aaa

一戸建てを売却する時のおすすめの戦略

一戸建て売却をするときに頼れた業者(女性/40代)

私が一戸建て売却をする時には、少しでも高く売却してくれる業者探しを優先しました。まず、個人で探すのはほぼ無理だと感じていたので、頼れる業者に任せて効率的に利益を出そうと思いました。

まずは、地域にあった業者を色々調べてみましたが、そこだけでは情報が足りず、思ったように良い業者がなかったのでインターネット上でも宣伝しているような業者を探しました。

インターネット上には、査定もすぐにしてもらえる業者も多く、自宅からあちこち任せられたので非常に負担を減らすことができました。最終的に見つけたのは、インターネット上の業者で価格も私が思っているような価格に設定してもらえました。

十分満足できる1800万円で購入してくれるということで、すぐに売却を決定しました。手数料や業者への報酬の分も省いてこの金額だったので特に満足でした。

手続きで面倒なこともできるだけ頼ることができて、書かなければいけない書類もある程度用意して教えてもらえました。一人ではできないようなこともやってもらえたのは非常に良かったです。

ターゲットを絞って売却がうまくいった(男性/30代)

私が一戸建てを売るときに気を付けたのは、ターゲットの選定でした。どんな人に買ってほしいかを考えて、逆にどんな人なら買ってくれそうかを考えながら宣伝をしていきました。

キャッチコピーやその他のチラシの内容なども工夫して、宣伝したい対象の方が多い地域に絞ってアプローチすることもできました。詳細まではすべて理解するのは難しかったので、業者の方と相談しながら売却を進めるようにしました。

売却はあまりやったことがなかったのですが、専門の方に任せられたので、私がやらなければいけないことは最小限に抑えられました。ターゲットを選ぶときには業者の意見が特に生かせました。

やはり普段から取引をしている方々の意見は非常に頼りにできると思います。私一人では判断できなかったチラシに記載する一戸建ての価格などもしっかり設定することができました。

売却時には単純な考えて取引するのは危険なので、少しでも安全に利用できるようにプロを頼ったほうが良いです。インターネットからでも情報はチェックできるので、工夫した売却を心がけましょう。

宣伝する際に工夫して最小限のコストで売却に成功(女性/40代)

私が所有していた一戸建ての売却で工夫したのは、宣伝に関する部分でした。特に、チラシの作り方や宣伝する記載内容、配布する地域なども専門の業者と一緒に相談しながら決めていきました。

初めての売却でわからないことも多かったのですが、安く請け負ってくれる業者を見つけられたので、負担は最小限にできました。一戸建ての価格設定やオプション、土地に関する情報もしっかり記載して、耐震性能や築年数についても十分調査をしました。

最初はすべて記載しておかないといけないのかと思いましたが、実際は相談に来てくれた人にだけ説明すればよいものも多かったようで、専門スタッフに教えてもらえて効率的に宣伝ができました。

私にとって有利な話ができたので、見学や相談も合わせて終始こちらにとって都合のよい説明もできました。できるだけコストは抑えて売却したかったので、その道に詳しい方に相談できたのは私にとっては大きなメリットでした。

あまりコストがかかってしまうと損失も大きくなってしまいますが、その辺の事情も理解してくれる業者に任せられてよかったと思います。

一戸建ての売却ではお金の回収やコストの削減もとても大切なので、売却を検討しているときは少しでも頼りにできる業者選びを心がけましょう。

一戸建ての売却にはコツがある

客層を絞ると売りやすい

一戸建てを売却するときはむやみに不特定多数に宣伝をするよりも一定のターゲットに絞って宣伝したほうが効果があがります。子供もいる家族向けに売却するのか、高齢者向けに提供するのかでも宣伝方法はかなり変わってきます。

若い家族や夫婦向けにする場合もそれだけで効果が上がりやすい宣伝方法があるので、専門業者や不動産鑑定士にも頼りながら売却を進めておくと良いです。

チラシなどを作るときにコンセプトをどう展開していくのかで集まってくる客層にも変化が起こるので経験豊富な業者に頼ってしっかり結果を出してもらいましょう。

宣伝は広範囲にしたほうが効果がある

一戸建てもできる限り広い範囲に宣伝したほうが効果が大きくなります。その一戸建てがある場所だけでなく、隣の市町村や時には隣の都府県まで宣伝を広げた方が良いです。

交通拠点の大きな都市が近くにあるときにはその場所でも宣伝をするとちょうどよく集客できることもあります。一戸建てに住みたいと思っている人は引越しも視野にいれていることが多いので、とにかく多くの人に見てもらえれば売却する側に有利に取引が進められます。

少しでも高く売りたい場合も同様に多くの人に見てもらった方が最適な買い手探しができます。しっかりマッチングがうまくいくように工夫しましょう。

専門の業者もかなり頼れる

不動産売却専門業者や地域にある不動産屋も経験が多くあって頼りにできます。住宅の情報を登録する全国ネットワークも利用できればそれだけ宣伝も楽になります。

専門業者ならば、あまりにも売れないときには業者が代わりに買い取って運用してくれる可能性もあるので、お互いにとってお得です。業者に頼れば手続きに関することや必要な書類も教えてもらえることも多いのでサービスの良いところを選ぶようにしてください。

駅前で長く営業しているような業者もかなり事情にも詳しいので売却でもしっかり頼ることができるはずです。インターネット上の新しいサービスを頼っても効果は出てくるので業者選びもしっかり進めていくと良いです。

それぞれの地域に不動産屋が多く出ているので、しっかりと査定をしてもらって最も高く買い取ってくれそうなところと協力したほうが効率的です。

良い業者ならばそれだけ高く、早く売却してもらえるはずです。価格だけを重視するのではなく、適正な価格で売却できるかどうかもチェックしましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま