aaa

失敗しない一戸建て売却のための注意点と対策

一戸建ての売却をするときに困ってしまったこと(男性/30代)

一戸建てを売却する時に最も困ったのは、手続き関係の書類の遅れでした。私が用意した書類だけではなく、買い手側で用意しなければいけないものもあるので、それを書いてもらうのを待っている時間も必要で、せかす権利もないのでギリギリまで待たなければいけませんでした。

手続き上期限などがあるわけではないですが、あまりにも遅くなるとこちらの都合に沿わなくなってくることもあり、少し大変でした。

自身で予定を組んでしまうと仕事のこともなかなか変えられないので、余裕があるならば代理で手続きまでやってくれる業者を頼っていれば負担は大幅に減らせるでしょう。

私は仕方なく書類を待ちましたが、書類の用意だけで1か月もかかってしまって予定は大きく狂ってしまいました。これも仕方がないことですが、それも見越して手続きができないといけません。

業者に任せておけば余計な負担を自分で負うことはないので少し楽に仕事もできるようになります。一戸建てを売却する時は宣伝だけでなく、それ以外の手続きや買い手との連携のことも考えて話を進めていく必要があります。

連携に不安が残る場合は業者に任せたほうが無難で、良い売却結果にもなるでしょう。

物件の売却では目視確認も重視したほうが良い(女性/40代)

一戸建て売却で私は必ず直接細かいところまで目視で確認してもらうようにしました。個人的にみられると困るような傷や汚れについては包み隠さず伝えました。ここで隠し事があるとお金を受け取る側としては請求されてしまう可能性もあるので一つ恐怖でもあります。

そういったリスクを減らすためには正直が一番です。私がある程度リストアップしてみてもらうようにしたので、信頼関係もしっかり築くことができました。そこまで大きな汚れや傷はありませんでしたが、しっかり見せておくことは重要でした。

実際、そこまで見せた人と見せなかった人では見せた人の方が契約をしようとする行動が積極的でした。

傷や汚れはクリーニングや修繕をしていけばある程度はなんとかできるので、一戸建ての売却をする時には後になってから苦情やトラブル、問題が起こらないように心がけましょう。不安がある場合は第三者の方や業者に頼るのも大切です。

書類や事前準備などで足りていない部分がないようにしてくれるので、お金が少しかかっても頼るだけの価値は十分あります。

一戸建て売却では周辺環境も要チェック(男性/30代)

私が一戸建ての売却をするときに特に情報収集で気を付けたのは、物件の周辺環境でした。コンビニやスーパー、郵便局、病院などの施設とあわせて、どんな住宅やマンションがあるか、どんな人が多く住んでいるかをリサーチして伝えられるよう工夫しました。

書類や物件そのものは各自の責任で見てもらえば良いですが、その周辺環境については実際に住んでみないとわからないことも多いです。

一戸建てでも、隣の家が非常にうるさい家庭であったり、ちょうどごみ置き場の正面だったりすると満足度は大幅に下がってしまいます。周辺環境や移り住んでからどうなるかもイメージしやすくしておけば、細かいトラブルをなくすことができます。

私が一戸建てを売却する時もこの情報があったおかげで、大きな信頼も得られました。家の中の傷などについても先に自己責任でチェックするように伝えていたので、その点に関しての責任回避はできました。

そもそも大きな傷がなかったので、それらも伝えておいてトラブルは最小限にできました。書類の用意などはミスがあったり、個人の予定があったりすると遅れてしまうことは多いので、少し注意しておくと予定通りに一戸建てを売却することができるはずです。

一戸建て売却では手間も多い

業者に頼ったほうが楽な場合も多い

一戸建てはしっかり売却できれば大きな資金源にできますが、個人で売却するのはとても難しいです。書類の用意や手続き、買い手との交渉や連携なども大切で、場合によってはお金をあまり得られずに家だけ失ってしまうこともあります。

そういった取引上のリスクも存在はするので、できるだけプロに任せて手続きできるようにすると個人で問題を起こさずに安全に売却できます。

任せる方は不動産鑑定士や司法書士、不動産業者など多数取り扱ってくれる方がいるので、一番頼りにできる方を早めに見つけておきましょう。業者に任せてしまえば基本的には一戸建てを最初に買い取ってくれることもあるため、すぐに資金を確保できます。

価格は多少低くなってしまってもすぐに売却したい方には特におすすめです。

手続きや書類の扱いには十分注意

一戸建てを売却するには色々と注意が必要です。書類の書式や書き方が指定されていることもあり、契約書を作らないといけないので、経験のない個人が用意するのは危険も伴います。正規の契約にできるようにしないといけないので、不安ならば司法書士や弁護士に相談するのも一つの手です。

業者に任せてもこれらの書類のことは教えてくれますが、書類や証明書などで不足しているものがある可能性も高いため、しっかり第三者の相談できる方を用意しておきましょう。

弁護士ではなくても宅地建物取引士や不動産鑑定士でも頼りにできるので、状況に合わせて依頼していってください。

司法書士も頼ったほうが良い

法律に詳しい方を頼っておくメリットは大きいです。契約上のミスがあるとそれだけで家を失ってしまうこともあります。支払いが必ず正常に行われるとは限らないので、しっかり資産を守れるように専門家にもチェックしてもらっておく方がリスク軽減に役立ちます。

不動産取引では数千万円単位のお金が動くので、手数料などの支払金額も計算ミスをすると数十万円の差になって出てきます。

ほんの0.1%の誤差でも大きな金額差が出てきてしまうので、売る側と買う側だけでなく、司法書士など第三者にもチェックをしてもらえばお互いに安心できます。

双方の合意の下で頼れる人を選び出すのも問題ないので、お互いにとって安全な取引ができるようにしておいてください。迷ってしまった場合には、ひとまず不動産鑑定士か弁護士に話を通しておくとそれだけで問題のほとんどが解決できるはずです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま