不動産売却体験談

一戸建てを売るのにかかったトータルコスト

この記事をシェア

何度か物件を売ったことがあった私は、一戸建てを売却するときにも業者にかかる費用には気を付けていました。法的な制度の変更で不動産の仲介手数料として請求できる割合が決められているので、それ以上になっていないかどうかはかなり厳重にチェックしていました。

直接家を持っているわけでもないのに無理に高額に請求してくるようだと気分が良くないので、そういった点を理解している業者に絞って売却を任せるようにしました。

そのおかげか、修繕費用やクリーニングも合わせて、2000万円で売れた物件の手数料として100万円支払うだけで済みました。修繕費用は高ければ10万円から30万円とかなり高くなってしまいますが、その業者の方はかなり安くしてくれたようでした。

手数料も売却価格の3%ほどまでは請求して良いことになっているのですが、それよりも安く設定されているような気がします。トータルコストは大体が決まっていますが、相場に合わせた金額でない場合には注意したほうが良いでしょう。

良くない業者に頼ってしまうとせっかくの取引も失敗してしまいます。

この記事をシェア
Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却記事

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま