとても満足できています。マンションのような資産は扱い方を考えればしっかりと利益を出すことが出来ます。

年齢を絞っての宣伝に効果があった(男性/40代)

私がその時住んでいた場所から引っ越しをしようと思ったのは、家族が増えるからでした。マンションに住んでいた時にも子供はいましたが、さらに双子が生まれることになり、もっとのんびりと子育てできる環境を用意しようと決意しました。

親の介護やサポートも合わせて行うことになったので、私たちと同じように子育てをしている世代を考慮して購入者を探したら、すぐに買い手が見つかりました。

引っ越しまで時間がありませんでしたが、妻にストレスが掛からない間に引っ越しできて、すぐに環境にも慣れてくれました。最終的に十分な価格で売却でき、引っ越しに掛かる費用も余りがあるくらいでした。

子育てできる部屋はその地域では少なかったようで、工夫した家選びが出来ていて良かったと思いました。売却した後にも部屋のことで問題が起こることはなく、むしろ子供が使っていたということで安心感もあるようでした。

その家庭にとってはアパートからの引っ越しだったようで、マンションでは景色も設備も十分だったようです。生活の差も影響して私たちには有利な取引にできました。

住み替えのタイミングを考慮して売却(女性/30代)

元々マンションから一戸建てに移り住むと思っていたので、最初から住み替えのことを考えてマンション購入をしました。そのため私たち家族の場合は住み替えに十分な時間があり、お金も引っ越し先もじっくり決められました。

どんな方に買ってもらえれば気持ちの良い取引にできるかも考えて、部屋も傷がつかないように工夫して利用していました。購入する時に床暖房の設備も選べるようになっていたので、オプションはできるだけ付けていたのも住み替えに有利に働きました。

夫婦で働きながら安定したところで仕事の転勤の可能性も出てきて、新しい職場での活躍をするタイミングですぐに住み替えを決められました。

住み替えに合わせて一戸建てに移ることにしていたため、子どもを産むかどうかもその時に決められました。心置きなく遊ばせてあげられる環境も必要だと考えていたので、私にとって何もかもが理想通りの生活でした。

住み替えを急に行うのではなく、計画的にできたのは特に良かったと思います。

住み替えでのマンション購入を考慮しよう

ステップアップしやすいような工夫が大切

住み替えはマンションや一戸建てを手に入れるための一つの方法です。そのマンションを高く売れれば同じ価値かそれ以上の部屋に引越しできます。

もちろん毎月支払うお金はなく、売却できた部屋の価値に合わせて生活も変えられるので、生活グレードも高くできます。個人の利益にならないスタイルですが、毎月お金を支払わなくても良い部屋を手に入れられれば充実した生活もできます。

時には住み替えでマンションから一戸建てに引っ越しもできるので、自由な生活を楽しめるでしょう。

支払いにも余裕が必要

マンションを売却する時は買い手選びも注意が必要です。生活レベルの異なる方に売却する時の多くがローンでの支払いを検討します。

そのため金利の心配や手数料まで意識しますが、分割払いだけにして、元の売却価格を高めにした方が高く売れることもあります。金利を付ける場合には買い手側で銀行を頼って資金を用意することが多いので、売却する側にはデメリットはありません。

しかし、リスクの大きな取引になる場合には買い手も付きにくいので、支払いに余裕を持たせると売り手に有利な取引ができます。分割払いで2000万円で売るか、金利を付けて支払うことを前提に1800万円で売るか、どちらの方が買い手が付きやすいかをじっくり検討してみると良いです。

ターゲットを絞るとうまくいきやすい

マンションの住み替えをするターゲット層を考えると売却もうまくいきます。子育てを終えた方や、子育てでちょうど子供の学年が上がる場合に住み替えをすることも多く、部屋の数で選ばれることが多いです。

住み替えに慣れている場合は、お金の支払いもスムーズで買い手も売り手も安全に取引ができます。ターゲットをある程度絞って売却するとチラシに掛かる費用も減らせて、より効率的な売却ができます。

買い手が付きにくければ、業者に任せるのも一つの方法です。住み替えを上手に活用して、少しずつ価値の高い物件にできれば資産を増やすことが可能です。

マンションも工夫して運用すると、住み替えの仕組みも生かすことができて高く売却できます。業者に任せるなら引越しのタイミングも気を付けて、費用もよく考えておきましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま