aaa

賃貸マンションを売却して利益を出すためのポイント

賃貸マンションの駐車場を確保して売却に成功(男性/50代)

賃貸マンションは主に家賃収入を得るのが目的で運営されますが、一度収入が安定してしまうとそれ以上にあげるのは難しいのが現実です。

私の場合は、賃貸マンションを少しでも良い状態の物件に変えて他の方に売却することでより早く効率的に資産を増やしていました。賃貸マンションの多くは駐車場も備えていますが、地方のマンションには駐車場が不足していることもあります。

マンションの住人全員分の駐車場がそろっていないところも多くあり、少なからず不便に感じている方もいます。私がマンションを少しでも高い値段で売るために用意したのがこうした駐車場とそのセキュリティでした。

植え込みや余計な広さを取っている駐車スペースがあれば一気に撤去して変更し、車の大きさに合わせた駐車場に切り替えてしまうことで、それまでは他の駐車場を利用していた方もマンションに車が置けるようになります。

これだけでも満足度は非常に大きくなるので、マンションの価格も上げやすくなります。競争率が高まればそれだけ家賃収入を上げやすくできるので、引っ越しなどがあった際には多少お部屋の家賃を上げることもできます。

また、駐車場利用代金としてお金を少し上乗せできるのもメリットでしょう。

セキュリティを高めて女性向けのマンションにした(女性/40代)

賃貸マンションはあまり一人暮らしには利用されないですが、最近は独身で暮らす人も多くなっており、ある程度特徴を持ったマンションにしても入居者は十分確保できます。

私の場合は、女性またはシングルマザー、夫婦2人だけしか入居できないようなマンションにして制限を付けたので主に女性にとって安心できる環境になっているマンションにできました。

防音、防寒対策も充実させ、ゴミ捨ての簡単さやキッチンの利用のしやすさも重視してお部屋を用意しました。セキュリティも常に管理人がいるようにして、安心感を強めました。

女性向けといっても結婚して子供までできてしまったら追い出すというものではなく、入居時点でのことだったので入居してから家族が増えても全く問題はないと全員に伝わっていたので、何組かは子供もいる一般的な家庭で子育てしながら頑張る家族を応援することもできました。

駐車場も必要でしたが、意外と駐輪場や原付を停めて置くスペースはかなり求められたので、少し広めに用意することになりました。それでも、女性向けで入居者もあまり離れなかったので売却する時にも十分な価格で取引できました。

入居者を増やしてすぐに転売した賃貸マンション(男性/20代)

不動産取引を学ぶためにお金を貯めてマンションを購入しましたが、入居者が十分ではなかったのでそこまで家賃収入は得られませんでした。

少し無理をして宣伝を広めて入居者を増やしましたが、その段階でそのとき所有していたマンションよりもさらに魅力的な物件を見つけて、しかも価格も十分手が出せる金額だったので、すぐ止めておいてもらいました。

入居者が増えて資産としての価値が高まっていたこともあって、マンションは購入時よりも少し高い金額で売却できました。そこには入居者を集めるのにかかった費用なども加えることができたので、損失分も補填できました。

新しく購入した賃貸マンションは、一つ前のものよりも家賃収入が1.5倍ほど高かったので、収入も大幅にアップさせられました。入居者を増やすのにちょうどよい宣伝や素早い取引で有利に話を進めるという経験もできて非常に良い勉強になりました。

家賃収入もしっかり手に入り、もう少ししたらさらに大きなマンションを購入することもできそうです。

賃貸マンションも設備が多いとお得

セキュリティへの意識は高い

賃貸マンションは、購入するよりも気軽に住めるというメリットがあり、転勤や引っ越しの可能性も考えている方や若い働き盛りの方が利用することが多いです。

収入が大きい方も多いのである程度利益も確保しやすいですが、その分良い設備やロケーションが求められます。害虫対策などもかなり重視されてくるので、賃貸マンションを売却していく場合は設備で勝負すると良いです。

もちろん価格と設備は、その地域の相場と照らし合わせて検討していく必要がありますが、リサーチさえできていれば入居者集めも購入者集めも難しくはありません。

賃貸マンションでも駐車場や駐輪場は近年は当たり前のように求められるので、敷地面積は少し余裕があったほうが良いです。

駐車場はかなり重要なポイント

賃貸マンションに住む人々はマンションや家を購入することはあまり考えていない場合が多く、生活面の充実をとくに大切にしていることが多いです。

中でも駐車場は仕事でもプライベートでも使う車両を置く場所としてかなり重視されることがあります。セキュリティだけでなく、停めやすい広さや事故の起こりにくい工夫をしておかないと満足度は落ちてしまいます。

また車を入れる時の方角も大切で帰宅しやすい位置に車の入り口を付けないとあまり意味はありません。大通りに出るだけで時間がかかってしまうようではあまり魅力的とは言えないので少し注意しておくと良いです。

駐輪場は二輪バイク求められるように広めに場所を取っておくと良いでしょう。

価値を高めて売却してもよい

賃貸マンションでは入居者さえいれば家賃収入をそこから得ることができます。家賃収入も含めてマンションを売却しようと思えばその売却価格は1億円を超えるような場合も出てきます。

少しでも価値を高めたければできるだけ設備を整えておき、ロケーションの良いマンションを最初に選べるようにしましょう。家賃を上げることも、マンションそのものの売却価格を上げることもできるので、最初の投資はとても大切です。

資産価値は次第に上がる場合が多いため、しっかり運用していってください。価値を一気に高めたければ駐車場やセキュリティの充実が一番早いです。

それぞれのお部屋にも設置しやすいエアコンや二重カギだけではあまり価値が上がらないので、売却前にもしっかりメンテナンスや投資をしておくと良いです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま