aaa

一般的な一軒家売却の難しさと攻略方法

一軒家も買い手をしっかり探して売却できた(男性/30代)

私が所有していたのは、どこにでもあるような一般的な一軒家でした。特に目立った特徴もなかったので、売却する時にも価格は上がりにくいと思っていましたが、場合によっては売れないこともあるようで少し焦っていました。

しかし、買い手がつけば売れないことはないと思い、マッチングがうまくいくように家の宣伝の仕方や宣伝範囲をとにかく広くしていきました。

県内だけではなく、同じ地方にまとめて宣伝したので費用は掛かってしまいましたが、良い価格で買ってくれる方が見つかりました。私が少しでも高く売るためにした工夫は、家の価格の表示に少し幅を持たせて宣伝したという点です。

はっきり2000万円ではなく、1500万円から2000万円というように幅を持たせた表現をしたので、どのくらいの金額ならば出せるかをある程度チェックすることもできました。

一軒家の買い手探しは時間もかなりかかりましたが、決して売れないことはなく最終的には希望に近い金額で売却できました。あまり目立った特徴がなくても引っ越しや転勤などを控えている方にとっては家の見た目や内装はあまり関係ないのかもしれません。

特徴がなかった一軒家の売却に成功(女性/40代)

私が持っていたのは、一つの地区にまとめて同じような一戸建てをまとめて建築したような感じの家でした。周辺には同じような家がいくつも並んでいるような状態で、地区としては整然としていますが、個性には欠ける家でした。

私が引越しをしなければいけなかった時にその家の売却を決意し、業者や不動産屋などにも問い合わせながら買い手を探していきました。買った時の金額とは言わなくても、できるだけそれに近づけられるようにしてほしいと伝えていました。

私自身でも家の様子を理解してもらえるように写真を早めに用意して、内部の状況が分かるようにしました。引っ越しを先に済ませてしまって、きれいな状態で見学もできるようにしていました。

そう言った工夫のおかげか、何件も見学に入ってくれた方がおり、そのうちの1組と契約が進められるというお話がもらえました。特徴はありませんでしたが、実際に見学してみてもらえたのは大きかったように思います。

買ってくれたのは、夫婦2人の方で、まだ若くこれから子供も育てていくということでした。そう言った方にとっては、あまり個性的すぎる家よりは無難に生活できる家の方が良いのでしょう。

家族向けに絞って一軒家を売却(男性/30代)

私が住んでいた一軒家を売却する時、ずっと家族で利用してきた家だったのでおそらく家族向けに売却すれば成功するだろうと考えていました。

部屋数や部屋の大きさ、キッチンやダイニングの間取りも家族、親子4人くらいで暮らすのにちょうどよい広さだったので、宣伝するときは家族向けだというイメージを強くしていきました。

デザインや雰囲気にはあまり特徴はない家でしたが、かなりきれいな状態の家だったので価格が下がることはありませんでした。築年数も20年くらいは経ってしまうようでしたが、それでも価格が変わらずに済むのは、特徴がない分設備や外壁の材料にお金がかけられたからだと思います。

デザインばかり重視しても機能性が落ちてしまうので、私の家では機能を重視していたとのことでした。防寒・防音もしっかりできているようで子育てにはぴったりの環境でした。売却まではすぐに決まっていき、今はその支払いを受け取り続けている状態です。

だいたい10年に分けての分割払いで、多少手数料をかけて請求できました。一般的な家の購入に比べたら安い金額だったので、買った相手も不満もなく生活も安定しているようです。

一軒家の売却は宣伝が大切

買い手を見つける工夫が必要

一軒家はしっかりとマッチングされれば買い手も比較的すぐに見つけられますが、そのためには十分な宣伝や一軒家の情報拡散が大切です。一般的な一軒家でもマンションやアパートに比べれば生活の自由度は非常に高まるので、売却できないことはあまりありません。

子供の人数が多い方や、これから家族が増えるという方にとっては特に魅力的な物件なので、買い手がその一軒家を見つけられるように不動産業者も頼りつつ、自身でもSNSなどを活用して告知できれば効果も上がるはずです。

マンションに比べると一軒家は目立ちにくいので宣伝はしっかり手間をかけていくと良いです。

ターゲットを絞った戦略を立てよう

一軒家の売却も一般的な商品の売却と同じで買い手の年齢層や家族構成を考えるとよく売れる場合があります。2階建てで、部屋が4つあるような場合には家族で生活するのにぴったりで、高校生や中学生の子供がいる家庭に売却することもできるでしょう。

高齢者向けにしたければ階段の手すりがしっかりついている物件や平屋建て物件、バリアフリーに配慮されている物件にすると効果が出るため、設備に変更を加える必要もあるかもしれません。

一軒家がある地域でどんな人に買ってもらいやすそうかを考えて、ターゲットを絞り込んでいけば、売却も早く終わらせられるはずです。そのための事前にリサーチはとても重要なのでしっかり戦略的に売却していってください。

特徴はなくても売却はできる

一軒家はあまりにもボロボロになっていない限りはデザインはそこまで重視しなくても売却できます。個人で売却できなくても業者を頼れば確実に売却できるので、どんな業者を頼るかについてもリサーチをしておくと良いです。

不動産業者に頼ってしまうのも良いですが、地域の業者の場合は少し価格が下がってしまうこともあるので注意が必要です。どこにでもあるような一軒家だと買い手は付きやすいですが、価格は上げにくいので少しでも特徴を付けられた方が魅力はあります。

バリアフリーや駐車場、ドアのセキュリティなど比較的お金をかけなくてもできる工夫をしていくと売却価格も改善することができます。なかなか売れない場合は、早めに切り上げて業者に買ってもらった方がしっかりと資金を得ることができます。

個人取引よりも確実にお金を得られるので、業者と取引する可能性も視野に入れて行動していくと良いです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま