不動産売却のタイミングは売却期限の半年前

不動産売却のタイミングは売却期限の半年前

家の売出しに掛かる期間はケースバイケースですが、最低でも3ヶ月は必要だと考えてください。もし査定サービスを利用するなら訪問査定に来てもらってから、査定書の提出までにも時間が掛かります。相手のローン審査期間もあり、不確定要素が多くあるので、半年前には売買契約書等の書類を準備して、不動産会社に相談に行きたいところです。

買い替えや相続で不動産を売却したい場合、タイミングは早ければ早いほど良いのですが、やはり半年前までには準備を始めたいところです。理由は以下の2点が挙げられます。

  • 引き渡し期間に猶予を設けられる
  • 売却は最低3ヶ月は掛かると計算

売却に掛かる期間

売却期間は不動産会社へ買取をお願いするか、仲介で買い手を探してもらうかによって大きく異なります。また不動産の種類や需要、売り出し価格など、細かな条件があるため一概には言えません。

ただ仲介で探す場合は相手のローンの審査期間、内覧から契約までの考慮期間もあり、最低3ヶ月くらいは見積もっておかなければいけません。一戸建てであれば、もっと時間が掛かります。

参考:期間で見る、家の売却の流れ

引き渡し

売り主は引き渡し時期等の条件を設定できます。家の買い替えのために売り出すのであれば、引っ越しの時期に合わせることは可能です。

買い替え時にローンを使用する場合、売れないことが問題になることもありますので、不確定要素の多い売却を優先して進めていく必要があります。

参考:家の売却契約後から引っ越し・引き渡しまでに準備すること

買取をお願いする場合

買い替えによるローンの完済や税金の支払い時期が決まっていて時間に余裕がない場合、不動産会社に買取をお願いしますが、こちらも引き渡しの条件に猶予を設けることは可能です。

ただし不動産会社によっても買い取ってくれる不動産の条件や価格は異なりますので、そもそも買い取ってくれるかを知るためにも早めに動き出すことは必要だといえます。

参考:不動産買取の流れ

もし売れなかったら

売却のタイミングをどれだけシミュレーションしても、売れるかどうかは分かりません。よっぽどの物件でない限り、買い取ってくれる不動産会社は見つかるはずですが、想定以下の価格でしか買い取ってもらえないと不都合が生じる可能性もあります。

買取の可否は不動産会社をいくつか巡ることで分かりますが、仲介で買い手が見つかるかは誰にも分かりません。内覧対応や不動産状態を良くすることで可能性を上げることしかできないのです。

もし仲介で不動産が契約期間である3ヶ月で売れなかった場合、担当者とよく話し合って、周辺のライバル物件との価格差がないかどうか、リフォームして見た目を良くするなどの工夫ができないかといった相談をする必要があります。

気持ちにも期間にも余裕を持つ

不動産の売却期間に左右されない計画を建てるのが一番ですが、売却益も元々の購入金額も大きいので、難しいケースもあります。

ですので売却するかもしれない段階から、周辺の似た不動産の価格や売れ行きをチェックすることが大切です。例えば不動産サイトで掲載されている不動産がいつ掲載取り下げられたのかを見ることで、買い手が見つかった期間を推測することもできます。

売りたい条件で売り出すことはギャンブルになりかねないので、売りたい条件ではなく売れる条件を探しましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 再建築不可物件の売却もしくは賃貸による貸し出し

    再建築不可物件を売却、もしくは賃貸貸出を希望してます。売却は、少しでも高く売りたいですが、近所の方々に横槍を入れられそうなので、一般公開はしたくないです。 ご近所の関係上、セットバックや隣地買取は難しいです。築30年の古家付きですが、建物

  • 建築中のマンションに買い替える時、売却のタイミングはいつ?

    戸建を売却に出すタイミングを教えてください。今回、気に入ったマンションが見つかったので、一軒家を処分して引っ越しを考えています。 ローンは残っていません。家の売却益は購入資金には入れていませんので、「売れないと買えない」状況ではありません

  • 母名義のマンションの売却を自分に委任することは可能?

    母が、マンションの売却を考えております。運転免許を持っていないことなどから、自分ひとりで自由に動き回れないため、売却の際の諸手続き(契約やお引渡し等)すべての権限を、実の娘であるわたしに委任したいと考えています。 母の名義のマンションで、

  • 抵当に入っているマンションを売却することは出来る?

    一戸建てを購入するにあたり、購入物件+持家マンション(ローンなし)を抵当に入れるという条件となりました。田舎の方の物件なので、借り入れ金額に対して今回の物件だけでは担保が足りないという事だと思います。 持家マンションを賃貸にするという話で

  • 買取期限が迫っている中古マンションが売れない

    中古マンションを買い取り保証付で売却中です。買い取り期限が1ヶ月後に迫っていますが、本日不動産屋からさらに価格を下げる提案をされました。現在の価格は、売り出し時より300万ほど下げており、買取価格との差は290万です。 あと100万ほど下