aaa
仲介手数料とローン以上の価格で不動産を売る

仲介手数料とローン以上の価格で不動産を売る

不動産の売却は思ったよりも手間がかかり神経も使います。内見案内もやってくれる不動産会社には手数料を支払う必要がありますが、どれくらい費用が掛かるかご存知でしょうか。

今回は不動産会社に支払う手数料や支払うタイミング、その他費用をご紹介します。

関連記事:不動産売却の仲介手数料

仲介手数料の計算方法

仲介手数料の計算方法には特徴があり、売却代金を3つの金額領域に分けて、それぞれに異なる割合をかけて手数料を算出する方法を取ります。売上代金のうち、以下の割合の数字をかけて算出します。

  • 200万円以下の金額域には5.4%以内の額
  • 200万円を超え400万円以下の金額域には4.32%以内の額
  • 400万円を超える金額域には3.24%以内の額

この数値は上限なので、不動産会社によっては少し割安で受けることもできますが、交渉しない限り安くなることはありません。

400万円を超える場合は「売買価格の3%+6万円+税」で計算できます。不動産会社がボッタクリをしないように法律で上限値を決め、その範囲で自由に料金設定できるようにしています。

現実には安くなることがあまりないので、一括査定をした際に交渉してみるのも1つの手です。ただ交渉しすぎると、不動産会社のモチベーションにも繋がるので程々にしつつ、他の削れる費用を削る方が得策です。

仲介手数料を支払うタイミング

仲介手数料を支払うタイミングは業者によって異なりますが、以下のどちらかが一般的です。

  • 一括で売却代金が支払われた時に一括払い
  • 分割で売却代金が支払われた時に分割払い

先に手数料だけ支払うことはありません。ただし住宅ローンの返済が残っている場合は、手数料もしくは住宅ローンが払えなくなることもあります。

仲介手数料以外に不動産会社に支払う費用は?

不動産会社に支払いが必要になる費用は仲介手数料だけです。ただ依頼内容によっては、不動産会社によりけりですが別名目で費用の請求をすることもあります。

例えば住宅ローンの調整をお願いすると住宅ローン事務代行料やローン斡旋手数料として、仲介料とは別に請求されるケースがあるようです。他にもチラシ費用など、営業に掛かった費用を請求されることも。
参考記事:不動産売却の主な費用は仲介手数料と登記費用

これらの名目は仲介手数料に含まれていて欲しいのですが、全ての仲介で必要な作業ではないため、その他の手数料として請求書に記載されます。

ここは十分に交渉できる範囲なので、仲介手数料ではなく、その他の費用で請求項目がないか確認しておくことと、他に費用が掛かるなら依頼しない旨を念入りに伝えておきましょう。

不動産会社は、こうした見えない部分での対応やサービスが異なります。売却経験者でも気付かない人も少なくないので、売却する時は複数の不動産会社に見積もりを取ることは大前提です。

また不安な場合は、大手の不動産会社に頼むのも悪くありません。いくつかの有名な会社に査定をお願いして、後は対応や誠実な担当者がいる会社を選びましょう。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • 不動産(マンション1室)売却した場合の仲介手数料

    今所有している1室(賃貸中)を価格査定してもらって800万円という連絡を受けましたが、実際に業者に頼んで買主を探してもらって800万円で売れた場合、こちらの手取りはいくらですか?(仲介料、税金などを控除した金額)

  • 土地付き建物の仲介手数料は土地と建物別々に請求?

    土地付きの建物を1000万で売却し、土地800万、建物200万に配分したとします。この場合仲介手数料は1000万に対して36万として計算するのでしょうか?それとも土地と建物を別々に計算して、土地30万、建物12万、合計42万と計算するのでし

  • 不動産の売却で不動産業者から紹介料を貰うことは可能?

    知人から土地売却の相談を受けましたが、表立って相談料等を請求しにくいので、仲介手数料を両手で業者に取ってもらい、紹介者の私に片手を紹介料としてキャッシュバックすることは可能でしょうか? 業者には両手で打ち合わせをして、後で片手分を私に手数

  • 不動産仲介手数料は、売り主と買い主の両方から同額もらっているのか

    自宅を売却し、中古マンションを購入します。自宅の売却には不動産仲介手数料(売買価格の3%+6万+その消費税)が発生しますが、中古マンション購入時にも同じ額の不動産仲介手数料を支払うのでしょうか? つまり不動産の仲介手数料は、売り主側にも、

  • マンションの仲介手数料は売却と購入のどちらも支払うの?

    買い替えを検討中ですが、業者への仲介手数料は売却マンションと購入マンションの両方について、それぞれ払うのでしょうか?また仲介手数料=価格の3%というのは、売主と買主の折半ではなくて、双方が支払う(つまり1つの物件に関して合計6%)ということ