不動産売却体験談

早く家が売れた時の宣伝の仕方

この記事をシェア

私は最初家を売却するときにできるだけお金がかからないという方法を選んでもらいました。いわゆる業者のサイトや店舗に掲載してもらうだけという形でしたが、それだけではなかなか買い手がつかなかったので困ってしまいました。

そこで、もっと積極的にアプローチできるように依頼し、私自身でもSNSなどで呼びかけていくことにしました。最初はあまり効果は期待できなかったのですが、しばらく続けていると見学希望者も増えてきてだいぶ魅力的な感じになってきました。

早く売らなければいけない理由はありませんでしたが、宣伝の工夫があっただけあって、約2か月で売却も決定しました。想像以上に早く売却できて驚きました。価格も決して安くなったことはなく、私が希望していた通りの金額でした。

中古の物件だったのですが、駐車場がついていたり、庭も少しついていたのでそうしたあたりで価格は満足してもらえたようです。最も効果があったのはどうやらSNSでの拡散だったようで、そこから見かけた方が見学して決めてくれたようでした。

実際、買ってくれた方はそのSNSを見て決めたといっていたので、自分自身での広報活動も欠かせないものです。

この記事をシェア
Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却記事

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま