aaa

新築一戸建ての売却相場と価値を高める方法

新築一戸建てを効率的に売却できた(男性/40代)

私はいわゆる不動産の取引で新築の売れなかった一戸建てを手に入れたのですが、売却するために少し効率的に楽に手続きできるようにしました。宣伝やその後の契約に手間がかかるのは嫌だったので、専門の業者に任せて売却を進めることにしました。

もちろん、家族がいれば自分で住んでもよかったのですが、一人で済むには広すぎたうえ、駅から少し距離があったのですべて業者任せで売却を進めました。そのため、できるだけ手数料などがかからない業者を選んで売却を進めました。

インターネットや地域の業者も合わせて確認したので、見落としもなく良い業者が選べたはずです。売却価格が2300万円で、そのうち200万円ほどが業者に支払われました。かかった期間はだいたい3か月で特に私自身に負担はなかったので十分満足できる結果でした。

新築一戸建てだからと言って早く売れるわけではなかったので、次に同じような売却をする時には、少し売却時の宣伝も工夫しようと思いました。

新築一戸建てを生かした不動産取引に成功(女性/20代)

私が新しく生活場所を確保するときに、所有していた新築一戸建てを取引条件に入れて住みやすそうなマンションをゲットしました。マンションの購入はなかなか難しかったので、一戸建ての移譲を条件に交換するような感覚で取引しました。

賃貸の収入もある物件だったので、購入後の資金が得られるという面でもかなり魅力的でした。新築はなくなりましたが、マンションの高層階で暮らしながら、家賃収入も得られて安心できるくらしが交換のような形で手に入っただけで満足でした。

多少お金は支払いましたが、一戸建てではできないような利益が出せるので、良い買い手が見つけられてよかったと思います。

あまりにも売れなかったら業者に頼ろうと思っていましたが、私の場合は人脈とSNSでの広告宣伝をしただけで買い手がついてくれました。不動産屋やネット上の専門業者も頼りにできそうですが、まずは自分で行動してみるのもよいかもしれません。

初めての不動産取引は業者も頼ってみたほうが効率的に結果が出るでしょう。現金を受け取るだけが不動産売却でできることではないので、他にも様々な工夫をしてもっとも大きな利益が出せるようにすると良いでしょう。

新築一戸建てをさらに高く売却するコツ(女性/50代)

私は、子どもがちょうど子育てを始めるタイミングで、子どもが家を購入したのですが、色々と問題があって離婚することになってしまい、新築で建てた家を売却する手伝いをすることになりました。

主に私が家の売却を担当することになって、初めての売却だったのでどうしたらよいかわからなかったところに、専門の売却業者がいることを知りました。

少しでも元の金額になるようにできればと思い、少しでも高くしてもらえるようにこれから家の購入を考えている方に売却できるように工夫しました。

まだ新築で間もなかったので、金額は非常に高くなり、ほとんど手つかずのままだったこともあってすぐに家族の方が入居することに決まりました。おかげで、お金の支払いを無駄に続ける必要がなくなり、子どもの負担もかなり減らすことができました。

私たちにとっては予想外のことで驚きましたが、急な事態であっても専門の方に頼れば一軒家でも売却はできると学べました。

とにかく入居すらほとんどしてない状態で、業者に方にも一歩も入っていない部屋すらあることを伝えたり、実際に業者に査定してもらって最新の状態だったとわかってもらえたのが良かったようでした。

一戸建てはやはり少しでも新しい状態をそのままに、きれいに維持できた方が良いとわかりました。

新築一戸建てでも工夫して売却しよう

価格が大幅に上げられることもある

新築の家を売却する場合にはその価格もかなり高めに設定することができ、不動産としては一番利益が出せる部分です。土地や一戸建てをまとめて売却すればその利益はもっと大きくできるので、できるだけ最新の機能を備えた新築を用意して取引していくと良いです。

近年は建築技術もかなり向上して一戸建てでも簡単に建てられるようになっています。その分、原価という部分では費用が少し節約できるため、利益もより大きくすることができます。

その分内部の床暖房や機能の多いトイレやお風呂、防音設備などを充実させて価値を跳ね上げれば非常に大きな利益にすることができます。新築というネームバリューを生かして一戸建ての価値をしっかり高めておきましょう。

新築だから高いわけではない

新築一戸建てだから高価になるわけではなく、断熱材や耐震設備などが新しいものを採用していると思われるために価格が高くなります。新築でも耐震設備が一切なかった場合には、価格はガクンと落ちてしまうので、建築してから売却する場合には注意が必要です。

駐車場の設備や断熱材なども性能の悪いものや機能の低いものを組み合わせても価格はそこまで上げられないので事前に何を導入したら価格が上げられるか調べておきましょう。

売却を成功させるには、幅広くアピールしていくことも大切で宣伝の仕方も工夫が必要です。備わっている設備についてもしっかりアピールできなければ価格だけ見て判断されてしまうこともあるので、しっかり興味を持ってもらえるように設備のことも記載したほうが良いです。

チラシなどに書く場合はしっかり正式名称で記載して、最初の段階で誤解を生まないようにしましょう。

ロケーションや利便性は重要

新築の一戸建てでも、その家のロケーションや周辺環境はとても大切です。特に少しでも新築物件を高く売りたい場合は、交通アクセスの良さも大切です。

設備と合わせて立地もよい物件を選べればかなり魅力的な価格で家を売却できるのでしっかりと一戸建てを建てる時に検討しておきましょう。利便性は車で大通りに出やすいかどうかも大切で、駅に近ければその分価格も上昇させられます。

設備と立地の両方の条件が満たされていれば3000万円や4000万円といった価格で売却しても買い手がついてくれるので、しっかり計画的に売却していってください。

支払い方法などは買い手に無理のない範囲にしてあれば基本的にあまり問題になることではないので、分割払いやローンに対応できるように検討してみても良いでしょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま