aaa

マンション売却の一般的相場とその利益

一般的なマンションの相場を把握して売却した(女性/50代)

マンション売却をするときに考えたのはやはり相場でした。どのくらいの金額になるのかはっきりしていなければ、業者よりも出遅れてしまってしっかり売却できないと思いました。

駅に近いほど、間取りが広いマンションほど価格は高くできるようで、だいたい1500万円から2000万円程度が一般的な相場のようでした。1LDKもあればそこそこの金額で売却することもできるのですが、駐車場やマンションの設備も考慮して価格は多少増減することもあるようでした。

私の所有していたマンションはどこにでもあるような一般的なものだったので、そこまで高くはならないと思いましたが、景色が良いという利点や駐輪場も駐車場もあるという利点から少し高めの設定にしても売却できそうでした。

最低限の相場を把握していたので、買い手がその相場で交渉してくる場合には一切応じず物件をよく見てその価値を判断できる人に売却しました。

相場を知っているのはやはりその業界でもかなり詳しい人なので、インターネットの情報も参考にしながら気を付けて売却しておくとよいでしょう。少なくとも安く買いたたかれるようなことにはならないようにした方が良いです。

相場を無視した売却でもなんとか成功(男性/30代)

不動産には相場というものはあまり関係なく、その物件の立地やロケーション、購入する人の運用次第で価値が変化します。建物そのものに関しての価格も関係するのでマンション売却でも例外ではありません。

セキュリティや安全性が周辺のマンションより優れていれば当然価格は高くできますが、不動産屋ではあまりそういった点を考慮しません。マンション売却を地域の業者に頼るとあまり良い結果にならないこともあるので、正当な価格を考えてくれる業者を選ぶようにしましょう。

近年はインターネット上でも売却を検討できるので、じっくり自身にとって有利な取引ができる相手を選ぶのが一番です。私の場合は、投資した金額よりも低い金額での売却は絶対にしないと決めていたので、しっかりと立場を伝えて取引ができました。

かなり良い物件で私が運用している時点でも利益は出ていたので自信をもって価格を一定に保ちました。しばらくするとその価値が理解できる人が現れて、その金額で取引に応じてくれました。

売却する時には仲介利益を得ようとする買い手に注意して、しっかり適切な人に運用してもらえるように妥協しないようにしましょう。

マンションをペットOKにして価格を上げた(女性/40代)

私がマンションの価格を上げるために取った対策は防音設備と消臭壁紙の設置でした。子育てしながらでもペットを飼いながらでもマンションで生活できるように設備を整えていたので、当然その分マンションの価値が上がっていました。

何より重視したのはそこから得られていた家賃収入です。ペットOKの物件だったので少し家賃も高く設定でき、その地域の中ではかなりグレードの高いマンションとしての認識も強かったようです。

世間一般では物件の価値が下がってしまうようなペットの承認も、しっかりと価値観の一致する人にしてみれば全く問題ないもので、状態を見て判断してくれればそれだけで金額も納得してもらえます。

私の所有していたマンションでも、ペットがいるにしては非常にきれいなお部屋が多くあり、傷もそこまで多いわけではありませんでした。壁紙も床も簡単に交換できる仕組みにしていたので、傷があってもすぐに原状回復できました。

価格を上げての売却は成功し、希望通りの利益が得られました。ペットだけでなく、子どもがいる場合でも防音はとても大切なので、お金がかかってもしっかり設備として導入しておくとよいでしょう。

家賃収入を狙う場合も十分効果が期待できるので満足度アップのためにも利用しておいて損はないはずです。

相場を見切ってマンション売却

マンションの将来性を売り込むべき

マンションの価格は、そのマンションがたてられている地域によって多少価格が変動します。駅に近ければ価格は高くなりますが、地方の場合は駅から一番近い物件でも1400万円程度にしかならないこともあるので、相場を調べるのはとても重要です。

その時その瞬間の相場だけでなく、将来的にどの程度の価値が見込めるかも意識して価格を決められればそれが一番です。

郊外でもマンションの間取りが3LDKもあるような場合には駅前にあるマンションと変わらないくらいの価格になる場合があるので、ロケーションだけでなく、総合的に判断して価格を決定したほうが良いです。

成長が期待できるかどうかは大切

マンションの性質や分譲マンションか賃貸マンションなのかによって価格はまた変化します。

単純に部屋を一つ売りたい場合は設備を充実させておけば売却でき、分譲マンションでも長く生活しやすく、長い間そのマンションが地域のランドマークとして機能するようならば人気が落ちることもないでしょう。

将来的にマンションの評価や価値がどう変化するのかについても少しでも把握して買い手に提案できれば売却でも有利に取引できます。相場は立地と周辺環境、マンションの間取りで変化するため、それぞれの地域で不動産情報をチェックして見積もるようにしましょう。

あまり高く設定しすぎるのはよくないですが、低すぎても売れなくなってしまいます。

相場だけに左右されないほうが良い

マンションのブランド化ができている場合には、相場はあまり関係なくなります。

多少高く感じる価格でもその価格の高さがブランドそのものになっていると考えられる場合もあるので、上質な設備やきれいなエントランス、高いセキュリティなどを備えておくと買い手は十分ついてくれます。

相場からどの程度の設備が一般的なのかを把握して、もっとも価値を高められる設備を見つけてみるのもよいでしょう。地域のランドマークにできれば買い手は自然についてきて、価格も高くできます。

マンション売却では相場も大切ですが、そのマンションの魅力の伝え方は一つではないので、いろいろ工夫してアピールしましょう。

相場より少し価格を高くする場合には、その価格の理由さえしっかりしていれば世間でも受け入れられます。地方のマンションでも人口が密集する地域であればそこまで問題にはならないのでよく比較検討してください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま