専属専任媒介契約の期間中に、他の会社に査定依頼はできる?

不動産の専属専任媒介契約中に、別業者に査定を依頼することは違反になるのでしょうか?一戸建てからマンションへの住み替えに当たって、大手不動産会社と専属専任契約をしました。まだ2週間しか経っていません。

何社かの買取専門業者を紹介していただき、査定したのですが、契約をした不動産会社の担当者に疑問と違和感を覚え、今更ながら他の不動産業者にも売却の査定をしていただきたいと思っています。

専属専任は3か月間解除出来ないようなので泣く泣く諦めましたが、この期間に、他社に無料査定を依頼することは、契約違反にあたるのでしょうか。また家の売却は初めてのことなので、何かアドバイス・注意点等いただければ幸いです。

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

査定を依頼するだけであれば、契約違反にはなりません。しかし、もうすでにどこかの仲介業者と専属選任媒介契約を締結しているのであれば、査定を依頼した時点で、仮にあなたが、依頼した業者に、他で契約していることを隠されたとしても、直ぐにバレることになり、査定依頼を断られるのが普通です。

専属選任媒介契約の場合、仲介業者には、買い手を広く探すためにレインズと呼ばれる不動産業者が閲覧できるデータベースに預かった物件の情報を登録し、不動産業者間で共有しなければならない法的義務がありますので、既に、あなたの不動産情報は共有されていることになります。

仲介業者が査定をする際は、査定依頼を受けた不動産の価格を算出するために、近隣の販売事例や現在売り出し中の物件価格などを調べます。この時に間違いなく登録されているあなたの不動産はヒットしますので、あなたが現在、他社で契約を締結していることは直ぐに分かるのです。

他社で専属選任媒介契約中の物件を解約させ、新たに自社で契約する行為を「抜き行為」と言って、不動業界では禁忌となっており、このような行為を行う業者は、業界から干されます。

よって、まともな仲介業者であれば、このような抜き行為とも取られかねない、専属選任媒介契約中の物件の査定は断るのが普通です。

今後のアドバイスですが、担当者に不満な点があれば正直に言ってみましょう。不動産売買では、担当営業マンとの信頼関係が大切です。どうしても、不満が解消されないのであれば、担当者の上司に相談してみて下さい。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...