aaa

口コミを生かして一戸建ての売却を成功させよう

一戸建ての口コミを生かして物件を売却(女性/40代)

一戸建ての口コミは意外とネット上で調べることもできてしまいます。私自身もインターネットを活用して口コミを見る癖があるので、一戸建ての売却でも口コミは重視しました。

家に対する口コミというよりは、地域に関するものや売却業者に関する口コミをよくチェックしました。過去に問題を起こしているような場合や、悪い口コミが目立つようならば実際に自身の目で確認して信用できるかチェックする必要があります。

私が頼ろうとしていた業者については特に問題はありませんでしたが、地域としては少し癖がある場所のようで、高齢者も若者も、子育て世帯も合わせて住んでいるような場所ですみわけが難しいという口コミも見つけました。

こうした一戸建て売却に関する口コミを参考にして少しでも有利に売却をすることになりました。口コミはなかなか簡単に得られるものではないですが、インターネットさえあればよい情報が手に入ります。

不動産屋では悪い情報は教えてもらえないこと多いので工夫して情報収集しましょう。

地域のネットワークで大きな宣伝効果を生んだ(男性/30代)

私が住んでいた一戸建てを売却することになったときに頼りにしたのが、隣人や地域の自治会などでした。最初はそこまで大きな効果が得られるとは思っていませんでしたが、意外と知人やその友人などの関係から買い手を見つけてくれました。

近くに住んでいた人の家族や親などが移り住んでくるような感覚で、かなり効率的に買い手を見つけられました。地域や自治会の方々でもしっかり頼っていけば参考にできるということで、一つの可能性として覚えておいてもよいかもしれません。

もし、そこで決まっていなかったら私はインターネット上に合った業者を頼ろうと思っていましたが、実際には想像以上に早く見つけられたので時間も手間も省けました。

買い手とも家が近かったので特に相談や交渉で困ることもなく、ほとんど手間もかかりませんでした。最初から業者に頼ってしまうと手間も大きくなりますが、ある程度地域での付き合いができているならば、そうした人脈も生かしていってみると良いでしょう。

場合によっては子どもの習い事の関係の人や職場の人に聞いてみてもよい買い手が見つけられるかもしれません。

一戸建ては買い手がつくのも早かった(女性/40代)

私の一戸建て売却では買い手がつくのは非常に早かったです。マンションの売却経験もアパートの売却経験もありますが、やはり一戸建ての方が買い手は見つけやすい印象が強いです。

家族で生活しようと考える方が多いようで、一から家を建てるのに比べれば中古物件でも利用者は多くなるようです。少しでも安く、家族で生活できる一戸建てがあれば生活も充実するのは確実でしょう。

一戸建ての家の売却では宣伝方法にも工夫が必要ですが、私の場合には自身の人脈を生かしてある程度宣伝ができます。インターネットのSNSでも宣伝はできるので、そういったところから探してみるのも良いでしょう。

一戸建ての買い手がつくのは主に家族なので、子育てをしていてアパートやマンションに住んでいる方を絞り込んで宣伝していくと買い手も見つけやすいです。

だいたい中古の一戸建てだと1500万円ほどで売却できてしまうので、そこからはある程度の価格交渉をして少しでも高くできるようにしています。分割払いでの売却がほとんどで多少手数料の利益も入ります。

また10万円でも20万円でも高く売れれば利益になるので、その点も工夫しながら売却していくと良いでしょう。時には少しサービスした価格で売却して実績を付けておくだけでも他の家を売りやすくなります。

口コミの情報は影響力も大きい

地域の人々の意見を有効活用しよう

一戸建てを売却するとき、多くの場合は業者などを頼って宣伝をしていきますが、サイトに掲載するだけであったり、個人でできる範囲で呼びかけをするだけであったりと十分に情報が伝わらないことも多くあります。

それまで住んでいた一戸建てを売却する場合には、地域の人々や自治会の人々を頼って、その口コミを生かしていくと意外と早く買い手が見つかる場合もあります。親戚や友人など身近なところからでも口コミは広がっていくので、その影響力も頼りに宣伝してみると良いでしょう。

もちろん全国規模で宣伝をして可能性を高めるのも大切ですが、ローカルな宣伝や口コミで広がる情報にも大きな力があるのでしっかり頼っていくと良いです。

一戸建ての情報は特に広がりやすい

家を売るというのは噂も早く広がっていくものです。一戸建てからの引越しやその家の売却はなかなか日本ではないことなので、トラブルでもあったのかと勘繰られることもあります。

住み替えなどの方法を知らない人にとっては特に不思議な行動に思えてしまうようですが、しっかりと事情を説明できれば早いうちから理解もしてもらえるはずです。

一戸建てを買ってくれる人を探しているというよりは一戸建てが売りに出されているという言い方のほうが情報も広がりやすいので、友人や親せきを頼るときにはその言葉もしっかり選んで伝えていくようにすると良いでしょう。

うわさが広がるのが早いことを利用して一緒に宣伝も広めていってもらうと効率的です。

売却時には宣伝効果も利用すべき

売却するときには宣伝しているときに持ってもらった一戸建てに対するイメージも大切にしましょう。特にコンセプトを設けて宣伝していた場合にはイメージと差が大きく出てしまうと満足度が下がってしまって、最悪買い取ってくれなくなります。

宣伝でも一戸建ての状態や雰囲気がしっかりイメージできるように工夫してチラシやウェブサイトを用意するようにすると良いです。宣伝の際は記載できなかったことも直接話をして相談をしている段階では説明できるので、漏らさずに伝達事項を伝えておく必要があります。

これは売る側の義務でもあるので隠さずにしっかり家のことは伝えておくようにしましょう。いくらで購入したかなどの情報は聞かれたら応えれば良いですが、ほかにも家の傷や汚れがある場合は先に売る側から伝えておいた方が買い手も安心できます。

もともと住んでいた一戸建てならばそうした情報も多くわかっているはずなのでできるだけ多くの情報を見てもらい、購入の意思もしっかり固めていってもらうと良いです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま