aaa

転勤で一戸建て売却を考える前にするべきこと

転勤が決まって一戸建てを早々に売却した(男性/30代)

せっかく家を購入したのですが、給料も生活もよくなりそうな場所への転勤が決定したので、仕方なく家も売却して新しい生活を始めることにしました。家族もまだ子供がいなかったので身軽に動けたのもよかったと思います。

実際には、一戸建てをしっかりチェックしてもらい、査定をしてからの売却になったので、かなり手間はかかってしまいました。先に引っ越しをしなければいけないほど時間がかかってしまったので、後半は業者に任せて売却を進めることにしました。

あまりにも負担がかかって手数料や業者への報酬が高くなりすぎるようならば自分で売却するか検討もするところでしたが、とてもリーズナブルな価格で頼ることができたので負担はあまりなく利用できました。

売却は初めてでしたが、業者の専任スタッフの方がしっかり説明してくれたので、良い勉強にもなりました。一戸建ての売却はできるだけ築年数が短いほうが高く売却できるらしく、私たちの場合はとても有利な状況でした。

あまり建ててから時間もたっていなかったので価格は十分魅力的な約2000万円での売却になりました。傷や汚れなどもない段階では特に価格はよくできるようです。

転勤のせいで一戸建てを売ることになってしまった(女性/40代)

私は夫と子供との4人で暮らしていましたが、購入して5年ほどした家を転勤の影響で離れなければいけなくなりました。

単身赴任や家を一時的に分けることも考えましたが、子育てのことも考えると夫婦で離れているのはよくないと思ったので、みんなが一緒にいられるように一戸建てを売却した資金でほかの家に住み移ることにしました。

幸い、家はきれいに利用できていたので、売却することになってもあまり大きな負担はなく、十分良い金額で売ることができるようでした。

頼りにした業者によると購入した時の2200万円から1900万円ほどに金額は下がってしまうようでしたが、中古の家からほかの中古の一戸建てに引っ越すと考えればあまり差はないようにも思えました。

また、新しく購入したのがそれより安い金額で済んだので数百万円ほどの余裕もできて、夫の収入も上がったので暮らしはかなり良くなりました。負担がかなり減らせたのは個人的にはよかったと思っています。

子供たちも新しい家で、自分の部屋を与えてもらえているようでとても喜んでいます。売却時に専門の業者に頼っていたのがよかったようで、とにかく時間も手間も短縮して私たちにとって一番良いマッチングもしてもらえました。

一戸建てを売却して転勤に素早く対処した(男性/30代)

私は仕事の関係で転勤が多くなるということは事前に聞いていました。しかし、収入は十分あったので不動産取引などもしながら利益を出しつつさらに上質な生活をしようと考えて一戸建てを所有していました。

バリアフリーも駐車場も整っている家だったので、売却価格は常に魅力的でした。傷や汚れもできないように工夫していたので、苦労することはほとんどありませんでした。売却時は個人で手続きや宣伝を進めていき、少しでも思い通りに売却できるようにしました。

実際想像した通りの価格と取引ができました。間取りは2LDKで、価格は2000万円でした。生活もしていましたが、ほとんどの部屋は使わずにそのままにしていたので売却してからさらに良い物件に移動できました。

おそらく今後も売却をしなければいけないことはあると思いますが、そういったときにも転勤に合わせてすぐに取引できるようにしたいと思います。

人脈や日ごろから不動産屋との連携ができていれば、売却はそこまで難しいものではありません。転勤を先に予測することは難しくないので、人によっては一戸建てを購入するタイミングも考えれば損をすることはないはずです。

転勤と一戸建て売却をするときの注意

一戸建て売却は転勤に合わせられないことも多い

転勤の影響で一戸建てを売却する場合、売却するよりも先に転勤をしなければいけない場合もあります。仕事の場合は、会社側であまり時間を待ってもらえないことも多いので売却も効率的に進める必要があります。

そんな時には全国規模で頼ることのできる業者に任せてしまえば売却も安心して進められます。個人で売却を進めて見学や相談に応じていくのは難しいので、できるだけ専門業者に頼って売却しましょう。

様々な業者に見てもらって査定を出してもらい、その査定によって業者を選んでいければより高く買い取ってくれるところを見つけられるはずです。手続きについてもしっかり説明を果たしてくれる業者が見つけられれば取引での失敗も避けられます。

業者に任せれば離れても安心

それまで住んでいた一戸建てから離れて売却手続きをすすめるのは難しいですが、業者に任せておけば距離も関係なくその地域で買い取り希望者の見学や相談も対応してくれます。

見学だけでなくクリーニングや修繕も預けられるのでしっかりきれいな状態にして売却してもらえるでしょう。専門業者ならば宣伝や物件のアピールも上手なのでより効率的に売却作業も進めてくれます。

宣伝はそれだけでもかなり大きな負担になりますが、普段からそれを仕事にしている人ならばノウハウもしっかり生かしてくれます。少しでも低コストに頼れる業者を見つけられると有利です。

一戸建て売却では資金も多く得られる

一戸建ての売却がうまくいけば入ってくる資金も多くなります。残債があるかどうかでも変化しますが、一般的な一戸建てならば1500万円ほどで売れる場合が多いのでそこまで価格は下がらないはずです。

近年は新築物件でも1500万円で購入できるため、中古物件がどこまで高くできるかは敷地面積や耐震性能なども影響してきます。一戸建ての売却に詳しい業者を頼れればそれだけ価格上昇も期待できます。

まとまった資金が得られれば転勤先の家やマンションでの暮らしも早いうちから安定させられるので注意しておきましょう。残債がある場合には、その支払いも多少早められるので少しでも高く売れるように工夫する必要があります。

もし、物件の価値が上がっていれば売却で得た資金でローンの返済も仕切れるので生活も楽にしながら転勤にも成功できるはずです。色々と変化も大きくなる転勤の時期こそ、業者の力を借りて一戸建て売却をしていってください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま