早々に値下げを要求されたので専属専任媒介契約を解除したい

マンション売却の為に、フランチャイズの不動産会社と専属専任媒介契約を締結し、売り出し価格を査定金額である2000万円に設定しましたが、不動産会社の担当者から相談を受けました。

内容は希望価格1500万円で購入希望者が見つかったというもので、買付証明も提示されました。瑕疵責任もなく、現状渡しですぐに購入してくれるとのことで、週末にでも契約した方が良いと勧められました。

しかし売り出してから1週間で500万円も低い契約を勧められたので、私としては担当者の態度に納得がいかないので、専属専任媒介契約を解除したいと考えています。こちらが一方的に媒介契約を破棄して、他の不動産会社に依頼すると、損害賠償請求をされるのでしょうか?

イエキットの回答
仲介担当者やFPが回答します

金額が気に入らないのであれば、買い付けを断れば良いだけの話です。この程度のことで、いちいち感情的になっていては、不動産の売却は上手く進みませんよ。査定価格は売却希望価格であって、実際の売却価格ではありませんで、大幅に下がることは普通にあります。

もし、売却希望価格が市場価格と大幅にズレて高ければ、売却価格が大幅に下がるのも当然です。媒介契約の中途解約によって違約金などが発生するかは、契約解除に関する条項を確認して見てください。

瑕疵担保責任は、相手が法人であっても個人であっても、売主が一般の個人であれば、免責の契約は可能です。不動産の売却はタイミングが大事です。今は1500万円で購入希望者がいても、数ヶ月後には1500万円以下でも買い手が見つからなくなる場合もありますので、まずは冷静になって判断することを勧めいたします。

この記事をシェア

関連する不動産売却の相談

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

関連する不動産売却記事

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...