不動産売却体験談

一戸建てを売却するのにいくらか手数料がかかった

この記事をシェア

私が初めて家を売却した時には、いくらか売却に費用が必要でした。ものすごく高かったわけではないですが、売却価格のうちのだいたい3%程度が仲介手数料などでかかるといわれました。

そこに、修繕やクリーニング費用がかかってしまい、費用は合計で100万円ほどしました。売却価格が1800万円だったので、妥当な価格ですが、やはりこうした費用もできるだけ節約できたほうが自分にとって大きなメリットになります。

私の場合は、自身で手続きをした場合にかかる費用も計算していたので、十分な金額だと思いました。家を売却するために清掃やクリーニングをするのは当然としても宣伝や広報などもしていくとなると業者に頼るよりもお金がかかる計算になりました。

中でも特にコストを下げて利用できる業者を見つけられたのでとてもラッキーでした。費用に関しては無視できる金額ではないので物件の売却で利益を出したいならば50万円でも100万円でも手数料を下げられるようにしましょう。

時には手数料だけでも100万円を超えてしまうこともあるので、割合でいえば低くても金額で把握して業者選びをしていきましょう。

この記事をシェア
Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却記事

関連する不動産売却の相談

  • 不動産(マンション1室)売却した場合の仲介手数料

    今所有している1室(賃貸中)を価格査定してもらって800万円という連絡を受けましたが、実際に業者に頼んで買主を探してもらって800万円で売れた場合、こちらの手取りはいくらですか?(仲介料、税金などを控除した金額)

  • 土地付き建物の仲介手数料は土地と建物別々に請求?

    土地付きの建物を1000万で売却し、土地800万、建物200万に配分したとします。この場合仲介手数料は1000万に対して36万として計算するのでしょうか?それとも土地と建物を別々に計算して、土地30万、建物12万、合計42万と計算するのでし

  • 不動産の売却で不動産業者から紹介料を貰うことは可能?

    知人から土地売却の相談を受けましたが、表立って相談料等を請求しにくいので、仲介手数料を両手で業者に取ってもらい、紹介者の私に片手を紹介料としてキャッシュバックすることは可能でしょうか? 業者には両手で打ち合わせをして、後で片手分を私に手数

  • 不動産仲介手数料は、売り主と買い主の両方から同額もらっているのか

    自宅を売却し、中古マンションを購入します。自宅の売却には不動産仲介手数料(売買価格の3%+6万+その消費税)が発生しますが、中古マンション購入時にも同じ額の不動産仲介手数料を支払うのでしょうか? つまり不動産の仲介手数料は、売り主側にも、

  • マンションの仲介手数料は売却と購入のどちらも支払うの?

    買い替えを検討中ですが、業者への仲介手数料は売却マンションと購入マンションの両方について、それぞれ払うのでしょうか?また仲介手数料=価格の3%というのは、売主と買主の折半ではなくて、双方が支払う(つまり1つの物件に関して合計6%)ということ