土地・中古住宅の売買

土地と中古住宅(築30年木造瓦葺平屋)を売却することになり、代金は総額で1,000万円で合意しています。1,000万円の内訳については、別段取り決めがないのですが、契約書を取り交わすにあたり、内訳も決めて記載しておいた方がいいのでしょうか?

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

売主、買主が事業者ではなく、税務上の必要性が無いのであれば内訳を記載する必要性はないと考えます。売主が課税業者の場合は、土地は非課税、建物は課税されるので、消費税計算のために内訳を記載します。

買主が収益など事業用として物件を購入する場合、減価償却資産である建物の減価償却費を算出するために内訳を記載することがあります。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で手付金を受け取ったら契約解除はできない?

    相続したマンションを売りに出して買い手が見つかったのですが、こちらの都合無視で勝手にどんどん話を進められます。不快な思いをするなら、契約を解除したいのですが、手付金をもらった段階で、契約を止めるか売値を変更することはできますか?

  • 不動産業者の買取で支払い前に登記識別情報のコピーを要求された

    区分マンションの収支が悪いので売却しようと思い、不動産業者と媒介契約を結んでいます。しかし半年ほど経っても買い手は見つかりません。 媒介契約が切れたタイミングで、不動産業者から買い取らせてもらえないか、との電話がありました。金額も媒介契約

  • 売買契約書に手続きしてしまった場合、取り下げできない?

    現在、不動産会社にマンションの売却をお願いしています。ただ賃貸にしようかとも考え始めたので、できれば売却を取り下げたいのですが、「買いたいというお客さんがいるのでその人だけは見せてあげてほしい。」と言われて、売買契約書に手続きをしてしまいま

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...