不動産売却の準備 - 不動産売却のコツ

【不動産売却の事前知識】売却期間、費用、売却の流れ

不動産の売却は未経験者がほとんどです。しかし大きなお金が動くので、あとで後悔しないように事前に知識を身に着けておきましょう。

普段の生活の中で売買取引はしょっちゅう行いますが、値引き交渉が必須の取引はそう多くないと思います。ところがビジネス上の取引では多くが交渉の対象になることはビジネスパーソンの方ならばご存知でしょう。

個人で不動産を売却するという場合はビジネスでない方が多いと思いますが、大きな金額が動くこの取引では必ず買い手候補から値引き交渉を受けます。

買い手側に「できるだけ安く買いたい」という思いは当然あることとして、売り手側としてはこの要望にどう対処するのが望ましいのか考えてみましょう。

売り出し価格を少しだけ高くする

値引き交渉はまず間違いなくされますから、価格設定の時点でその分を上乗せしておくのが常道です。買い手候補が最重要視するのは金額ではなくその物件の有用性です。

自分にとって「これが欲しい」というのが先に来て、次に価格を見ます。物件に魅力があれば多少高値でも「値引きで何とかなるかも」と思って連絡を取ってくるわけです。

従って、売り手側が最初から受忍できるギリギリの低金額を提示して引き付けるのは望ましくありません。

あまり高いとスルーされますが、基本的に魅力のある物件には買い手候補はアプローチしてきますから、値段での訴求は後でも良いのです。

ただし、その魅力を出すには近隣のライバル物件と比して魅力のあるものでなければなりません。他の物件との違いですね。

他の物件と違いを付ける

例えば内装の壁紙を新調したり、リフォームを施すことで清潔感をアピールしたり、使用できる家具があればおまけで付ける、敷金礼金を取らないなど売り手の工夫や譲歩で魅力をつけたり、駅に近い、生活施設が周辺に豊富など物件そのものの優位性をアピールします。

こうした優位性のアピールによって不要な値引き要求をけん制し、回避しやすくなります。

平均的は選ぶ理由がないので悪いこと

近隣物件と比して少し優位性をもつ物件でなければ買い手候補が興味を持ってくれませんから、何かしらの特徴を説明できる材料を用意しましょう。

上記のような優位性アピールや、交渉の中では最悪、最終的には価格で勝負というのもありです。

ただし集客の段階からあえて近隣物件の平均に自分から近づけておくのは良くありません。平均的ではどうしても興味を持たれにくいからです。


関連する不動産売却の相談

  • 再建築不可物件の売却もしくは賃貸による貸し出し

    再建築不可物件を売却、もしくは賃貸貸出を希望してます。売却は、少しでも高く売りたいですが、近所の方々に横槍を入れられそうなので、一般公開はしたくないです。 ご近所の関係上、セットバックや隣地買取は難しいです。築30年の古家付きですが、建物

  • 建築中のマンションに買い替える時、売却のタイミングはいつ?

    戸建を売却に出すタイミングを教えてください。今回、気に入ったマンションが見つかったので、一軒家を処分して引っ越しを考えています。 ローンは残っていません。家の売却益は購入資金には入れていませんので、「売れないと買えない」状況ではありません

  • 母名義のマンションの売却を自分に委任することは可能?

    母が、マンションの売却を考えております。運転免許を持っていないことなどから、自分ひとりで自由に動き回れないため、売却の際の諸手続き(契約やお引渡し等)すべての権限を、実の娘であるわたしに委任したいと考えています。 母の名義のマンションで、

  • 抵当に入っているマンションを売却することは出来る?

    一戸建てを購入するにあたり、購入物件+持家マンション(ローンなし)を抵当に入れるという条件となりました。田舎の方の物件なので、借り入れ金額に対して今回の物件だけでは担保が足りないという事だと思います。 持家マンションを賃貸にするという話で

  • 買取期限が迫っている中古マンションが売れない

    中古マンションを買い取り保証付で売却中です。買い取り期限が1ヶ月後に迫っていますが、本日不動産屋からさらに価格を下げる提案をされました。現在の価格は、売り出し時より300万ほど下げており、買取価格との差は290万です。 あと100万ほど下

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料