aaa

家を手放したいときにまずすべきこと

家を手放したくて家を売却した(女性/20代)

私が親戚からもらってしまった家を手放したいときに工夫したのは、あまりばれないように宣伝をすることでした。

なくなった親せきの家だったこともあり、どうやら不動産取引をして余ってしまった家だったようでしたが、家をもらってもどうしようもなかったので、どうにか売ることにしました。

特に失敗だったのが税金がかかってしまうことだったので、早めにお金の負担が残らないように対処しようと思っていました。

親戚の家だったこともあって、ほかの家族に知られてしまうほど大々的に宣伝することもできず、ひそかに手続きを進めていきたいということを業者に伝えると、同じ系列のお店の中だけで紹介してくれるということで安心して頼れました。

決して悪い物件ではなかったので、多くの人の希望条件にもマッチして意外とすぐに売却に成功しました。価格は大体1200万円とかなり私にしてみれば大きな価格で満足な結果でした。

その家の利用者についても信頼して家を譲っていける方だったのでとても安心でした。業者への支払いもそこまで大きくはならず、売却で得られたお金の中から十分支払うことのできるものでした。

家を手放したい理由は様々だと思いますが、確実に手放したい場合はしっかり経験も豊富な業者に任せてしまうのが一番です。

自分の家を手放して色々忘れたかった(女性/50代)

私はそれまで親子で一緒にその家で暮らしてきましたが、子育てがひと段落ついた時に先に夫に先立たれてしまいました。

子供たちも心配してくれましたが、子供も近くにはあまり長くいてくれず、家にいても夫婦のもいでばかりが迫ってきたので、思い出の品だけを残して家は売却することにしました。

お金にこだわりはなかったですが、あまり安く買いたたかれるのも心苦しかったので事情を理解してくれる業者に売却を任せました。ある程度買い手が見つかり、売却のめどがついたところで早速引越しをして、その家よりも半額ほどの安くて景色もよい夜景も見えるマンションを手に入れました。

一戸建ての家からの引越しでしたが、マンションには幼い子供たちも多く、少し騒がしいくらいでしたが逆に落ち着いて過ごせる環境でした。

一戸建ての売却に必要な書類や手続きは業者の方がいろいろと教えてくれて、税金の支払いがあるということまで教えてくれたので、高すぎる部屋を買わないで済みました。

売却を終えた後まで気にかけてくれていたのはとてもうれしく思いました。スタッフの方も女性の方を当ててくれたので、ちょっとしたところで相談するのも気軽にできました。

売却について頼るならば、実績も多くある業者が一番だといって良いです。

家を手放すしか方法がなかったときの話(男性/30代)

私は家族ができてからそれまで貯金していたお金なども併せて頑張って家を購入したのですが、仕事でリストラにあってしまい、住宅の支払いが難しくなってしまうことが何度かあって破産などをするのも嫌だったので、早めにその家を売却することにしました。

ローンが支払えなくなるくらいならば、売却してしっかり支払いも済ませてから自分たちの身の丈に合った家で暮らしたほうが良いと思いました。妻もそれに納得してくれて、しばらくは安いマンションでの暮らしをすることになりました。

売却を急ぐ必要があったので、売却するときにはすでに支払ったお金の分は関係なく、物件の総合的な価値で売却価格を決めることができました。おかげで売却価格からローンの分を差し引いた分が私の利益として残ることになりました。

業者への支払いを済ませても200万円くらいは残る結果になったので、しばらくの生活で困ることはありませんでした。ほぼ新築に近い状態だったのがラッキーだったようでした。

家を建ててからの時間が長いとそれだけ価値が下がってしまうということだったので、早めに判断できてよかったと思います。また、そうなってしまったときにもうろたえずにすぐに妻に相談できたおかげで、妻にも見放されずに済みました。

マンションの暮らしでは身の丈に合った家賃なので、それまでよりもほしかったものが自由に買える生活ができて満足できています。

家を手放すために欠かせないこと

資金はしっかり回収しよう

それまで住んでいた家を手放す場合には、家具などの撤去やクリーニングもしなければいけませんが、売却をするための業者選びやその家を宣伝するためのチラシなども作成したほうが良いです。

いかなる理由で家を手放す場合にも、ちょっとした手抜きをするだけでかなりトラブルになることもあります。手続きで遅れが出てしまったり、書類が足りなかったりすればそれだけ買い手にも迷惑がかかります。

クリーニング業者もしっかり信頼できる所を選ばなければ余計に家の中に傷ができることもあります。

売却前にしっかり内部を写真などで傷がないかどうかチェックしておき、業者に任せてクリーニングや見学をした後に傷が増えていないかどうかもしっかりチェックしておきましょう。

売却に成功すれば余裕も大きく残る

家の売却がうまくいけばそれだけ自由に使える資金も確保しやすくなります。すでにローンの支払いが終わっていたならば、資産として家を売却するのですから、その分の価値に見合ったお金を手に入れることができます。

もし、2000万円で売却できても、業者を頼っていればその業者にいくらか報酬を支払って、手取り金額は下がってしまいます。

また、クリーニングや書類の作成手数料、修繕費用なども合計して減っていくので、最終的に100万円程度は費用が掛かると思った方が無難です。

家の売却は負担も大きくなりますが、素人が業者に頼らないわけにはいかないので、業者への報酬の支払いはできるだけ抑えられるようにし、お金がかかる場合もその分しっかり働いてもらえるような業者を決めてください。

新しい生活でも役立つ資金になる

家を手放した後に新しくマンションや家に引っ越す場合には、その場所でも賃料や生活費に売却で得られたお金を使えます。

また、新たにお金を支払っていくとなるとその負担も非常に大きくなりますが、手放した家から得られた資金を利用すれば、お金のやりくりも効率的です。金額も1000万円を超える規模になるので、しっかり工夫すればかなり贅沢できるはずです。

少し古めの部屋に引っ越しをする場合には、駅から離れるごとに金額が下がっていくので、安ければなかなかにきれいなマンションも300万円程度で購入できる場合があります。

地方へ引っ越して静かに暮らしたい場合などは特に家を売却して得られた資金でも余裕ができます。それだけ高く売却してもらえるように、良い業者を見つけられるようにしてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま