aaa

一軒家の売却相場と少しでも高く売る方法

一軒家の売却相場を把握して無難に取引に成功(女性/20代)

一戸建ての相場はだいたい1600万円から2000万円というのは有名ですが、少しでも高く売ろうとしてなかなか売れなくなってしまう例は意外と多いものです。

私自身もそうなりそうでしたが、あえて相場を意識して取引することで、早めに買い手を見つけることもできました。何よりラッキーだったのは買い手が大人数集まったことでした。

少しでも私の売りたい金額を出せる方を見つけるのに時間が使えて無難に魅力的な価格での取引ができました。相場よりも低くなるようだと残念ですが、個人での売買ならば多少価格が上がっても中身のしっかりしているものならば問題はないものです。

不動産屋に売却する場合は、利益分を見込んでの金額で買いたたかれてしまいますが、マンツーマンでの取引ならば双方の意見をしっかり通すこともできます。

相場で売却しようとしているという点を有利に働かせて売却したので、お互いに不満もなく、私にとっては有利な取引にできました。

差額が出たとしても結局はそこまで大きく高くなるわけではないので、早めにお金を用意できた方が次の準備も早くできてビジネスとしては魅力的です。

相場より低めの金額で宣伝して集客した(女性/50代)

私が一軒家を売るときにはチラシに掲載する内容を工夫して集客を増やしました。

一軒家に住もうとしている人が減っている中で、一軒家がほしいと思わせなければいけなかったので、相場より低めの金額から私自身が売りたい金額までを幅を持たせて記載したチラシを用いて効果が出せました。

チラシでは一軒家の価格を1400万円から2000万円の範囲内で表示して、少しでも多くの人に見学に来てもらえるようにしました。現場に来た人々の中から自分の好みの条件に合うような人を見つけられるように直接話ができたので、価値観や考え方も共有できました。

価格のことはあまり強く意識されているわけではなく、家を買うのはお金がかかるという意識が強いので多少上がっても悪い印象は持たれないものです。そういった家を買う人の感覚も把握してチラシを作ると宣伝効果も大きくすることができるはずです。

相場も意識しつつ、自身の希望する金額も伝えられればより有意義な取引をすることができるでしょう。宣伝する範囲についてもしっかり検討するとよい効果が得られるでしょう。

地域ごとに異なる一般的な売却相場を把握して成功(男性/30代)

マンションも一軒家も地域ごとに売却価格はかなり変わります。交通アクセスのよい場所はさらに価格が高くなりますが、郊外だからと言って価格が安いわけではありません。

そういった地域差を把握して売却を進めていこうとすると少しでも早く売却することができます。私の住んでいた地域では一軒家はあまり高くはならないようでしたが、一般的な価格で宣伝できたので集客は十分得られました。

売却相場よりも物件の質や広さ、間取りの方が価格に大きく影響します。私の場合も立地もそうでしたが設備や環境はとてもチェックされました。

一戸建ては買い手を一人に絞らなければいけないので大変ですが、少しでも多くの人に集まってもらえれば高く買い取ってくれる人を厳選できます。

同じ県内でも地域や駅からの距離で価格は変わってくるので、買い手の支払うつもりの金額とも照らし合わせながら取引していくと良いです。一人で宣伝していくのが難しいようならば、一軒家の売却も手助けしてくれるような業者を頼っていって効率的に売却するようにしましょう。

時には業者と一緒に売却するとかなり有利に交渉も進められるので、検討する余地は十分あります。一部の地域だけで業者を頼ることもできるので、工夫して利用できるものは利用していきます。

無理な価格より一般的な価格で取引

宣伝にしっかり力を入れるべき

一軒家を確実に売却していくには、無理に高い価格を設定するのではなく、相場に近い価格で売却したほうが良いです。

しかし、あまりにも価格が下がってしまう場合にはどうにか付加価値を付けて少しでも高くして売却することでその後の引越しや資金確保にも役立ちます。

一戸建てでもマンションでも相場がそれぞれの地域ごとに決まっていて、時にはその相場もかなり変化します。自身の住んでいる地域でいくらくらいの金額になるのかをしっかり確かめてから価格を決めていくようにすると良いでしょう。

また、価格はあくまで目安にして実際に買い手がついてからある程度価格交渉できるようにすればその買い手にとっての負担も減らすことができるはずです。

その地域での相場や価値観を意識

駅が近くにあるような地域では相場は少し高めに設定されます。1400万円から2000万円くらいの範囲内で売却できれば十分ですが、立地や設備、セキュリティや土地の有無なども含めていくと価格は3000万円や4000万円を超すこともあります。

家の耐震性能や築年数などでも価格は高くなるため、価格を決めるための項目をしっかり複数設けておくと良いです。

価格が高くてもそれに見合った条件がそろっていれば十分高い価格で売却することができるので、しっかりそれぞれの地域で価格を調査して決定できるようにしましょう。

不動産業者のホームページなどからも簡単に調査だけはできるので、簡単にできるところから初めて見ることをおすすめします。

事前のリサーチや広範囲の宣伝をしてみよう

一軒家を売却するには、とにかくリサーチが大切です。業者を頼る場合でも、どんな業者なら頼りにできそうか選んでいかないといけないので複数の業者を比較して少しでも有利に取引ができそうなところを選びださなければいけません。

また、自身で売却する場合にも宣伝を工夫して、少しでも早く売却できるように行動しなければいけないことも多くなります。書類や手続きに関しても遅れがあると大変なので準備には十分な時間が必要です。

宣伝を幅広く行っていくならば、それだけ費用も掛かってくるので個人で準備しなければいけません。ある程度資金も確保していないと難しい場合があるので、しっかり計画を立てて売却をしていくと良いです。

個人での売却が難しいようならば、早めに業者に頼れば面倒な手間もかなりなくなります。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま