aaa

仕事の転勤で、急遽マンション売却が決まった人たちの売却体験談

転勤で所有していたマンションを売った(男性/30代)

私は営業を主に仕事にしていたので、転勤も多いといわれていましたが、結婚してからは転勤はできるだけしなくても済むようにしてもらっていました。

何より妻がその地に住んでいたいということだったのでマンションも購入して住んでいましたが、ある時会社からかなり魅力的な仕事の提案があり、月収も1.5倍になるというチャンスをもらいました。

それまでしっかり成績を出してきていたので、それが認められたのだと思います。その話を家族にすると意外とすんなり理解してくれてマンションは転勤した後に売却することになりました。

ちょうど子供も保育園に上がるかどうかというところだったので、タイミングとしては完璧でした。先に転勤をしなければいけなかったので売却に関係する手続きや交渉は業者の方に多くを任せました。

手数料は少し高い業者でしたが、しっかりとした価格で売却してくれたので、満足しています。間取りやお部屋の状態、アクセスや立地、さらに、その後の物件の価値までを話に盛り込んで交渉してくれていたようで、私自身では絶対にできないような売り込みもしてくれていました。

転勤はスムーズに進みましたが、売却が終わるまでには半年ほどかかってしまいました。お金は十分得られたので負担は感じませんでしたが、もう少し早く売却できたらよかったと思います。

転勤に合わせてマンションを売却(女性/50代)

私はずっと独身で仕事一筋でやってきましたが、転勤があるということで月収もアップさせられるということだったので転勤を受け入れました。マンションはかなり快適でしたが、引越ししてからもかなり楽しめそうだったので売却業者に任せて早めに売れるようにしてもらいました。

マンションの売却はしたことはなかったのですが、それまで何度かマンションを売買しながら赤字にはならないようにしてきたので今回も同じようにできました。家賃を支払いながら暮らすよりは、マンションを買ってしまって生活するほうが収入も得られてよい部屋に住めます。

そんな自由な生活ができたのも仕事一筋で仕事をしてきたからでした。収入に合わせた価格のマンションを購入できてかなり大きな利益が出せました。マンションの売却は仕事も忙しかったので、業者に頼って行うことにしました。

手続きについては自分で用意する書類位をしただけで、それ以外は業者の方がほとんどやってくれました。

個人的には非常に助かりましたが、書類関係は本当に量が多く、以前より面倒に感じました。年齢的にもこれ以上厳しい環境になることはないと思い、できるだけ高く売却して長く住んでいけるような家を選びました。

業者も頼ってマンション売却(男性/40代)

転勤をしなければいけなかったときに、それまで買って住んでいたマンションも売却してしまうことにしました。個人で売却するのに自信がなかったので、専門業者に頼って売っていくことにしました。

マンション売却ではあまり時間はかけずに、早く新しい生活に慣れる必要があったので、業者の方にも理解してもらって少しでも安心して生活できるようにしました。

引越し先はそこまで遠くはありませんでしたが、売却が終わるまではお金の面で余裕がなかったので少しきつい生活でした。最終的に2か月くらいで売却が決定し、3か月目からは十分余裕のある暮らしができました。

もちろん貯金もあったので切り崩しながらでしたが、あまり減らしたくはなかったので業者の方が売却を急いでくれて助かりました。本来は1年かかってしまう場合もあるようなので、3か月で売却が終わったのはかなり早いほうのようでした。

マンションはきれいに使っていたこともあって、十分魅力的な金額で売却することができました。駐車場が充実していたこともあって、買い手の方を納得させるのも簡単だったようでした。

アクセスの良さもマンション運営では大切だと思って選んでいたのが良かったポイントでした。

転勤に合わせたマンション売却

業者を頼れば転勤に間に合わなくても売れる

転勤をすることになってマンションを売却する場合、部屋が思い通りに売れないとその後の手続きなどが非常に難しくなってしまいます。

転勤は主に仕事の事情なので、引越しが完了するのを待ってくれるかどうかは難しく、引越し先が先に決まって、売却が終わらない場合も多いです。そうした場合には、専門業者を頼っていればトラブルは回避することができます。

お部屋の見学や相談・交渉、部屋のクリーニングなどもすべて業者に任せることができれば住む地域が変わってしまっても売却されるまでの間しっかりと運営してくれます。

売却できた価格の大体3%ほどとクリーニング代などを報酬として支払うことになりますが、自分で大変な思いをして売却をするよりは良いでしょう。

思い通りに売れないこともある

個人で売却に挑戦して売れることもありますが、そうでない場合はすぐに業者に相談することをおすすめします。個人でチラシなどを作って宣伝するのもよいかもしれませんが、コストの問題で宣伝範囲を大きくできないので結果がすぐに出るかどうかは運次第になります。

友人や親戚、職場の人を頼ってみるのもよいかもしれませんが、必ず思い通りに売れるとは限らないので業者に任せることも視野に入れて、良い価格で買い取ってくれたり、少しでも報酬割合の少ない良いサービスのある業者を頼れるようにリサーチもしておくと良いです。

地域の不動産業者だけでなく、インターネット上にも業者はあるので、できるだけ多くの業者に無料査定を出しておくと金額の相場も大体見当がつくはずです。

業者と一緒に進めて売却の手間を省こう

転勤が決まった時に最初から売却業者に頼ってしまうのもお勧めの方法です。書類の用意で時間がかかることを考えれば少しでも早く業者に売却作業を預けられるようにすると個人でしなければいけないことはかなり減ってきます。

引っ越し準備や仕事のことでも大変になるので、売却が必要ならばすぐに良い業者を探し始めてください。査定をするだけでは金額くらいしかわかりませんが、業者ごとに違う報酬やサービス内容まで合わせてチェックしてトータルコストもしっかり把握しましょう。

最もコストがかからず、高く売れるところを選べば利益も高くできます。

1500万円で買ってくれて報酬が200万円かかるところと1400万円で買ってくれて報酬が50万円で済むところでは後者の方が手取りの金額は大きくできる可能性が大きいので十分注意して比較してください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま