不動産売却の悩みや相談は不動産会社に

不動産売却の悩みや相談は不動産会社に

不動産売却は滅多にない経験なので慣れることがなく、不安ばかりが募ります。そこで誰かのサポートが必要になります。

まずは専門家に

不動産の売却には、さまざまな背景があります。住宅ローンの支払いが困難になって売却する人、転勤によって急に売却することになった人、とにかく早く現金にしたい人、離婚で売却する人、相続で得た不動産を売却する人。

アドバイスを受けたい内容も異なります。そこで重要なのが、専門家に相談することです。それぞれの知識に長けた専門家はきっと心強い存在となります。

登記は司法書士

売買には、所有権移転の登記をしなければなりません。しかし住宅ローンを利用中のマイホームを売却する場合には、金融機関に設定された抵当権を解除しなければならないのです。

また相続で得た不動産は売却するためには亡くなった人のままでは行えません。所有権を相続人に変更する手続きが必要になります。相続関係が複雑になっている場合には、特に分からないこともあるので、事前に疑問点をまとめて相談しておくといいでしょう。

税金は税理士

不動産は売却したら、それで終わりではありません。大きな利益が出れば、その額に応じた税金を支払わなければならないのです。また相続で受けた不動産の売却には難しいことも多いので、金額が大きくなった場合は節税のアドバイスを受けましょう。

不動産会社に相談

売却で最も気になることはいくらで売れるかでしょう。自分が購入した価格を考えると少しでも高く売りたいと思うのが普通です。しかし不動産の価格は用途や築年数、立地によって大きく変わります。また仲介する不動産会社によっても売却の査定額は違うものです。
参考記事:不動産の査定

まずは一括査定を利用して、おおよその金額を複数社からメールで査定してもらいましょう。次に気になる業者を複数選び、訪問査定してもらいます。一般媒介契約で依頼した場合には、複数の不動産会社に依頼することもできます。

また専任媒介契約、専属専任媒介契約で依頼する場合は、1社しか依頼できません。それぞれのメリットやデメリットを考えながら、自分に合った方法を選びましょう。

下記のアットホームでも書かれていますが、早い期間で買主を見つけたい場合、複数社に依頼する一般媒介契約は不向きです。

理由として、一般媒介契約は複数の不動産会社に依頼するため、自社に利益が出ない可能性もあり、宣伝活動を積極的に行えないケースが多いです。

複数の不動産会社に依頼することは、買主を見つけるためには窓口が広がって有利に見える反面、浅い広告活動になる可能性もあります。

見極め方

複数社に依頼すると分かりますが、不動産会社によって担当者の反応が違うこともあります。早く売るために売主が希望する価格より安く売却させようとする業者もいます。もちろん、それが売主のための場合もありますが。

こちらもアットホームの資料ですが、売却までの期間が平均で約8か月、事前にマイホームの査定額を調べた人は約4割もいたそうです。

売却までの道のりは早い方が望ましいですが、慌て過ぎて失敗しないのが一番です。売却に関して自分なりに調べたり、不安を持ったら専門家に相談することは大切です。

信頼できる不動産会社に仲介を依頼し、満足のできる売却を目指してください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 再建築不可物件の売却もしくは賃貸による貸し出し

    再建築不可物件を売却、もしくは賃貸貸出を希望してます。売却は、少しでも高く売りたいですが、近所の方々に横槍を入れられそうなので、一般公開はしたくないです。 ご近所の関係上、セットバックや隣地買取は難しいです。築30年の古家付きですが、建物

  • 建築中のマンションに買い替える時、売却のタイミングはいつ?

    戸建を売却に出すタイミングを教えてください。今回、気に入ったマンションが見つかったので、一軒家を処分して引っ越しを考えています。 ローンは残っていません。家の売却益は購入資金には入れていませんので、「売れないと買えない」状況ではありません

  • 母名義のマンションの売却を自分に委任することは可能?

    母が、マンションの売却を考えております。運転免許を持っていないことなどから、自分ひとりで自由に動き回れないため、売却の際の諸手続き(契約やお引渡し等)すべての権限を、実の娘であるわたしに委任したいと考えています。 母の名義のマンションで、

  • 抵当に入っているマンションを売却することは出来る?

    一戸建てを購入するにあたり、購入物件+持家マンション(ローンなし)を抵当に入れるという条件となりました。田舎の方の物件なので、借り入れ金額に対して今回の物件だけでは担保が足りないという事だと思います。 持家マンションを賃貸にするという話で

  • 買取期限が迫っている中古マンションが売れない

    中古マンションを買い取り保証付で売却中です。買い取り期限が1ヶ月後に迫っていますが、本日不動産屋からさらに価格を下げる提案をされました。現在の価格は、売り出し時より300万ほど下げており、買取価格との差は290万です。 あと100万ほど下