aaa

評判の悪い一戸建てを効果的に売却するためのコツ

長く使ってくれる人に絞って売却に成功(女性/40代)

所有していた一戸建てが必要なくなってしまって売却することになりましたが、その地域では比較的新しい物件が増えていたため、古い外観が残っていた私の一戸建てはあまり良い評判ではありませんでした。

誰でもきれいで新しい建物の方が地震の時にも安心でき、長く利用するには修繕の必要も少ないので負担が少なくて済むでしょう。しかし、新しく家を建て直すこともできないので、古い家でもしっかり使ってくれる人だけにターゲットを絞って売却をすることにしました。

見た目の古さは仕方ないにしても、最低限の補修はしておき子どもがいても、ペットがいても使用できるような物件として売りに出すことにしました。ビジネス利用もある程度OKにしたため、かなり人目につくようになり、売却予定先もいくつか決まっていきました。

最終的には家族で利用するという方に購入してもらえて、アパートからの生活のアップグレードを果たしてもらったようです。

傷も目立っていましたが、子育てをしているとそういった傷も非常に多くなってしまうので、すでに傷があればあまり心配しなくて済んで助かるということでした。

傷などがある分は物件が安くなっており、他の家に比べると割安だったのでマッチングさえしっかりできれば売却も不可能ではないです。

古さや歴史を感じる作りにして売却に成功(男性/20代)

私は最初の投資であまりお金はありませんでしたが、一戸建てを一つ所有していました。

半ば譲り受けるようにして受け取った物件だったのですが、外観もかなりボロボロだったのでかなりきれいに修繕しないと売却してもあまり価値が上がらないことは見ただけでもわかるほどでした。

そこで家の古さとその古さからくる雰囲気は残したまま、外観の草木や内部の汚れや隙間風、古い家具などを完全に改装して今風の家にしてから売却することにしました。改装には私自身も大学時代に培った技術と資格を用いて手を加え、費用は最小限に抑えました。

平屋一戸建てだったので、改装はそこまで大変ではありませんでしたが、約半年ほどかけて用意しての売却になりました。最初に査定した金額に比べると改装後は人によってはしっかり購入してくれるくらいにできたので、宣伝を広く行って買い手を見つけました。

ナチュラルな雰囲気を感じられるのが好きだという若い家族が適任だと思い、そちらに売却することにしました。価値観や感覚は何より大切だったので、価格よりはしっかり買い取ってくれる人を選べてよかったと思っています。

ペットも飼える一戸建てにして売却した(女性/50代)

売却を繰り返す可能性がある場合には、あまりペットの飼育を認められないのですが、私の所有していた一戸建てでは床板などをかなり工夫して、ペットが一緒でも問題なく汚れや傷もすぐに修繕できるような床と壁にしたのでペット飼育できる物件として売り出せました。

立地からなかなか買い手がつかないと思っていましたが、庭が比較的広く、おおきな犬を飼育している家族のもとに買い取ってもらいました。大型犬も一緒に住める家はあまりなかったようで、最適なマッチングでした。

買い手から事前に床のことについて聞いていたので、マットレスを敷いておくなどの対処もできました。結果的に、庭もその犬が暮らしやすいように少しいじってからの売却になりました。

その分の工事費用をこちらで請求してよいということだったので、合わせて売却時にまとめて請求しました。支払いは分割ですが、しっかり支払いされていて心配することもありません。

古さや傷があるほうが安心して気軽に生活できるという人も多いようなので、それぞれの事情を考えたマッチングをするとよいでしょう。

評判を気にすると狭い地域でも売却できる

歴史を感じる作りも魅力の一つ

一戸建ての魅力は新築であることだけではなく、家のデザインや選べるライフスタイルも大きな魅力です。その家で過ごして得られそうな思い出や、すでに形成されている家の雰囲気、歴史的な雰囲気も感じられるような家でも売却は十分可能です。

長い間空き家になってしまっていると、あまり良いうわさが立たないので地域の評判のせいで売却が難しくなることもあります。

しっかり手入れがされていないことは買い手には一目でばれてしまうので、売却をするならばその家のコンセプトも決めて、お手入れをすることも大切です。

評判が悪い場合には、少しでもその評価が良くできるように掃除なども力を入れてみるとよいでしょう。

ライフスタイルの提案も大切

その地域のライフスタイルは大体決まっていることが多く、小学校の周辺では子育てをしながら暮らしている人も多いものです。しかし、大学や駅の近くでは単身で暮らしている場合も多く、それぞれのプライバシー守られるように工夫しているとよいものです。

一戸建ての場合もライフスタイルを提案できれば購入してもらえる可能性が高まります。特に家にいる時間の長い女性が魅力的に感じるような提案ができれば売却の可能性もぐんと上がります。

明るいキッチンや家庭菜園もしやすいなど、わかりやすいコンセプトでもよいので、最低でも1つは設けておきましょう。男性ならばバイクのメンテナンスや車のメンテナンスがしやすいといったメリットのほか、趣味に費やせる場所が確保できるというのも魅力的です。

ペットも同居できれば買い手は付きやすい

不動産取引に利用される物件の多くはペットの飼育ができないものが多くありましたが、近年はアパートやマンションでもペット飼育が許可されている場合があります。

敷金が必ずかかるという前提でそういった部屋に住んでいる人も多いですが、一戸建てでも同じように購入者が自由にペットを飼育できるようにすると売却も早くできます。

ペットを飼育するだけの庭のスペースと余裕があれば理想的ですが、ない場合には、少しでも投資をして場所を確保するとよいです。

部屋の内部に関しても犬や猫が一緒に住んでも汚れや傷がつきにくくなるように工夫すると購入したいと思う人も増えていきます。こうした時代の流れにも対応している一戸建てならば売却もうまくいくはずです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま