aaa

SNSを生かしてマンションを早く売る

マンションを早期売却できた時の話(男性/30代)

マンションの売却を急がなければいけなかった時、私は主に業者での宣伝を頼り、SNSで自身で広告を出していました。

とにかく多くの人に見てもらわないとどうしようもないと感じていたので、できるだけたくさんの情報を記載して、写真なども合わせて知らせられるようにしていました。最終的には何かの広告を見て気になったという方から連絡が入り、無事に売却できました。

おかげで、次の引っ越し先のマンションの購入にもお金を間に合わせられました。SNSでの広告や普段からそういった人脈がある人に宣伝を頼ればそれだけ大きな効果が得られるということも分かりました。

何より注意したのが情報の多さだったというのもよかったようです。価格は約3000万円で少し金額が高いかとも思いましたが、無事に見つけられました。

間取りが大きかったということと、残債が残っていながらもしっかり支払っていたので多少金利が安く済むというメリットも買い手にありました。家族で移り住むようで、子育ても一息ついたころにちょうどよいということでマッチングもうまくいっているようでした。

SNSの宣伝でマンション売却を素早く成功させた(女性/40代)

私が最も頼りにしたのがSNSの広告でした。人脈形成にも役立っていたもので、日頃から良く投稿もしていたので試しに頼ってみました。クレジットカードで簡単に宣伝できて、情報も意外と多く載せられましたが、写真があまりのせられなかったのが残念でした。

マンション売却で気を付けたのは、少しでも写真を多く用意するということでした。実際に見学をする前からだいたいのイメージがつかめなければ購入する気にもなれないと思ったので、専用の情報ページも作成してインターネット上から気軽に確認できるようにしました。

業者にも頼って、物件を登録しながら売却をして、その業者との連携もかなりうまくいっていたのですぐに買い手が見つかりました。写真が多く用意できる場合には、売却業者や不動産屋に頼っても十分効果は得られるように感じました。

売却までにかかった時間は約2か月と比較的早く決まってよかったです。遅くなる時は1年かかっても売れないという場合もあるようだったので、とにかく宣伝に力を入れられてよかったと思います。

ネットの宣伝効果を生かした売却(男性/30代)

私がマンションを売却する時に生かしたのはインターネットの宣伝力でした。一般的な業者に頼りつつも、しっかりその物件を紹介できるように、私自身でも宣伝をするように確認を取ってから進めていきました。

業者の検索ページでも最も見やすい場所に見出しが出るようにしてもらって、SNSなどでの広告も怠らずに進めました。少し費用は掛かりましたが、十分な効果があったと思います。何より相談件数が多くあり、実際に見学に来る方も多かったのが実感できた理由でした。

間取りが2LDKと広かったのも関係しているかもしれませんが、多くがSNSを見て見学に来たという方ばかりで、非常にうれしく思いました。それだけ効果も大きくできるようなので、宣伝をする時にはインターネットの宣伝効果も期待してみてもよさそうです。

場合によってはそういった宣伝が情報としてかなり優先されるかもしれないので、情報を載せるときには写真も合わせて間取りや立地、アクセスも調べてみると良いでしょう。価格も最低限相場に近い価格ならば受け入れられるので、工夫して設定すると良いでしょう。

私の場合は、普段使用するSNSを特に重視して宣伝しましたが、ネットの場合は検索ページやミニブログのようなものに掲載しても良いでしょう。他にも宣伝できるサービスは多くあるので、しっかり活用して多くの人に見てもらえるようにしましょう。

ネット広告を頼ってマンションを売却

素早く売却するならネット広告が強い

マンションの売却を早めに終わらせたい場合にはとにかくアピールを多くするしかありません。価格を下げてしまえば売却も早まりますが、損をしてしまうくらいならば少しでも待った方が良いかもしれません。

近年は特にインターネットを活用したマンション情報の掲載やSNSでの情報拡散をすることができるので、ネット上でできる広告を利用しても早期売却の可能性は高められます。

良い買い手さえ見つかればよいので、価格はすぐに下げずにしっかりアピールをしていきましょう。主要なSNSはしっかり網羅して広告サービスなども活用しておくと興味のある方の目に留まる可能性も高まります。

コストも抑えられて便利なSNS集客

SNS上でのつぶやきや投稿だけでも宣伝だけはできます。場合によってはブログを活用して呼びかけるのも一つの手段です。インターネット上にある無料で利用できるサービスを使えば広告や宣伝にかかる費用も大幅に節約できます。

コストを抑えられれば売却してから得られる利益も多少多くできるので、コストカットできるところはしっかり行っておいてください。

SNSでの呼びかけではマナーなどもしっかり守る必要がありますが、見学や相談などの日時を知らせたり、家の内部の写真などをコメント付きで投稿したりするなどしていくことは可能です。

不動産の業者に掲載してもらうのも大切ですが、それ以外にも個人でできるアピールはできる限り進めていってみてください。

売却業者もネットで見つけられる

マンションや不動産の売却をしてくれる業者はインターネット上でも複数見つけることができます。

わざわざ自身が住んでいる地域の業者を頼らなくてもよい業者をある程度は自宅などから選別できるので、業者に頼る場合はその業者選びでも妥協しないようにしましょう。

報酬の割合は法律でだいたい3%くらいまでにしか設定できないことになっていますが、それ以下に設定してくれている業者もまれにあります。クリーニングや修繕などもあわせて行ってもらえるようならば、その方が総合的にはコストダウンできるかもしれません。

マンションの売却でもトータルコストをしっかり考えて少しでも高く売却できるように工夫していってください。業者探しにかかる時間もできるだけ減らせた方が早めに売却を終わらせられるので少し意識しておくとよいかもしれません。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま