aaa

一軒家を売るために必要な準備と注意点

一軒家を売るのは意外と簡単だった(女性/40代)

それまで生活していた一軒家を売るのはとても不安でしたが、しっかりと専門業者に頼れば売却も比較的簡単にできました。手続きの仕方などは全く分かりませんでしたが、専任の担当スタッフがついてくれたのでいろいろと相談しながら話を進めていけました。

一軒家の査定や価値についてもしっかり検討してくれて、家の内部の細かいところまで見てもらえました。傷や汚れがついてしまっているところもいくつかありましたが、そこまで大きな負担にはなっておらず、価格は1900万円くらいでした。

部屋の数も割と多い家だったので、価格も高く維持でき、買い手も付きやすそうだということも教えてもらえて安心しました。私だけでなく、夫に関しても同じように説明をしてくれたので夫婦そろって安心して売却ができました。

実際に売るときには、買い手と直接交渉もしなければいけませんでしたが、そうした時にもしっかり相談に対応してくれたので安心して話ができました。

契約の取り交わしや交渉、トラブルになった時の対処法まで合わせて話を進めてくれたのでおそらく売り手の私たちも買い手の方々も安心して取引できたと思います。

使っていた一軒家もしっかりと売ることができた(男性/30代)

それまで親から譲り受けて利用していた一軒家を売ることになって、初めての売却だったのでインターネット上で調べて見つけた業者を頼ることにしました。

いくらで購入した家なのかもわかりませんでしたが、ほかの家に比べると駐車場は2つあり、庭も家庭菜園をするくらいにはちょうどよい広さだったので価格も2000万円を超えるものになりました。

購入しようと思っている方が家を見てくれた時に、業者の方が少し高めに金額を伝えてくれたらしく、買い手の方も設備や家の充実度を見て納得してくれたようでした。価格に関しては本当に業者の方に感謝しています。

手続きや取引に関しては私が記載しなければいけないものも多くありましたが、スタッフがしっかり説明をしながら教えてくれて書いたのでミスをすることもなく用意できました。不動産の取引をしたことがなかったので、支払いの仕方についてもかなり新鮮でした。

ローンで支払ってもらうというよりは、私はまとめてお金をいただいて、業者の方がその支払いを受け付けてくれるようでした。一軒家の売買の仕方も体験できて人生経験も積めたと感じています。

庭付きの一軒家は高く売却できた(女性/50代)

私が主有していた一軒家はとにかく庭が広くて魅力的だったために購入したものでした。しかし、年齢を重ねて庭の手入れが難しくなり、家の中でも掃除が大変になってきたので夫婦で一緒に過ごしやすい広さの場所に移動することにしました。

庭付きの一戸建てということで、売却するときにはあまり宣伝しなくてもすぐに買い手が見つかりました。特に家庭菜園などもしたいと考えている方々には魅力的な環境だったようで、価格も2100万円になりました。

中古でこの価格は珍しいようでしたが、敷地も広いので当然といえば当然かもしれません。駐車場も十分な余裕があったので個人的には満足のいく価格で売却できました。

交渉については売却を依頼した業者の方に任せていたので、価格がこの価格で売却できたのはその方のおかげだと思っています。専門知識などが全くなかったのですが、業者の方に任せたおかげで負担は最小限にしつつ、もっともよい利益を出すことができました。

私が用意すべき登記簿謄本や購入時の家の契約書なども先に用意できるようにリストにしてくれていたので、時間の余裕があるときに準備することができました。

一軒家を売るならばプロも頼るべき

家具などは一部残っていると高くできる

一軒家の売却はマンションの部屋の売却とは少し勝手が異なっており、手続きや書類の用意なども大変です。近年はかなり安く家を買えるようになっているため、それと比較もされて中古の家の場合はなかなか売れないことも多いです。

価格はその分安くしなければいけなくなっているので、売却するターゲットにも注意しをして宣伝していく必要もあります。それまで生活していた場合は、残せる家具は一部残していっても価格に影響する場合があります。

ほんの数十万円でも高くできれば多少メリットもあります。それも買い手との交渉をしなければいけないので、プロの業者に頼って売却を進めていけるようにすると良いです。

インターネット上から簡単に査定ができる業者が多くなっているので、しっかり業者選びにも時間をかけましょう。

庭があるとより高価になる

一軒家には駐車場や庭がついているとそれだけ価格は高くしてもらえます。主に敷地面積といわれますが、広い土地があればその分、買い手にとっても自由度が高まるので一軒家の特徴も生かして売却をしていきましょう。

土地を所有している場合には土地も併せて売れば価格は少し改善されます。庭のお手入れもしてあればそれだけ印象もよくなるので、査定時の価格に影響が出る可能性もあります。

汚れたままの家よりはきれいにされている状態で売りに出されている方が買い手は中古物件でもしっかり興味を持ってくれます。まずは買い手がつくように家もきれいにした状態で、宣伝やアピールもしていってください。

セキュリティやバリアフリーも大切

新築物件と差が出てくるのはどの程度バリアフリーが徹底されているかという点や、セキュリティ上の安全性が高いかどうかという点です。新築物件でも泥棒に狙われやすい場所に建っているような家では入居者は心配であまり期待が持たれません。

大通りに近すぎる物件も騒音を避ける傾向にあるので中古物件のほうが安心して生活できると判断されます。家を買うときには多くの人がその生活の雰囲気を大切にして、家探しをするので、一軒家が建っている場所や立地、周辺環境もあわせてチェックしましょう。

セキュリティも充実していて静かに暮らせる場所にあれば中古物件でも入居希望者は多く得られます。わざわざ新築に住むよりは中古のほうがアレルギーになりにくい場合もあります。

人によっては家の中の傷などを気にせずに選んでくれることもあるので、マッチングをしっかり行ってもらえるようにしてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま