マイホーム減税の確定申告

マイホーム減税についての確定申告をするのですが、以前住んでいたマンションを売却し、一戸建てを購入しました。これらの登記簿謄本をとらなくてはならないのですが、それぞれの管轄の法務局でないととれないのでしょうか。それとも一つの法務局でとれるのでしょうか。また、登記簿謄本の有効期限はどのくらいなのでしょうか。

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

以前は、管轄の法務局でしか取得できませんでしたが、現在、登記簿謄本は電子化され(登記事項証明書と言います。)、地番、家屋番号が分かれば何処の法務局でも取得が可能です。因みに電子化される前の登記簿謄本(閉鎖謄本)を取得する場合は、管轄の法務局に出向く必要があります。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...