条件の悪い上物付の土地を売却する方法

上物付の土地の売却について質問です。祖父が亡くなり、家と土地を相続しました。私自身も家を建てるための土地を購入したので、相続した土地を売却したいと思っています。

上物があるので、そのまま売却するのは難しいことは理解しています。ただ解体するお金も厳しいのが現状です。

築35年で、全てが引き戸で使い勝手の悪い家のため、間違いなく売りに出しても買い手はないと思います。日当たりが悪い建て方で、家の中に日光が全く入りません。家の歪みもあります。

こういった上物付きの物件を売却する方法はあるのでしょうか?住宅メーカー等に相談したら、解体費用を差引いた金額で買取を依頼することは出来るのでしょうか?

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

住むには適していない古家が建っており、解体費用が捻出できない場合は、中古戸建ではなく、古家(廃屋)付き土地として売り出すことをお勧めいたします。
売却価格は、大よその解体費用を差し引いた価格で売り出し、解体は買主側に任せると言った売却方法です。

仮に解体費用を捻出できたとしても、売却が決まっていない時点で、古家を解体してしまうことには、次のようなリスクが考えられます。

古家を解体したものの長期に渡って売れない場合や売却を中断した場合は、解体費用を回収することが困難になったり、出来なくなったります。
また、更地にしてしまったことで固定資産税が3〜4倍ハネ上がってしまうことがあります。

確かに解体した方が見栄えも良く、売りやすくなるメリットはありますが、解体した場合のデメリットと比較して、どっちの売り方がご自身に合っているのか、任せている不動産業者とよく相談の上、慎重に決めた方が良いでしょう。

その他、古家付き土地売買で気をつけておくポイントは、重説や売買契約書などに、古家は解体されることを前提とした無価値なもので、売買対価の対象とはならず、あくまでも土地取引であり、建物に関する一切の瑕疵担保責任を売主は負わない旨を明記しておくことです。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

  • 空き家を売却するための解体工事に伴う杭基礎撤去

    空き家を解体して売却する予定です。解体工事で基礎をめくると杭基礎がでてきました。媒介契約を結んでいる不動産の見解は抜くことを進めます抜かないと売却価格も下がるし売却しにくい抜くことによって近隣への影響はまずない抜かずに売却したら後々トラブル

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

関連する売却体験談

宮地さん(仮名・40代)
北海道札幌市清田区

住み替えのために売却。地区根数の多い一戸建ては売れにくく、もし可能なら空き家にしたほうが良いかもしれないとのこと。

購入価格
1000万円
ローン残債
650万円
売却価格
700万円
白石さん(仮名・60代)
栃木県日光市

知人に紹介してもらった人に一戸建てを売却。不動産会社は通さなかったので、仲介手数料はかからず、2ヶ月で引き渡し完了。

購入価格
300万円
ローン残債
0万円
売却価格
400万円

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...