aaa

築20年の一戸建てを売却する時の工夫

築20年の家をライフスタイルと合わせて提案(女性/50代)

私が持っていた家は築年数が20年と少し長めだったので、高く売却するには工夫が必要でした。とにかく大切だったのが古くなっている家をどうしたら高く買って満足してもらえるかということでした。私が買ったときには2200万円で、査定の結果は1500万円でした。

そのため、1800万円くらいの価格では売却したいと思って研究したのが中古物件の価格とそれを購入する人の年齢層でした。

多くの場合、家を汚してしまうのが嫌だという方や少しでも以前より良い生活をしたいという方が中古の一戸建てを購入するようだったので、提案するのはライフスタイルにしようと思いました。

特に、私の家では多少傷が床についてしまっていたのですが、新築の家に比べると人が住んでいたからこそ感じられる温かみもありました。子供を育てた後の背比べの跡などもそのままにして、雰囲気も日航が多く差し込む温かい雰囲気の家として販売し始めました。

そういったプランがかなり受け入れられて、価格も新築より安く、それほど汚くなっていないという意見もいただけて無事に売却に成功しました。

家のコンセプトやライフスタイルの提案の仕方によって、そういった暮らし方を求めている方が見学に来てくれるということがよくわかりました。

20年たっている家もしっかり売却できた(男性/30代)

私が家を売ることになったのは、住んでも仕方がないという家ができてしまったからで、いわゆる遺産として残されたものでした。

すでに築20年という親が私たち子どもの子育て後に移り住んだ家で、すでに生活があった私たちはその家を売却して適した方々に利用してもらおうと考えました。家はかなりきれいに使用されていたようで、20年たっているにしてはあまり傷は目立たない状態でした。

修繕費用に20万円ほどかけてきれいにして、売却価格は1700万円にできました。業者に任せるほど急いでもいなかったので、ひとまずは自分たちで売却を進めていくことになりました。宣伝は主にインターネットを活用していき、のんびりと進めていきました。

約1年くらいしてから見学希望者も増えてきて、具体的な話も増えてきました。1年半くらい経つと前から気になっていたという方も出てきてくれて、そのうち契約したい方も出てきてくれました。

私たちにはローンを組んでもらうというような支払い方法ができなかったので、かなり支払い方法は面倒になってしまいましたが、買い手の方が銀行に話をつけて家を購入するような形で支払いをしてもらいました。

長年住んだ家でしたが、修繕をしっかりしたおかげで負担を減らせて、かなり良い取引ができました。

リフォームしてから売却して成功できた(女性/40代)

私が所有していた一戸建ては築23年ほど経過しており、売却するときにはかなり安くなってしまうのではないかと思っていました。しかし、実際には価格はあまり下げずに取引することができました。

特に売却前にリフォームをしておいたのが良かったようでした。少しでもきれいにして、次に住む人が気持ちよく利用できるように壁紙や床の材質を新品に交換しました。

そのおかげで売却価格も修繕費用以上に高くすることができ、負担を大幅に減らすことができました。最初のリフォーム前の価格が1400万円でしたが、約100万円の費用で修繕して、最終的に1800万円で売却することができました。

それだけ利益が出せれば結果的には十分と言えるでしょう。見た目も最初に購入した時にかなり最新の状態にしていたので、ほかの家に見劣りすることなく生活できているようです。

庭や小さいながらも駐車場もついていたので、一般家庭が生活するにはあまり困ることはなかったのもよかったポイントかもしれません。

築年数が長くても一戸建ては売れる

一戸建ては家族向けに売却するとよい

築年数の長い物件も価格さえ下げれば売れないことはありません。しかし、近年の住宅の価格低下に伴って、相当価格を下げなければいけない場合もあるので敷地面積ができるだけ広い一戸建ての場合に限って売却の可能性も高いと考えておきましょう。

中古物件の場合、最初に買った時の価格の半額近くまで価格を下げても売れない場合があり、2000万円で買った家も1000万円で売らなければいけないこともあります。

それに対して新築物件が今では1000万円から1500万円程度でも買えてしまうので、新たに家に住む人にとっては新築も中古も価格が変わらないわけです。

リノベーションなどに興味のある方でない限り、なかなか購入することができないので価格についてはしっかり検討しておくと良いです。

築20年の家でもほしがる人は多い

築年数は長くなればそれだけ価格は下がってしまうものですが、築20年くらいならばまだ希望は十分あります。中には築年数が40年を超える家もありますが、柱さえしっかりしていればリフォームなどをして理想的な家にできるため、そのリフォームを期待して家を買う方も多いです。

一から家を作るとお金も高くなりますが、すでにある家を作り替えるだけならばそこまで負担はないです。

近年は贅沢な暮らしよりは落ち着いた暮らしを求める人が多く、リノベーションやリフォームなど、個性的な自分だけの空間を作り出したい人が多くなっているので、売却時にリフォームの可否も併せて伝えられれば買い手はさらに増やすことができます。

築年数20年ほどならば耐震に関してもそこまで心配はないとされるため、業者にとっても売却しやすい物件になるはずです。

価格が下がってしまうのは覚悟のうえで売却

築年数が長くなっている場合には、高く売るよりは安くてもしっかり売却ができることを優先に考えていくと良いです。

2000万円で買った家も全く売れずに残ってしまうよりは1000万円より安い金額でも現金に換えられることの方が大切なので業者とも相談しながら価格を決めていきましょう。複数の業者に査定を出して、少しでも高く売却できそうなところを見つけておくことも大切です。

一般の方に買ってもらえない場合には、まずは不動産業者に買い取ってもらうこともできるので、個人に売るか、業者に売るかの選択も考慮しましょう。

業者に売却する場合には価格も交渉で下げられてしまう可能性もありますが、資金に余裕のある業者ならば買い取りはしてくれます。一定の妥協点も考えておいて、無駄な取引にはならないようにしていってください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま