aaa
マンション売却契約時の必要書類と提出するタイミング

マンション売却契約時の必要書類と提出するタイミング

マンション売却契約時の必要書類は多岐にわたりますが、最初から全て準備する必要はありません。不動産会社に物件の査定を依頼する時は本人の証明ができればOKです。査定時に必要書類を担当者から伝えられますので、早めに準備しておきましょう。紛失すると再発行に時間が掛かる書類もあるので、事前にチェックしておくのがベストです。

マンション売却の必要書類は自分で集めるのが基本です。まず必要となるの必要書類は建物の購入時に受け取った、売買契約書・登記済証・領収書です。このファイルが見つかれば準備しておきたい資料のほとんどがあります。ただ仲介を依頼した不動産業者に行く前に必要書類を全て揃える必要はありません。マンションの売却を開始してから、もしくは不動産会社へ相談した後でも必要書類は間に合いますが、いずれ取引で提出するので必要書類をどこで揃えるかだけでも基礎知識として覚えておきましょう。

マンション売却の必要書類の準備

マンション売却の売買契約書

マンション売却の必要書類~身分証明書

用途マンション売却の本人確認
必要書類運転免許証・写真付住民基本台帳カード・マイナンバーカードなど
いつ媒介契約・売買契約・物件引き渡し
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~権利証

用途不動産会社がマンションの所有者を確認
必要書類登記済権利証・登記識別情報・登記簿謄本の写し提示でも可
いつ媒介契約・売買契約・物件引渡し・売り渡し
誰に不動産会社・司法書士

マンション売却の必要書類~売買契約書

用途マンション概要価格・重要事項作成・不動産取得税の算出
必要書類売却された当時の売買契約書
いつ媒介契約
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~固定資産税納税通知書・固定資産税評価証明書

用途マンションの固定資産税の精算
必要書類都道府県税事務所からの最新通知
いつ売買契約
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~マンション維持管理関連書類

入手マンションの管理組合
用途管理費や設備費、町内会費(毎月の負担費用算出)などの必要経費の算出・買主に提示
必要書類長期修繕計画書・積立金状況報告書など
いつ売買契約
誰に不動産会社
マンション管理組合

マンション売却の必要書類~マンション管理規約と細則

用途マンション入居者の義務の説明
必要書類ペットや駐車場などの関連規定
いつ売買契約
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~耐震診断報告書・アスベスト使用調査報告書

入手マンションの管理組合
用途買い主への告知
必要書類過去の調査報告書・建設時データ・アスベスト調査報告書
いつ売買契約
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~住宅ローン返済表

入手銀行
用途未返済額確認とローン設定や抵当権抹消登記
いつ住宅ローン審査
誰に不動産会社

マンション売却の必要書類~住宅ローン予備審査結果

住宅ローン審査
入手銀行
用途住み替え先の住宅ローン加入
いつ売買契約
誰に不動産会社

マンション売却の契約時までに、住み替えをする場合は銀行に住宅ローン審査を申し込んでおくことが大切です。住宅ローンの本審査は売買契約書を提示して申し込みます。マンションを売却して引渡しをする1ヶ月以上前までに、住宅ローンの本審査に通ることが必要とされます。

マンション売却で欲しい書類

マンション売却に必須な書類ではありませんが、用意しておくと売却がスムーズに進みやすい書類を紹介します。

パンフレットやチラシ

用途広告・レインズ登録
いつ媒介契約
誰に不動産会社

レインズには売り出されている不動産が登録されます。

マンション相場データ

入手自分で調査
用途売却価格の設定
必要書類鑑定評価や売出し履歴
いつ媒介契約
誰に不動産会社

マンション売却の書類以外

印紙代

用途売買契約書に貼付
いつ売買契約
誰に不動産会社

目安は5000円~10000円

印鑑

入手市役所など(印鑑証明書)
内容実印・印鑑証明書(3ヶ月未満)
いつ売買契約・物件引渡し
誰に不動産会社

マンション売却に必要な登記済証の紛失

登記権利証

もしマンション売却に必要な書類を紛失してしまった場合、再取得する必要があります。すぐに発行できるものであれば良いのですが条件により再取得に時間がかかるものをご紹介します。特に権利証は紛失しても法律上再発効はできません。代替方法として所有権移転登記を申請することができます。

権利証の再取得

売却するマンションの権利証の書類をなくした時の3つの代替手段があります。いずれも一番大事なマンションと本人の住所確認する方法です。

売却したい本人の確認方法~事前通知制度

登記官が事前通知という手続きで本人確認して、登記を完了させます。登記申請後に登記所から本人限定郵便で書類が自宅に届きます。この書類に実印を押して登記所に送れば登記所は本人確認が取れたとして所有権移転登記が完了します。

これは本人に全く手数料等の費用が掛からないので、住宅ローンに伴う登記手続きに良く利用されています。

売却したい本人の確認方法~司法書士の作成

司法書士が登記申請時に本人確認情報を提供することで、登記手続きを完了させます。本人であるかどうかは司法書士が本人に面談して確認します。

売却したい本人の確認方法~公証人の認証

公証人でも本人と面接して間違いなく本人であると認証した本人確認情報を登記申請と一緒に提供することでマンションの登記手続きを完了できます。

身分証明書

運転免許証の更新忘れが無いようにしましょう。紛失時は他のマイナンバーなどの証明書でも可能です。

印鑑証明書

再発行は住所のある市区町村の役所などの窓口で可能です。ただ実印の紛失や新規製作では実印の作製に予定より時間がかかるトラブルもあるので注意してください。

これら上記の準備したものはマンションの売買契約締結時、住宅ローンを借り入れする銀行でのマンションの引渡し時、またマンション売却後の納税手続きでも大事な必要書類です。リスト化して大事に保管しておきましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンションの権利書がないと、売却に支障は出る?

    売る予定のマンションの権利書を両親に預けており、売却を反対されています。100%自分名義なので(ローンもすでになし)権利書なしでも売却に問題はないと思うのですが、不動産業者にそう言ったら、「差し押さえられる可能性がある」とのこと。手元にない

  • 不動産登記をして、結婚後に名前が代わったら変更届を出すべき?

    結婚前に購入したマンションの不動産登記について。マンションは数年前に購入し、旧姓にて登記簿登録。その際の実印は旧姓(姓のみ)。その後、戸籍上の名を改名。そして結婚。 要は今の名前は婚前と姓も名も違います。不動産登記、このまま放置しておいて

  • 買取業者の内見に必要な書類はありますか?

    分譲マンションから戸建てに住み替えようかと思い、マンションの買取業者にとりあえず内見と見積もりを数社依頼しました。初めての顔合わせ時、内見でこちらが提示するべきものは部屋以外に何が必要でしょうか?登記簿等の大事な書類も渡す必要があるのでしょ