aaa
家の売却を転勤が理由で行う場合の流れ

家の売却を転勤が理由で行う場合の流れ

家の売却は転勤してからでも可能です。転勤前後のどちらが良いかは、その時の忙しさにもよりますが、家の売却は出来るだけ早く始めた方が良いです。ただし家の購入も行う場合は住宅ローンの審査にも響きますので、転勤する3~6ヶ月前から始めるのが吉です。

転勤を終えてからでも家を売却することは可能です。家の売却は買主と売主と不動産会社の三者が立ち合って契約書に署名・捺印、手付金の受け渡しを行いますが、転勤した場合、持ち回り契約で売買契約を行うことができます。

先に買主に署名・捺印してもらった契約書を売主に郵送して、売主も手付金の入金確認後、署名・捺印して不動産会社に送り返し、契約を締結する方法です。買主と売主の双方が持ち回り契約の意味を理解して合意していれば、法律的にも契約が有効となり、家の売却が可能です。他には、知人や親類に代理で署名・捺印してもらう代理契約や司法書士に依頼する売却方法があります。

転勤による家の売却の流れ

家の売却には不動産会社に仲介を依頼する場合、必ず媒介契約を結びます。これは家の売却業務の内容や手数料を明確にするもので法的に義務付けられています。媒介契約には3種類あるので、それぞれの内容を理解して選択するようにしましょう。

参考記事:不動産売却の媒介契約の種類

一般媒介契約

一般媒介契約は複数の不動産会社に同時に家の売却を依頼することができます。もし買主を自分で見つけた場合は不動産会社を通さなくても売買契約ができます。売主の自由度は高いですが、REINSへの登録の義務や売主への販売活動の報告義務がありません。

契約期間の制約はありませんが、行政の指導では3ヶ月以内となっています。

※REINSとは、不動産流通標準情報システムの略。1988年、宅地建物取引業法の改正により、国土交通大臣から指定を受けた東日本・中部圏・近畿圏・西日本の4つの指定流通機構によって運営されている。不動産の情報交換をリアルタイムで行われるシステム。

専任媒介契約

媒介契約を1社に任せて売却を依頼する契約のため、複数の不動産会社に依頼することはできません。買主を自分で見つけた場合は、不動産会社を通さず売買契約ができます。

媒介契約締結の7日以内にレインズへの登録の義務、売主に2週間に1回以上の報告の義務があります。契約の有効期間は3ヶ月です。

専属専任媒介契約

専任媒介契約と同じで1社のみに依頼する契約です。しかし専任媒介契約と違って、自分で買主を見つけた場合でも不動産会社を通して売買契約しなければなりません。媒介契約締結の日から5日以内にレインズに登録し、1週間に1回以上、売主に報告の義務があります。契約の有効期間は専任と同じ3ヶ月です。

この3つの媒介契約の中から1つを選びます。転勤する前に家を売却したい時は一般媒介契約で複数の不動産会社に依頼した方が早いように感じますが、複数の不動産会社と契約するため自社で契約が決まらなかった時は手数料が入らないため、販売活動が消極的になりがちです。

1社に依頼する専任媒介契約と専属専任媒介契約の違いは、売主の自由度が少ない方が不動産会社の業務内容が増えるという仕組みです。金額ではなく売主の制限によって不動産会社のサービスが拡充されるわけです。転勤する前なのか、転勤後なのか、また不動産会社の対応によって選択する契約を検討しましょう。

転勤後の家の内覧対応

転勤後であれば買主が家の内覧をいつでも出来るように鍵は不動産会社に預けておきます。荷物を全て搬出して、いつでも内覧が可能なようにキレイにしておくことをオススメします。リフォームの必要はありませんが、見た目は大切です。汚れが酷い場合はハウスクリーニングを利用しましょう。

マンション売却時には要チェック!内覧に行きたくなる良いマンション写真とはではどんな写真を掲載すると、お問合わせが増えるかについて記載していますので参考にしてください。

専任契約や専属専任契約だと不動産会社から報告がありますが、もっと密に連絡を取りたい場合は、転勤先からメールや電話で担当者に状況確認をします。不動産会社の担当者によって対応も変わるため、信頼できる不動産会社を選ぶこと、担当者と良好な関係を築くことも大切です。

転勤前から家に近い不動産会社探しを始めましょう。先に家の一括査定サイトで査定をして、相場価格を把握しておくのもオススメです。家の売却がいくらでできるか、不動産会社によって金額に違いがあります。ただ査定額が高くても、買主がその価格で購入するかは分かりません。適切な売却価格を決めることが、転勤前に家を売却できるかの大きなポイントになります。

不動産の査定

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談