aaa

引越しと合わせてマンション売却する時のポイント

引越しに合わせてマンションも売却した(男性/40代)

仕事の都合で引越しをすることになった時に、それまで住んでいたマンションも売却してから移動することにしました。少しでも価値を上げられるようにしたかったので、そこから得られていた家賃収入のことも含めて金額に含めた価格で売却をしました。

おかげで期待通りの結果で売却できましたが、専門の業者に頼らなければ2か月ほどでの売却に成功することはなかったと思います。本来はかなり時間がかかってしまいますが、私の場合は売却実績の多い業者さんに依頼したので、利益も十分多くできました。

スピードも申し分なく、書類の用意や手続きのサポートもかなりしっかりとやってもらえました。手数料でかかった金額も総合的に計算すると売却できた金額の4%に近いくらいでしたが、そこまで大きな負担には感じないほど良いサービスでした。

マンションの売却に関する情報も与えてくれて、良い勉強になりました。価格は一般的な価格と同じ程度でしたが、買い手がしっかりついてくれたのが大きかったです。

惜しくも引っ越しをすることになりマンションを売却(女性/20代)

私は頑張って働いたお金でマンションを購入して、家賃収入も結構得られていて満足でした。しかし、30歳になる前になって結婚と引越しが決まって、マンションの運営もその場所の近くでできなくなってしまいました。

そのため、マンションは一次売却することにして少しでも新しい生活になじめるようにしようと思いました。とくにパートナーが私よりも収入が大きかったわけではなかったので、マンションから得ていた収入を知ったらもしかしたらよく思われないかもしれないと思いました。

業者に任せて早めに売却を進めて、まとまった資金も確保できました。得られていた収入はそのままこっそりと貯金して、生活が苦しくなった時に使用していこうと思っていました。

また、もし引越し先で良い物件があったら副業感覚でもマンションやアパート経営ができれば生活のお金の足しにできると思いました。業者に任せたおかげで私がやらなければいけないことは大幅に減らせて、気軽に引っ越しもできました。

必要な書類も引越し前に先に用意できていたのであまり困ることもありませんでした。基本的には業者からの連絡待ちだったので、売れたらその報告と口座への入金がされているような形で売却も終わりました。

離れた場所でも売却手続きを進めてくれるというのはやはり業者の頼れるところでしょう。

マンション売却は業者に頼って安心できた(女性/50代)

年齢も50代ほどになって、マンションの運営で得られたお金も十分になってきたのと、マンションの価値が下がり始めていたので潮時かと判断してマンションを早めに手放すことにしました。

そのマンションは自分自身が住んでいた部屋と、その建物丸ごと一つで、収入はかなりのものでしたが支払いが終わっている方が多かったのでそこまで後半は収入にもなっていませんでした。

しかし、支払いが残っている部屋もあったので、先に部屋だけ売却をしてしまって管理も多少任せてやってもらおうと思いました。残っている支払いについては私が最後まで受け取りますが、管理してもらう分、一部屋の価格は安くして私自身の負担も軽く済ませることになりました。

マンションの部屋は子育ても落ち着いてきている家族で、防音設備も整っていたその部屋にはぴったりでした。ほかの部屋よりもマンションよりも大幅に安い価格での売却でしたが、管理を石部任せるのが理由だとして理解して満足してもらえました。

実際、やることは特になかった管理業務だったので、無責任なこともありませんでした。効率的に業者のアドバイスももらって手続きができてよかったと思います。

単純にマンションで生活したい方と、マンションを運営して利益を出したい人のそれぞれがいることを理解して売却を進めていくのが成功の秘訣かもしれません。

マンション売却を成功させるためには

引越しでは現地で頼れる業者がいたほうが良い

マンションの売却をしっかり成功させるためには地元業者の協力はとても大切です。引越しもしなければいけないときには、地元の業者を頼っていれば、見学や相談の手間も省いていろいろと任せることができます。

引越し先がマンションから遠い場合にはそれだけ売却する側に負担が大きくなるので少しでも効率的に売却できるようにしましょう。良い業者に任せられれば価格まで合わせて検討してくれて、結局はトータルコストも安く済む場合が多いです。

マンションの場合は、立地が十分魅力的な物件が多いので、入居希望者はすぐに見つかることが多いです。価格交渉も専門業者ならば効果的にやってくれるので、売却する側の希望する金額でしっかり売却してくれるはずです。

売却は予定通りにはいかない

マンション売却は必ずしも思い通りにいくとは限りません。売却までに時間がかかってしまうことも多く、希望通りの価格で売れないこともあります。少しでも希望に近づけて売却するためには、しっかりっプロの業者を頼れるようにしましょう。

業者に任せておけば宣伝も価格交渉もうまくやってもらえますが、個人では難しいところです。売却を決意した時に、いくつかの業者に査定を出して最も高く買い取ってくれそうなところに任せた方が売却価格も高くできます。

時には、お店のサービスの質で選ぶのも良いですが、価格重視にする場合には判断基準も変わってきます。臨機応変に売却に対応できるように、業者選びも計画的に行ってください。

引越し後に距離が離れる場合は要注意

引越しをした後にマンションから離れる場合は、信頼できる業者に任せる必要があります。見学や物件の相談を受けているときに部屋の中に傷をつけられてしまったり、水をこぼされてしまったりすればそれだけ価値が下がることもあります。

クリーニングや修繕も併せてしっかり責任もってやってくれる業者に任せてください。

クリーニングが終わった時点で持ち主自身でしっかりチェックをしに戻ることも大切で、マンションを高く売却するためには少しでも責任もって買い手に引き渡せるようにした方だ良いです。

業者によっては交渉がうまくいかずに十分努力していない段階で売却を決めてしまうこともあります。依頼するときにはいくらで売却してほしいのかしっかり伝達しておきましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま