マンション売却で専任媒介契約を1ヶ月や2ヶ月で締結できる?

マンション売却の媒介形態で悩んでいて、専任で2ヶ月や1ヶ月でお願いしてもよいのでしょうか。専任で長いこと契約するのが憚られる気持ちがあるのと、引き受ける業者であれば良心的という思いもあります。成約に至らず契約が満了し、別業者で専任で契約した場合、最初の業者からはかかった経費など請求されるのでしょうか。

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

専任契約は「最長」で3ヶ月まで、と定められているだけで下限は特に指定はないため、仲介業者側の了承が得られれば可能です。

経費については「売主の都合で」途中解約などを行った場合などでない限り、基本的には「事業経費として仲介業者」が支払いを行います。
但しこの部分についても法律的に定めがあるわけではないので、契約時に確認が必要です。

ですがこれを踏まえたうえで「契約期間を3ヶ月以下にする」という契約内容を仲介業者側から見た場合、「通常の期間より短い間に契約をまとめないと、経費が丸ごと損になる」というリスクの高い仲介業務となります。ですので現実問題として期間を短くする場合、この「経費」の取り扱いについては成約しなかった場合、期間の短縮に応じて売主が一部負担するなどの譲歩が必要となる可能性があります。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...