aaa

離婚でマンション売却をするときの注意

離婚して売却することになったマンション(女性/50代)

私が家を売却することになったのは、夫婦の離婚が原因でした。マンションを所有して夫婦で経営していましたが、主に私が運営を任されていたので離婚の原因も夫にあったので、売却してしまって新しい生活のために利用するようにしました。

裁判でもマンションの扱いについては私の裁量に一任するというようにしてもらったので、思い切って高い価格で売却しようと業者に頼りました。売却してみると地価が少し上がっていたようで想像以上に高い価格で売却できました。

業者に払う報酬も少し高いと思っていたのですが、その分しっかり高い価格で売却してくれたので満足しています。マンションの売却も一戸建ての売却を同じようにある程度自分で用意する書類が必要だったので、離婚直後の手続きは少し不安が残りました。

しかし、様々な書類も同時にチェックできたのでむしろ自己管理まで合わせてしっかりできたと思います。

ちょうど売却の時にも離婚で頼った弁護士を頼っていたので、法律関係でも問題を起こすことなくスムーズに売却することができました。

マンションは離婚で失うこともある(男性/40代)

私は浮気が原因でばれてしまって離婚をすることになりました。マンションの収入などもあったため、そういった関係で人脈も広く、浮ついた話に乗ってしまった自分がいけませんでした。

離婚の調停の時に弁護士を挟んでの交渉で、それまで所有していたマンションについては売却してお金に換えて慰謝料として支払うことになりました。満額ではありませんでしたが、実質マンションの半分の価格を現金で要求されてしまったので、それを用意するには売却をするしかありませんでした。

売却は時間がかかることを理解してもらえていたので、時間的な部分は待ってもらえましたが、あまりにも急な話だったので書類の用意などはできておらず大変でした。

マンションの売却をした後には実質資産は半分になってしまいましたが、すぐに不動産取引でグレードの低いアパートに乗り換えできたので、収入は何とか維持できています。

家族でマンションを切り盛りしている場合は、こうした場合に損をする可能性があるので十分注意したほうが良いかもしれません。契約書の内容も考慮して購入時の保証人にだれを選ぶかも気を付けておくと良いでしょう。

離婚後の慰謝料のためにマンションを売却(女性/20代)

若いころから働いて稼ぎがあった私は結婚もかなり早く、子供ができるのも早かった人間でした。マンションの経営を始めてからはこっそり浮気もしてしまっており、浮気相手の子供を妊娠しても黙って隠していました。

しかし、子供が大きくなってくるにつれて違和感を感じられてしまって、浮気がばれてしまいました。裁判では一方的に私に非があるということで慰謝料も、資産に応じて決められました。収入については十分あったため、慰謝料も資産の40%を支払うことになりました。

家賃収入などの折半なども考えたのですが、絶対に現金で支払うように言われてしまったので、マンションを売却することにしました。こればかりはどうしようもなかったので早めに業者に依頼してマンションを売却しました。

その分、私自身はできるだけ高く売却して利益を多く残そうとしました。業者の方も事情は理解してくれて、それまでしっかり運用してきたマンションを良い価格で売却してくれました。

その後はマンションを売却してできた資金で、少し収入は下がりますが、アパートを購入して生活していくことになりました。

離婚とマンション売却に関する情報

離婚でマンションを売ってしまった方が良い場合

マンションに住んでいて離婚することになった場合、原因が何であれそういった部屋に長く住み続けるのはあまり良いことではありません。悪い思い出が残っている場合にはそれだけ精神的な苦痛も残ってしまうので、早めに引越しを検討したほうが良いです。

しかし、マンションは放置するのではなく早めに家財道具などを搬出してしまって、早々に売却しましょう。

売却するときは管理人に申し出ておいた方が良いかもしれませんが、自身の所有物として扱えるならば、どんどん不動産業者も頼って売却手続きを進めていきましょう。

少しでも高く売却できれば新しい生活もしっかり楽しめるはずです。ローンが残っている場合もできるだけ高く売却できれば負担は最小限に抑えられます。

売らなくてもよいこともある

所有していたマンションならばわざわざ売却しなくても貸し出すこともできます。

できるだけ売却してしまった方がお金はまとまって手に入りますが、引越し後に賃貸物件に住むようならば時間をかけて売却するより最初は賃貸として貸し出して、その後売却していくのもよい方法になるでしょう。

不動産業者と協力して売却していくだけでもメリットは多いですが、工夫して運用していけばその分効率的にバイクあくが進められるでしょう。

すぐに売れない場合も焦ることなく、時間をかけた方が高く売却できて資金もたくさん手に入ります。

マンションを売るならば業者に頼ると楽

マンションを売るときには、個人で無理をして宣伝やアピールをしていくよりは業者に頼ったほうが効率的に売却できます。全国ネットワークを活用して宣伝してくれればそれだけ早く最適なマッチングをしてくれます。

マンションは入居希望者も見つけやすいのでしっかり経験豊富なところを頼っていきましょう。売却を決めた時点でいくつかの業者に査定を出して、少しでも高く購入してくれるところを頼るようにしてください。

マンションの立地やセキュリティなどもあわせて価格を考えてくれるので、少しでも高く買い取ってほしい場合も業者任せにした方が効率的です。

売却に成功するといくらか報酬を支払う必要場ありますが、それも売却金額に比べてそこまで大きい金額にはならないので、報酬割合なども併せてチェックして業者を選んでみてください。

インターネットで探せる業者だけでなく、地域にある不動産屋も同様に頼りにできます。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま