aaa
マンションの売却に適した季節と時期を、過去のデータから調査

マンションの売却に適した季節と時期を、過去のデータから調査

マンションや住宅は売却まで時間が掛かりがちですが、どの時期に売買されやすいでしょうか?不動産の売却のタイミングを逃してしまうと、売れ残り物件といった悪いイメージを購入者に与えてしまいます。マンションの売却を急いでいない場合は、少しタイミングを見計らって、不動産が活発に売買される時期にさっと売ることが大事です。

あなたがマンションを売りたいとき「どの時期にマンションを売ればいいか」と考えると思います。マンションの売却価格は年末に下降し、3月までに上昇する傾向ですが、1年を通して時期ごとに売却相場の大きな変動はありません。

しかし、物件の査定は売主がマンションの売却を考えた時期に決まり、購入者が多い時期とは関係がありません。この記事では、どの時期に市況が活発なのかを調査しました。

時期によるマンションや住宅の売れ行き調査の目的

マンションや住宅を売却する売主の不安に対する回答ための調査ですが、別の目的もあります。

マンションや住宅を売却のために市場に出してからいつまでも購入者が現れないと、悪い物件だと判断されがちです。購入者もじっくりと中古マンションの情報を検索・検討しているので、いつまでも売却したいマンションの販売情報がサイトに掲載されていると条件の悪い問題のある不動産だと判断されマンションを内覧さえしてもらえません。

不動産投資家の方に聞いた話ですが、売れない不動産はイメージを一新するために広告やレインズの登録を一旦抹消する仲介業者もいるそうです。個人でマンションや住宅を売却したい場合は、売却情報を操作する必要はなく、それよりマンションを販売する時期や値下げの時期を見極めて短期間で買主との交渉・契約に繋げたほうが良いでしょう。

マンション等の売却状況調査の前提

イエキットの売却相場でも使用している無料の国土交通省の土地総合情報システムのデータを参考にしています。

2006年から2015年まで不動産売買のデータを参考にしていますが、2006年は売却データ数が少ないため、年毎に多少の偏りがあります。

用途が住宅になっている不動産だけを対象としているので、土地付き建物と中古マンションの2つのみ参考にしています。

住宅兼事務所や使途不明な不動産を除外しているので、実際の売買取引数より情報量が少ないのですが、今回の調査は時期別の不動産売買状況の傾向ですので、あまり影響はないと判断しています。

マンション売却に適した時期は秋から冬?

売却状況を時期別に調べた結果を示します。

1~3月4~6月7~9月10~12月
23.5%24.9%25.5%26.1%

時期ごとに売却状況に大きな変化は見られず、どの時期も起伏のない結果となりました。年末までに、少しずつ市場が活発になっているので、秋から冬という時期は若干マンションを売却しやすい時期なのかもしれません。
 
これは売買の契約日または支払い日の結果ですので、調査結果からだけ判断すると冬にマンション売却の準備をするのではなく、秋の時期までにマンションの査定や売却準備を済ませ、年内にマンションを売却するのが良さそうです。

ただし、時期により売却状況に大きな変化がないのであれば、物件周辺の状況やあなた自身の状況を考慮して、マンション売却のタイミングを狙うのが契約への近道でしょう。

どの時期にマンションを売却しやすい?

国土交通省が発表している時期別の取引データは、四半期ごとの情報ですので、月ごとの状況は判断できません。例えば、1~3月は最も販売状況が低い時期ですが、3月だけが特別高い場合もあります。

そこで簡単に、売却しやすい時期を推測してみました。まず国土交通省の土地取引件数をもとに、大規模な土地の取引件数を月ごとに調査してみます。

大きな土地の売買取引なので、個人でなく法人が契約しているのですが、月毎の売却状況が分かりました。調査結果は以下に示します。

1~3月4~6月7~9月10~12月
26.7%23.1%24.0%26.2%
1月658,899件7月850,363件
2月797,158件8月768,104件
3月1,256,544件9月816,395件
4月785,190件10月843,911件
5月745,580件11月813,061件
6月822,592件12月1,006,353件

この調査からも、1~3月が最も売れる時期だが、その時期以外は減少し、推移はマンション等の住宅用途の取引件数とあまり変わりません。

マンションや土地の売却時期に関する推測

ここからの売却時期に関する推測には主観が大いに入っています。

大規模な土地取引では1~3月という時期になぜ増加しているかという理由は、特に3月が1年間で最も多い取引量を示していることです。これは法人では、3月の決算や年度内に取引を完了させることが重要視されているためだと考えられます。

個人がマンション等の住宅を購入する時、賃貸や会社での取引とは異なり、売却時期を考える必要があることは多くありません。そのため、法人の3月ごろの時期に不動産取引件数が個人よりも多いのでしょう。年末の時期の取引も若干多いのも同じ理由からだと考えられます。

もし12月と3月の時期の売買取引件数を修正して、半強制的に住宅用途の取引と同じような推移にするのであれば以下のような結果が得られました。


あまり理論的なグラフとはいえませんが、3月と12月以外の時期の推移は実際の土地の売買件数ですのであなたのマンション売却時の参考資料の1つにしてください。

結論としては、年内にマンションの売買契約を済ますことを目標とし、少なくとも3ヶ月ぐらい前の時期からマンションの売却準備を開始する方法をとるのがポイントです。

今回の調査では、晩秋から立冬までが売りに適した時期で、その時期の中でも12月が最も売却できる結果でした。

マンション等の不動産売買の調査結果

今回調査したマンション等の住宅用途の不動産の総取引の事例は約116万件でした。マンション等の住宅のみに限定していおり、さらに不明分も多数合ったのにも関わらず、巨大な売却件数であると実感しました。

今回の調査では日本中のマンションと一戸建てを対象としましたが、各都道府県やマンションか一戸建てかという物件の種類によっても結果に差異があるでしょう。

また売却しやすい時期が分かっても、売却するマンションを上手に相手にアピールしないと成約に結びつきません。自分が所有する家を売却のために宣伝するのは恥ずかしいかもしれませんが、マイホームが予測に反して売れない時は、こちらの不動産鑑定評価基準を参考に長所を探すを活用して、お客様に希望する値段で売る為にもあなたの自宅マンションの価値を見つけてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 再建築不可物件の売却もしくは賃貸による貸し出し

    再建築不可物件を売却、もしくは賃貸貸出を希望してます。売却は、少しでも高く売りたいですが、近所の方々に横槍を入れられそうなので、一般公開はしたくないです。 ご近所の関係上、セットバックや隣地買取は難しいです。築30年の古家付きですが、建物

  • 建築中のマンションに買い替える時、売却のタイミングはいつ?

    戸建を売却に出すタイミングを教えてください。今回、気に入ったマンションが見つかったので、一軒家を処分して引っ越しを考えています。 ローンは残っていません。家の売却益は購入資金には入れていませんので、「売れないと買えない」状況ではありません

  • 母名義のマンションの売却を自分に委任することは可能?

    母が、マンションの売却を考えております。運転免許を持っていないことなどから、自分ひとりで自由に動き回れないため、売却の際の諸手続き(契約やお引渡し等)すべての権限を、実の娘であるわたしに委任したいと考えています。 母の名義のマンションで、

  • 抵当に入っているマンションを売却することは出来る?

    一戸建てを購入するにあたり、購入物件+持家マンション(ローンなし)を抵当に入れるという条件となりました。田舎の方の物件なので、借り入れ金額に対して今回の物件だけでは担保が足りないという事だと思います。 持家マンションを賃貸にするという話で

  • 買取期限が迫っている中古マンションが売れない

    中古マンションを買い取り保証付で売却中です。買い取り期限が1ヶ月後に迫っていますが、本日不動産屋からさらに価格を下げる提案をされました。現在の価格は、売り出し時より300万ほど下げており、買取価格との差は290万です。 あと100万ほど下