aaa

安全に少しでも高く土地を売るためのポイント

土地を売るときに気を付けたことについて(男性/30代)

私が所有していた土地を売却する時は、初めての売却だったので特に売り方や宣伝の仕方に注意しました。

取引でこちらに不利な状態になることだけは避けたかったので、土地の下に水道管やガス管が通っていないかどうかも確認して、利用目的や用途についてもしっかり説明できるようにしました。

また、土地の上空に電線などが多く重なっていないかどうかも確認してから売却することにしました。少し土地の売買について調べていたときに気を付けて説明していた方が良いところとして見つけられたので、こちら側でも調べて記載しておくようにしました。

協力をしてもらった業者の方も同じようなことを言っていたので、調べておいてよかったです。実際に売却の相談が進んでいったときにも話し合いの最終段階の頃に水道管やガス管のことを聞かれたので、先に調べておけて良かったと思います。

買い手の方はかなり慎重に調査をしているようだったので、こちらから説明不足などがあるとあまり良くないだろうと思いました。書類にすべて記載はしていましたが、それも合わせて説明できたので信頼もしっかり保つことができました。

土地と家を同時に売却した話(女性/40代)

私は引っ越しをするときに家も土地も同時に売却しました。住み替えで売却するだけだったのですが、少しでも資金を得たかったので土地も同時に売却しました。

売却してしまえば、支払うお金も特になく引っ越し先で生活することができたのでとても重要なポイントでした。土地から得られる収入もいくらかあるかと思いましたが、そこまで大きいものではなかったので、同時に売却して価格を上げたほうが良いという判断になりました。

交渉するときには既に家が建っていたので、土地のことはあまり気にかけられませんでした。主に家をメインで購入したいという方だったのですが、こちらでは土地込での価格にしていたので双方同意の上での取引ができました。

売却価格は最終的に2100万円で、家具などはできる限りこちらで引き取ることになりました。おいていってほしいものに関してはその分お金を支払ってもらうということで、新しい生活を始めるときにもあまり負担はありませんでした。

双方にとってメリットの大きな取引ができたのもしっかり情報を共有できたからだと思います。

安全に土地を売却して利益を出せた(男性/30代)

土地の取引では購入した後に問題に気付くことも多いと聞いていたので、少しでも多くの情報を記載することを心掛けていました。何より、その土地の地下のことはあまりわからないので、しっかりボーリング調査がされているかどうかも重視しました。

水道管の有無、ガス管の有無もしっかりと確認してできる限りの情報をまとめました。場合によっては、遺跡の一部が埋まっているような場合もあるようなので、気を付けて運用しないといけないのが土地の売却の難しいところです。

幸い私が持っていた土地にはそうしたものは埋まっておらず、比較的簡単に売却できました。農地への切り替えなどはそれぞれでやってもらうことにして、売却取引は非常にスムーズでした。

土地の場所もかなり目立つ場所である程度まとまった場所があったので、満足できる価格で売却できました。購入された後はコンビニに使用されているようで、社会的にも適切に運用されているとわかって満足できました。

面倒な運営や管理もしなくてよくなったので、しっかり得られた利益を他の不動産に運用できました。

まだ発展が進んでおらず、数年もすれば価値が上がってきそうな土地は安いうちに購入して持っているとよいこともあるので、工夫して投資すると良いでしょう。

土地を売るのに必要な基礎知識

土地の売却では法律も影響する

土地を売却するときには、登記簿謄本や重要事項説明書などかなり専門的な書類が必要になります。家を買った人ならば必ず持っているような書類ですが、これらはしっかりコピーなどもとっておいて手続きでミスが起こらないように準備しなければいけません。

売買契約書なども求められるため、用意するには色々と手間もかかってしまいます。家でも、土地でも売却するときには必要なものがかなりあるため、その土地に即した法律にも詳しい方に任せると少しでも高く売却することができます。

法的な側面からも土地の売却にアドバイスをしてくれる弁護士や宅地建物取引士などを頼って売却を進めると良いでしょう。もちろん、不動産業者も頼れるお店があるのでよい価格で買い取ってくれるところを選ぶようにしましょう。

建物も一緒に売却すると効果的

売却予定の土地にすでに一戸建てやマンション、アパートなどが建築されている場合で、その所有者と土地の所有者が一緒の場合は合わせて売却することもできます。

セットで売却するとなると少し価格も高くできるので、建物が古くなっていても少し色を付けた値段で買い取ってもらえます。土地だけを売ることもできますが、その場合はまた手間のかかる手続きや各所との連携も必要になるので、専門業者に任せて一気に手続きできた方が楽です。

土地の種類によっては簡単には売却できないこともあり、買い手が付きにくい場合は長期的に広告していくのも覚悟して売却していきましょう。

高く売るには付加価値が必要

なかなか売れない場合も、しっかり希望した金額で売りたい場合も宣伝やアピールにかかる時間は必然的に伸びてしまいます。土地を少し活用して、一戸建てを建てていたり、駐車場として利用できる状態にしていたりすれば多少の付加価値がついて高めに売却できるでしょう。

しかし、よほど好立地にある土地でなければ基本的には買い手がついてくれないので、結局は不動産業者に買い取ってもらうことになるかもしれません。

手続きの手間や売れない可能性を考えれば、無理にお金をかけて広告を出すよりは、業者に買い取ってもらってしっかり資金を確保するのもよい方法です。高く売りたいならば1年や2年かけて売却するつもりでいると良いです。

また、多少の投資をしないといけない可能性もあるので、その分も踏まえて判断してください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま