aaa

一戸建ての売却で、不動産業者に支払う手数料は下げられることもある

一戸建てを売却するのにいくらか手数料がかかった(女性/50代)

私が初めて家を売却した時には、いくらか売却に費用が必要でした。ものすごく高かったわけではないですが、売却価格のうちのだいたい3%程度が仲介手数料などでかかるといわれました。

そこに、修繕やクリーニング費用がかかってしまい、費用は合計で100万円ほどしました。売却価格が1800万円だったので、妥当な価格ですが、やはりこうした費用もできるだけ節約できたほうが自分にとって大きなメリットになります。

私の場合は、自身で手続きをした場合にかかる費用も計算していたので、十分な金額だと思いました。家を売却するために清掃やクリーニングをするのは当然としても宣伝や広報などもしていくとなると業者に頼るよりもお金がかかる計算になりました。

中でも特にコストを下げて利用できる業者を見つけられたのでとてもラッキーでした。費用に関しては無視できる金額ではないので物件の売却で利益を出したいならば50万円でも100万円でも手数料を下げられるようにしましょう。

時には手数料だけでも100万円を超えてしまうこともあるので、割合でいえば低くても金額で把握して業者選びをしていきましょう。

家を売却するのに業者のプロを頼って成功した(男性/30代)

一戸建て売却の時に注意したのはその業者に依頼する費用とそのほかの手数料でした。不動産の取引では仲介手数料が入るとかなりの負担になってしまうので、最初からかなり慎重に業者を選んでいました。

特に、書類の用意や自分自身で用意しなければいけないものに関してはできるだけ頼らずに自分で確保できるようにしました。また、交渉についてもかなり自分で行動したので、業者にやってもらったことはかなり減らせました。

おかげで、自分でできないところだけを頼ることができたので、手数料の交渉もこちらに有利な条件で行うこともできました。一戸建てともなれば売却価格は1000万円や2000万円という金額になるので、3%程度の報酬でも50万円を超えてくる支払いになります。

大きなお金が動くからと言って数万円単位での負担も甘く見ていると後で苦労してしまうので注意が必要です。少しでもプロの業者を頼れればどんなにちょっとしたことでもしっかりと対応してもらえます。

業者を見つける時には妥協せずに経験豊富で柔軟に対応できるところを頼るようにしましょう。

一戸建ての運用も教えてもらえた業者と一緒に売却(女性/40代)

私が利用した業者はかなり頼れる存在でした。一般的には業者選びをきちんとしないと損をするといわれていましたが、私の場合は手数料は必要な対価として支払ってもよいと思っていました。

一戸建ての売却を任せる時にもしっかり支払う費用や報酬を話し合っていたのと、その後に同じ業者から物件を購入する予定だったので余計に良くしてもらえたのかもしれません。一戸建ての売却価格は約2300万円でした。

庭も広くて駐車場もあり、珍しい3階建てだったのに加えて倉庫も小さいながらもついているようなところだったので価格はかなり高めになりました。手数料は大体3.5%くらいでしたが、そこまで高いとは思いませんでした。

書類のことやそのほかの手続きについても大体まとめてやってくれて、細かい計算ではなく大雑把に計算した結果で出してくれました。負担はほとんどなく、次の物件を買うにも2000万円ほど支払っても少しお金が残りました。

その時に購入したマンションも家賃収入がある物件で、業者の方にも数%だけ利益が入るようになっていました。

それでも私にとってはプラスだったので、何かあった場合の責任もその金額だけでとってくれるというのであれば任せていたほうが良いという判断になりました。業者も工夫して考慮しながら頼っていけば損があるわけではないはずです。

一戸建ての売却費用とその相場

宣伝をしっかりすれば売却できる

一戸建てを確実に売却するためには、インターネットや不動産ネットワークなどを活用することも大事です。チラシやパンフレットのポスティングだけでは十分な効果は出ず、物件のそばに看板を立てておくのもあまり効果は期待できません。

多くの場合、一戸建てを探している人はインターネットをチェックして家探しをするので、そこに情報がなければせっかくのチャンスを無駄にしてしまうことになります。

まずは不動産のネットワークやネット上の紹介サービスなどを利用して見つけてもらえる状態にしましょう。登録する時点で価格や物件の写真、間取りなども充実させておくと、相談や見学などを希望する反応率は大幅に上げられます。

早く売却したいときには一戸建ての情報についても十分集めて公開しておくと良いです。

インターネットも活用すると効果的

単純に不動産のネットワークを利用するだけでは新築物件に隠れてしまってなかなか物件を見つけてもらえません。サービスによっては日本全国の情報を掲載しているのでよほど安いか、お金をかけて上位表示してもらえるようにしないと多くの人の目にはつかないです。

それぞれのページにはSNSへの投稿リンクやサイトのURLが記載されるため、それらを使って個人であちこちのSNSでブログ感覚で宣伝していくような地道な努力もしてみると良いでしょう。

知人や友人に紹介してもらうというのもよい方法なので、可能な限り積極的なアピールをしていってください。業者によってはそうしたサービスにもお金がかかるので、しっかり予算の確認をしましょう。

ライフスタイルの提案をするのも大切

チラシなどをポスティングする場合には、多くの人が求めているような生活スタイルやコンセプトを、その一戸建てに沿う形で提案すると良いです。部屋の中に畳の部屋が多いようならば輪の空間を楽しむこともできる家としてアピールするとより効果があります。

庭が広い場合には自宅でBBQもできるアピールや庭で子供やペットが遊べるということを伝えられれば入居者もイメージをしやすく、人が集まりやすくなります。

そのときには一戸建てのイメージがかなり強く残るので、ある程度時間がたっても覚えていてくれる場合もあります。チラシを作成する場合にも、しっかり集客できるように工夫しておくと良いです。

チラシでも、インターネットでの宣伝でも日ごろからそうした宣伝に慣れている方や業者を利用したほうが効果は大きくなります。宣伝費用なども業者への依頼費用に含まれることがあるので、しっかり確認してから依頼すると良いです。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま