aaa

一戸建ての売却で頼れる専門の業者と選び方

一戸建てを専門業者に頼って売却しました(男性/30代)

少し駅から離れた場所に建てて住んでいた一戸建てから引越しをして親子で二世帯住宅に住むことになったため、それまで住んでいてローンも支払っていた家を売却して、新しい生活をすることになりました。

私の家族は満足してくれましたが、問題は家の売却でした。新しい二世帯住宅は親が購入してくれるということだったのですが、すでに買っていた家があったため、ローンの支払いや売却の仕方などもかなり苦労しました。

子供が傷をつけているところもあったので、どれほど安くなってしまうかわかりませんでしたが、業者に頼って相談してみると意外と魅力的な価格に設定してくれました。私自身で色々やる手間を省きたかったので、まずはその業者に売却してしまうことにしました。

相談役として不動産のことにも詳しい弁護士に一応ついてもらって手続きを進めたので、業者の方もしっかり対応してくれました。書類のことや家の扱いなどもしっかりと手続きすることができ、おそらく双方にとって損のない取引ができたと思います。

家をプロと一緒に売却して成功だった(女性/50代)

一戸建ての売却業者を頼ったのは、家の売却をしたことがなかったからで、宣伝や書類の用意などわからないことだらけだったためでした。

法的な問題などを起こすのも税金でトラブルになるのも嫌だったので、しっかりと業者に頼りつつも法的な専門家と税金の専門家にも意見をもらっていました。

だいたい依頼した業者のやり方は問題ありませんでしたが、書類のことや税金のことについてはやはり弁護士や税理士のほうが詳しいこともあり、業者からは教えてもらわなかったことについても対策をすることができました。

節税対策やちょっとした制度に関する情報は税理士の方から教えてもらって業者に相談し、そのように手続きしてもらえました。

また、売却に関する法律についてもこちら側から申請するとしっかり対処してくれる可能性があった報酬金額についてもある程度手続きが進んでいったところで弁護士と一緒に話をして節約することができました。

業者の方々もしっかり手続きをしてくれて、私自身は多くのプロに囲まれて作業が進められて安心でした。

業者への支払いが少し減らせた分を弁護士と税理士への支払いに充てられたので、総合的には出費に変わりはありませんでしたが、少しでも私にとって有利な手続きができたと思っています。

一戸建ての売却には宣伝が大切(男性/40代)

私が行った一戸建て売却では手続き関係は用意するのが苦ではなかったので、とにかくスピーディに売却できるように宣伝に力を入れました。広告をする地域やチラシの枚数も多めに設定して大々的に知らせていったので売れるまでも非常に速かったと思います。

特に、チラシの作り方やコンセプトまで記載できたのは効果がありそうだと感じたことの一つでした。なにより、一戸建ての売却では時間がかかってしまうだけでも価値が落ちる可能性があったので早めに売却が決まるように心がけました。

業者の方の協力のおかげで支払う手数料は同じままで早めに売却を決めることができました。途中何度か見学や相談もあったようでしたが、業者の方がしっかり対応してくれたので助かりました。

あまりにも不安なこともなく、事前に説明もしっかりしてくれたのでとても頼りにできました。心配だった業者への報酬金額も見積もりの時と同じ金額で請求されたので、終始何も問題ありませんでした。

業者を選ぶときにインターネット上の情報と口コミも参考にしたのが正解だったと感じています。悪い業者だと、費用ばかりが多くかかって請求されてしまうこともあるようなので、慎重に業者を選べてよかったです。

一戸建てを業者に任せても売れる

宣伝もしっかりやってもらえる

一戸建ての売却は専門の業者に任せてしまうと宣伝も細かい手続きに関しても相当の部分頼ることができます。特に不動産業者が加入している全国ネットワークに登録してもらえるので、一戸建てを探している方が自ら検索して見つけてくれるようになります。

個人で売却をしていくとなるとこの宣伝もお金をかけてやっていくことになりますが、業者に任せればそのネットワークのおかげで理想的なマッチングもできます。

チラシの作成と配布などはやってくれるところとそうでないところがあるので、依頼するときにしっかり相談しておくと良いです。インターネット上での宣伝広告はとても効果が大きいので確実に頼れるようにしておきましょう。

手取りが減っても売れないよりは良い

一戸建ての物件を売却する場合、売れない場合も考えて対策をとっておきましょう。特に中古物件の場合は買い手がつかないことも多いです。

新築物件でも1500万円ほどで買えてしまう時代なのでどうしても売れないときには業者に売却して少しでもお金を手に入れた方が良いです。

一戸建てならば業者の力でリフォームやリノベーションをするとしっかり売却できる場合がありますが、売却時にそこまで投資をするのは個人には難しいです。

購入した時の価格より金額が減ってしまっても売れないよりは良いので、業者選びをするときには先にあちこちから査定を出してもらって、万が一に備え、買い取ってもらっても心配ない価格を提示してくれたところに依頼しましょう。

家の売却に必要なことも教えてくれる

サービスの良い不動産業者を頼れれば、必要書類や手続きの順番などもしっかり指示してくれます。これらを自分ですべて調べて用意するのは非常に大きな手間になるので、専門家に頼れるように良い業者を選びましょう。

特にコミュニケーションがしっかりとれるところを頼る必要があり、伝達するときに口だけでいうのではなく、紙に残してくれるようならばより信頼できます。

取引においては両者はともに対等なので、業者側はしっかり真摯に対応してくれるかどうかもチェックしておきましょう。エラそうな態度で応対するような場合は、その業者自体の評判も悪いのであまり頼らない方が良いです。

地域の業者を利用するときにはサービスの質もしっかりチェックしておいてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま