不動産売却の準備 - 不動産売却に必要な書類

【不動産売却に必要な書類】権利証、売買契約書など

不動産を売るには必要な書類があります。必要になるタイミングはそれぞれですが、不動産会社に行く前に一通り揃えておくほうがスムーズに進みます。

不動産を売却するときは多額の金額が動き、売り手と買い手がそれぞれ法律に沿った手続きを行う必要があるため、多くの書類を用意する必要があります。

不動産売却に必要な書類リスト

用意するものは

  1. 登記済権利証
  2. 売買契約書
  3. ローン残高証明書
  4. 土地測量図面または境界確認書
  5. 建築確認通知書または検査済証
  6. 固定資産税納付書または固定資産税評価証明書
  7. 建築設計図または工事記録書
  8. 耐震診断報告書
  9. 管理規約書または使用細則

の9種類となりますが、不動産の種類や状況によって異なります。

登記済権利証

登記済権利証は権利証とも呼ばれ、これがなければ売買は成立することがないと言われるくらい重要なものです。法務局から対象の物件を所有した登記名義人に交付されるもので、所有していることで対象物件の正当な所有者である証明書の役割を果たします。物件を売却して代金を受け取る時に所有権を移動することになります。

不動産の売買契約書

売買契約書は売り手と買い手がそれぞれ取引に合意したことを証明したもので、一般的に不動産会社が用意してくれた用紙に署名や捺印をすることになります。必須事項が数カ所あるため、あらかじめ確認しておくことが取引をスムーズに進めるポイントでもあります。確認しておきたいこととして、契約年月日、取引期日、売買代金、手付金、売買する土地の情報、売買する建物に関しての情報があります。

土地の所在地は正確な記載が必要になるため登記簿謄本を参照するようにしましょう。マンションの場合は一戸建てと比べ物件の表示が異なるので、記載するときはよく注意して記載するようにしましょう。

ローン残高証明書

ローン残高証明書は売り手がローンの返済中の場合使用します。

土地測量図面

土地測量図面は一戸建てや土地の売買時に使用されるもので、購入後に買い手がトラブルに巻き込まれないために土地のどの部分を売るのか明確にしたものになります。対象の物件の境界があいまいな場合は、隣接した全ての土地所有者に了承を得て測量図を作成することになるので、余裕を持って確認しておくようにしましょう。

建築確認通知書

建築確認通知書も一戸建てや土地の売買で使用されるもので、建築基準法に基づいているかを証明するものです。こちらもトラブルを避けるために買い手に渡すようにしましょう。

固定資産税納付書

固定資産税納付書が税金をきちんと払っていたかの確認と、登記を行うときにかかる税金を確認するために使用されます。

建築設計図

建築設計図は一戸建てや土地の売買で使用され、すぐには使うことはあまりありませんがリフォームを考えたときにどのように設計されているのか確認するときに使われるので用意しておきましょう。

耐震診断報告書

耐震診断報告書は近年地震が頻発していることから注目を集めている項目でもあります。物件が古い場合、使う確率が高くなります。

管理規約書

管理規約書はマンションの売買で使用され、細かい規約がある場合が多いでの買い手に必要な情報となるため、なるべく早めに相手に渡すようにしましょう。

上記のものは必ずしも必要という物ではない場合もありますが、トラブルを避けるためにもできる限り用意するようにしましょう。


関連する不動産売却の相談

  • マンションの権利書がないと、売却に支障は出る?

    売る予定のマンションの権利書を両親に預けており、売却を反対されています。100%自分名義なので(ローンもすでになし)権利書なしでも売却に問題はないと思うのですが、不動産業者にそう言ったら、「差し押さえられる可能性がある」とのこと。手元にない

  • 不動産登記をして、結婚後に名前が代わったら変更届を出すべき?

    結婚前に購入したマンションの不動産登記について。マンションは数年前に購入し、旧姓にて登記簿登録。その際の実印は旧姓(姓のみ)。その後、戸籍上の名を改名。そして結婚。 要は今の名前は婚前と姓も名も違います。不動産登記、このまま放置しておいて

  • 買取業者の内見に必要な書類はありますか?

    分譲マンションから戸建てに住み替えようかと思い、マンションの買取業者にとりあえず内見と見積もりを数社依頼しました。初めての顔合わせ時、内見でこちらが提示するべきものは部屋以外に何が必要でしょうか?登記簿等の大事な書類も渡す必要があるのでしょ

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料