aaa

一戸建ての家を売却するタイミングと時期

一戸建てを売却する時期を考えてうまくいった(男性/40代)

引っ越すことになってから一戸建てを売却することになりました。何も情報はなかったので、まずは不動産屋に聞いてみると感覚は分かり、自分の所有物として売却ができるということでした。

残債があっても売却できるということで、この機会にやってみることにしました。すぐには売却できなかったので、生活しなければいけない子供と妻が先に引っ越して、私は売却できてから合流することになりました。

一戸建てを購入しようと考える人が多い時期を調べて、一気に宣伝をかけるとすぐに買い手が見つかりました。少し離れた地域に住んでいた方でしたが、マンションからの住み替えを希望しているようでした。

子供もいるということで生活スタイルも近く、話はすぐにまとまりました。宣伝のタイミングを間違えると宣伝費用ばかりが掛かってしまうと分かっていたので、先に相談をしておいて良かったと思います。

価格も相手の用意できるお金に合わせて決められたので、余裕のある取引にできました。庭も小さいながらもあり、駐車場もついていたので特にピッタリでした。

車の大きさが変わらなかったのは特に良かったポイントです。マッチングも細かいところまで考えられたのは、やはり余裕をもって取引をしていたからでしょう。

宣伝地域を広げて売却に成功(女性/30代)

所有していた一戸建ての売却を両親に頼まれたのがキッカケでした。親も引っ越しを検討し、私自身も結婚して引っ越すことになっていて、その売却を私が任されてしまい、よく分からないまま売却をするために宣伝を始めました。

売り出すと意外とすぐに連絡が入りましたが、どれも具体的なものではなく、あくまで見学という感覚でいるようでした。そこで宣伝する地域を少し広げてみると、もっとハッキリした結果が得られるようになりました。

隣町や大きな駅のある場所にまで宣伝を広げるとちょうど住み替えを考えていた家族が見つかりました。既に私たち親子が住んで傷も残っていた家だったのですが、家族で住み移るということで気軽に引越しも生活もできるとのことでした。

私たちにとっても安心して売却できるのは期待通りだったので、そのまま契約に至りました。宣伝地域を広げたのが結果的に良い判断でした。支払いはまだ続いていますが、希望通りの金額で売却できたのでお金で困ることもありません。

引っ越し以外にも結婚後の生活や家具の購入、親も引っ越しとその後の旅行にもお金を使えて満足しているようでした。

税金高騰後に価格表示を工夫して成功(男性/50代)

私が家を売却したのは最近で、税金が上がってからだったので少し苦労しました。特に大きな買い物になる上、長く利用するものなのでちょっとした税金の支払いでも気を付ける必要がありました。

既に何十年も住んだ家でしたが、傷や汚れはあまり目立たなかった上、状態はかなり良いと不動産屋にも言ってもらえたので、少しでも高く売れるように工夫しました。

まずは金銭表示を工夫し、私が支払う税金分や手数料も含めた金額で設定し、不動産の価値と合わせて表示することにしました。

不動産としての価値や税金のことは話さずに、総額だけで話をしていたので相手にとっても面倒なことはなかったようです。購入してくれたのは、家をカフェのように利用しながら生活したいという人で、少し高くなっていた金額でもしっかり支払ってくれることになりました。

自分たちが生活して、子どもが育った場所がまたカフェとして戻ってこられる場所になるのも面白いと思い、その方に売却しました。一般的には売却してしまえば家を見に帰ることはできませんが、カフェ併設にするのであれば気になった時にいつでも見に行けます。

私はまだ見ていませんが、子どもたちはカフェに行ってみて思い出に浸って楽しんでいるようでした。工夫した売却ができたおかげで良い結果が出せました。

一戸建ては売れる時期がある

地域ごとの生活スタイルもチェック

一戸建ては売却しやすい時期やタイミングがあります。特に春から夏にかけては税金の支払いや出費が増える時期なのであまり売れませんが、秋頃は生活なども落ち着いて引越しを検討する余裕も出てきます。

学生の一人暮らしや就職などの影響で、春になる前の2月や3月ごろから売却の話や相談が増えることも多いです。こうしたタイミングも理解して宣伝できれば効率的に宣伝を打つことができます。

一戸建てに関しては特にそれぞれの地域の事情によっても売れるタイミングはまちまちですが、地域の業者に相談していけば、その時期も分かってきます。

それぞれの家庭の事情によっては売却時期も異なるので常に情報をチェックできる環境を整えて、宣伝を強化する時期を検討しておくと良いです。

地域を広げて宣伝すると効果的

一戸建てが売れない場合は宣伝地域を少し広げると効果が上がります。他の地域から引っ越したいと思っている方は意外と多く、同じ県内の引越しよりメリットが大きいものです。

転勤や生活を一新したい人には、こうした地域外の家もとても魅力的になります。物価や土地の価値、事情も含めて売り手にとっては有利な取引ができます。

妥当な価格で売却できるようになるので、地域内で売却が進まない場合には宣伝地域を一気に拡大して、少しでも多くの人に見てもらいましょう。時には遠く離れたところから見つけてくれる人もいるので、全国からチェックできる環境を整えると良いです。

全国規模での宣伝でも効果がある

業者での売却をしていくと、その一戸建ては全国規模で宣伝できるようになります。ただし、興味のある方に知らせるだけになるので積極性はないですが、情報共有のメリットは非常に大きいです。

近年はSNSなども活用していけば一戸建て売却も少し売りやすくなります。とにかく多くの方の目に触れれば、それだけ買ってくれる人も見つかりやすくなるので、情報拡散のことはよく考えておきましょう。

インターネットを活用しないと全国規模での宣伝や広告は難しいので、リアルな関係を把握できるSNSを活用するのはオススメです。時には身近な友人や知人から口コミで買い手が見つかることもあるので、色々なところで通知しておくと良いです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま