aaa

一戸建てを高く売却したいときにするべきこと

一戸建ての家も交渉次第で高く売れた(女性/50代)

私が住んできた一戸建ての家から引っ越す際に、家を売却して少しでも資金を確保しようと思いました。

はじめは相場で売るつもりでしたが、実際の価値をしっかり計算してみるとそれではマイナスになってしまうようだったので、家の価値だけでなく、土地や家具などの価値も合わせて価格を設定しました。

そのため、価格は少し高めに設定しても認めてもらえて、売却においても手数料や引っ越しにかかる分の資金まで確保できました。買い手にどんな内訳で金額が決められているかを具体的に説明し、ある程度はオプションのようにして省けるような形にしたのが良かったようでした。

逆に信頼してもらえて、しっかり適正な価格で売却することができました。一般的には購入する側が値切り交渉をすると思われていますが、実際家を売却するような場合には売り手にも選ぶ権利があるので交渉をする余裕があります。

あまりにも無理な条件を押し付けるのはいけないですが、交渉はしっかりと行って双方満足できる形にしたほうが良いと思います。私は交渉を一人でするのが不安だったので、専門の業者にも頼って話をしやすくして対応しました。

一戸建てを高く売却するためにした工夫(男性/30代)

一戸建てを売却するには、私は査定や見積もり、業者への依頼、宣伝、交渉などの手順が必要でした。少し負担も大きかったのですが、無事に希望していた金額で売れたので満足しています。

最初の査定は業者に任せましたが、あまり満足しなかったのでしっかり家の中までチェックしてくれる業者に頼ると価格は600万円ほど差が出ていました。

インターネット上の査定も参考にはなりますが、実際に売却する時には担当スタッフにしっかり査定してもらった方が良いでしょう。一戸建ての売却では、宣伝も私自身でしなければいけないものが意外と多くありました。

不動産屋に展示してもらって、もしそこから契約が取れればマージンを支払うというものでした。業者のものも同じでデータベースに登録するだけで積極的に宣伝するわけではないようなので、チラシやパンフレットを作成しての宣伝が必要でした。

何組か相談が来るようになってから実際に価格を少し変更したり、余裕を持たせたりして買い取ってもらいやすいようにしました。単純に金額を決めて売るのではなく、双方の相談のうえで価格を決めて取引をするのがとても大切だと感じました。

ニーズの調査が功を奏した一戸建て売却(女性/40代)

一戸建ての売却をするときに、価格については広範囲で調査をしました。調査といっても大手の不動産業者やインターネット上に掲載されている物件の価格を調査し、見積もりや査定に出してみて実際にいくらになるのかを確認しました。

また、どんな家が売れているのかを調べて、私が住んでいた地域に多い住宅のスタイルや生活スタイルも調査しました。宣伝や売却についてはそれを基準にチラシなどを作成して少しでも集客の可能性を上げていきました。

チラシの反応率はなかなか高く、一戸建ての詳しい内容を聞きに来てくれる人も多くなりました。事前に調べた通りのターゲット層が相談に訪れてくれていたので、確かな手ごたえも得られました。

相談が何件か続くと実際に契約したいと言ってくれる人も出てきて、無事に売却まで行えました。事前のニーズ調査がここまで影響してくるとは思っていませんでしたが、思い通りの結果が得られて満足しています。

売却が初めての場合にはやはりプロにはかなわないので、しっかりリサーチをしておくと大切な一戸建ての売却もうまくいくはずです。リサーチはインターネットを活用するだけでもかなり進められるので、人脈も駆使して少しずつ調べていっても良いでしょう。

一戸建ての家も工夫次第で高くできる

地域性を重視すると売れる可能性も高まる

一戸建てを少しでも高く売却するには、その家を売る地域のことをよく理解していると良いです。

特に家族で住んでいる方が多いのか、高齢者が多いのか、または、若者のカップルなどが多くいるのかといったところをわかっていると売却するときにターゲットを絞り込んで少しでも価格を最適なものにできます。

家族向けにする場合にはバリアフリーも整えておくと購入する方は長く住んでくれるようになるので、売却時にも取引で少し有利にできます。

逆に若者に売却するときには月々の支払いを減らさないと支払えなくなってしまう可能性があるので購入してくれそうな人に合わせた変更も臨機応変に行っていく必要があります。

ペットOKの一戸建ても考慮しよう

一戸建てを売却するときの一つの魅力になるものとして、ペットの飼育ができるということもあげられます。

一戸建てはマンションやアパートとは異なり、ペットの飼育もたいていは可能ですが、あまり汚されては困るような建物の場合には、ペットも許可できないことがあります。

しかし、一戸建てでも庭があればその一部をペット向けの空間として使えるようになるので、工夫次第でペットOKの物件として売却していけます。

犬や猫のような動物の飼育ならば一般的で、対策も立てやすいので売却を少しでも成功させたければそこまで考慮すると価格も高くしやすいです。

土地も合わせるとより魅力的

一戸建てだけでなく、その家が建っている土地も併せて売却することにできれば価格はさらに高くできます。

土地はいらないという人も多いですが、土地も併せて出ないと賃料が発生してしまうように交渉すると買う側も買った方がお得だと思ってくれるので、多少高くなっても購入を検討してくれます。

また、土地はそのまま資産にもできるので、固定資産税でお金を取られてしまうよりは売ってしまって少しでも土地を有効活用したほうが利益も大きくできます。土地も併せて売却するには手続きも大変ですが、少しでも高く売る場合はそこまで考慮したほうが確実です。

土地も合わせた売却をする場合には、不動産鑑定士などプロの意見をしっかりと取り入れるようにして、取引も第三者が介入できる状態にしておくことをお勧めします。

高い買い物になるので、双方にとってデメリットが残らないよう、時には弁護士に間に入ってもらっていたほうが安全な場合もあるので気を付けておきましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま