aaa

一戸建ての売却で失敗しないためのポイント

一戸建ての売却がうまくいったコツ(女性/50代)

私が一戸建ての売却でうまくいったのは、おそらくコンセプトを重視した告知ができたからだと思っています。業者にも協力してもらいながらの手続きだったのですが、私の家はすでに生活もしていた場所で、多少傷や汚れもついてしまっていました。

しかし、家のデザインが少し変わっていて、家の内部は木のぬくもりが感じられるログハウスのようなものになっていました。屋内ではプランター菜園などをしても雰囲気が良く、木の香りも強くする特徴的な家でした。

そのため、自然とともに生きている感覚を得たい方向けに宣伝をしていったところ、買い手も早くついてくれました。IT化やデジタルなどの発展がある一方でナチュラルな雰囲気を好む人も多くおり、一戸建て売却をするときにもその特徴を生かして宣伝してみました。

提案してくれたのは家の中を見た業者のスタッフさんでした。個人ではそこまで考え付きませんでしたが、経験豊富な方にアドバイスがもらえただけでも業者に頼った価値はありました。ほかにも手続きのことや交渉に関しても頼ることができて満足しています。

さらに、防火対策のことも気にかけてくれたので、売却前にしっかり対処することもできました。

専門業者に任せて売却がうまくいった(男性/30代)

私は何でも自分でやってみようとする癖があり、家の売却するときにもまずは自分で手続きや宣伝を進めていきました。しかし、思うように話はまとまらず、見学などもはじめは来てくれたのですが、時間がたつにつれてほとんど集まらなくなってしまいました。

困ってしまったときに一戸建ての売却に強いという専門業者を見つけることができて売却を任せることにしました。

あまりまとめて依頼するのは失礼かと思いましたが、書類の確認や価格設定のことなども頼らせてもらって、物件の紹介もしっかり業者任せで進めてもらいました。そのおかげでしっかり契約もとってくれて無事買い手が見つかりました。

買い手の方は県外に住んでいた方で転勤もあって家を選びたかったということでした。そこまでの人脈は私にはなく、やはり業者の全国規模のマッチングが必要だと感じました。

ちょっとした個人の思いや感覚まではわからないうえ、それぞれの事情や家に対する希望も業者の登録しているネットワークであれば比較的簡単に見つけられるようでした。一戸建ての売却はしっかりと初めからプロに頼ったほうが効率的です。

一戸建て売却に困ってネットで業者を見つけた(女性/40代)

一戸建ての売却をするとき、私は以前見つけてチェックしていたインターネット上にあった業者を利用することにしました。家の売却する可能性はある程度分かっていたので、早めに業者を見つけておいて正解でした。

インターネット上の怪しい業者ではなく、しっかりと近い地域に店舗もあるサービスだったので、事前にお店まで行って話も少し通しておけました。

いざ査定をしてもらったり、手続きを進めていってもらったりしていると費用なども掛かるようでしたが、その都度先に説明をしてくれていたので安心して任せることができました。

やる作業内容と価格を言ってくれたので、自分でできそうなことはしっかり自分でやって手間を減らすことができました。見学や相談などがあった時にもしっかり電話で連絡を入れてくれて、買い手になりそうな人の希望もしっかり伝えてくれました。

色々なことで頼りにできる存在で、安心して任せられる業者でした。家を売るのは初めてでしたが、そのスタッフがいてくれたおかげで特に抵抗もなく売却を終わらせることができました。

しっかりとしたサービス精神のある方がいてくれれば、不安の大きな一戸建ての売却も安心して進めることができます。

一戸建て売却は宣伝が重要

業者に任せると売りやすい

一戸建ての物件は、マンションに比べると売り方も固定されるうえ階層ごとに価格を変える必要もなく比較的簡単に売却できます。しかし買い手がつくかどうかが問題で、しっかりと宣伝やアピールをしていかないと理想的な売却は難しいものです。

個人で挑戦してみるのもよいかもしれませんが、一般的には業者に頼りながら売却していくことで、不動産業者の全国ネットワークは特に魅力的です。家がほしい人と売りたい人をつなぐ業者なのでマッチングについても非常に確かです。

業者に頼ればその分の報酬も発生しますが、個人で宣伝をしようとしても同じくらいの価格がかかってしまうことが多いので、初めから無難に業者を頼っていくことをおすすめします。

一戸建ての売却はネットでもできる

一戸建ての場合は、業者に任せてネットワーク内で少し宣伝を強めてもらうだけでも売却先が決定することもあります。基本的には見学、相談ともに業者側でやってくれるので依頼してしまえば負担はほとんどありません。

報酬をいくらか支払う分売却価格よりも下がってしまいますが、全く売れずに困ってしまうよりはしっかり売れてちょっとでも利益が出た方が良いでしょう。

物件の前に看板を立てたり、チラシを配布したりしなくてもインターネット上でのアピールがしっかりできていればそれだけでも売却できるので、依頼してからしばらくはしっかり様子を見ると良いです。

少なくとも1か月から3か月ほどは様子を見て、それからチラシなどの手段も検討するようにしてください。

家にあった相場を見つけよう

少しでも早く売却したい場合は宣伝も早めに加速したほうが良いですが、価格をしっかり設定しないと買い手も興味を持ってくれません。査定をしっかり複数社に出してからちょうど良い業者に依頼しないと価格で損をする可能性もあります。

依頼する業者にもあちこちに査定を依頼した時の結果を見せれば参考にしてくれる可能性があるので、できるだけチェックしてもらうようにしましょう。

売却価格については業者側である程度工夫も価格交渉対策もしてくれますが、買う側から見て魅力的な金額でなければ相談や見学などを依頼する人も出てきてくれないので、価格設定は特に慎重にやっておくと良いです。

業者に任せるだけでなく、少し個人でSNSを利用して情報拡散をするだけでもその結果は大きく変わってきます。少しでも早く売りたい場合と少しでも高く売りたい場合でとるべき行動には差が出るので気を付けてみてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま