aaa

経営している分譲マンションを高く売却するために必要なこと

分譲マンションの残りの部屋を工夫して売却(女性/30代)

分譲マンションの部屋がなかなか埋まらずに困っているときに、ちょっとした工夫をして入居者を獲得しました。最初はどの部屋も条件が大体同じで、階によって金額が変わる程度でした。

しかし、売れなかった低階層の部屋では、赤ちゃんがいてもOKにしたり、ペットもOKにして入居者を獲得できました。さらに、マンションの施設内に庭も用意して、ベランダからそのまま家庭菜園も楽しめるようにしたのもよかったようです。

ベランダよりも1階の広い空間を利用してもらえるので、野菜や果物に挑戦する人もいました。垣根が高めにできていたので外からの見た目が悪化することもなく、満足度も高く維持できました。

分譲マンションはかなり高めの生活を求める方も多いですが、ちょっとしたライフスタイルの違いも考慮して人探しをするとお部屋の売却もうまくいくようでした。価格は変更しませんでしたが、あとで調べてみると庭付きでペットOKだと家賃は少し高くても入居者は入るようでした。

私の場合はそこは価格は変更せずにお得感を出すことで引っ越しして出て行かれるリスクをなくすことにしました。防音設備などで少し出費もありましたが、すぐに回収できて問題ありませんでした。

空き部屋が多い分譲マンションを高く売却(男性/50代)

私が手にいれた分譲マンションは、上層階から契約が進んでいき、入居者が半分から下はあまり集まらない状態になっていました。そのため、物件としては少し不安が残りリスクも感じたので、損失が出る前に入居者がいる状態のマンションとして、資産価値を上げて売却しました。

宣伝費用やその後のマンションの購入費用をぎりぎりで支払っていくよりはもっと確実で余裕のある支払いができるようでなければマンション経営の意味はありませんでした。早めの売却を決定したおかげで買い手はすぐに決定し、価格も言い値で受けてもらえました。

かなり高めに設定したと思いましたが、下半分のお部屋に特にデメリットはなかったので時間さえあれば入居者は集まったでしょう。私よりもお金を持っている方が購入したようだったので、交渉もスムーズだったのでしょう。

時間を少しでも無駄にしたくなかった私にとってはうれしいことでした。時には早めに見切りをつけて手放した方が良いこともあると学べました。

特別感を出して分譲マンションの売却に成功(女性/40代)

分譲マンションのお部屋を売っていく時に注意していたのは、しっかりと階ごとに差をつけることでした。

マンションの性質上、満足度は非常に重要だったので、高層階に住みたい人は家賃も高めにする分、エレベーターの優先度を上げて設定したり、床暖房を完備したり、電気の容量を大きめに設定したりと工夫しました。

その分、低層階では価格は安くして、サービスは別の形で提供するようにしました。庭を触れるようにしたり、子供向けの遊具を少し設置したりして子育てをしながらでも利用できるようにしました。

高層階の人と、低層階の人でトラブルにならないように駐車場も2階建てになっていたので使用する場所もしっかり分けました。高層階の方は盗難に遭いにくくなり、子どものいたずらなどの影響もほとんど受けないようにできました。

そのおかげか話を聞いてくれた多くの方は契約までしてくれて、かなりよい契約率でした。特別な部屋に住めるというのはマンションでは特に大切なようでした。

子育ても気軽にできるという売り文句も某設備を整えておいたので堂々と使えて良かったです。分譲マンションは賃貸マンションとは少し異なりますが、工夫して宣伝や説明をしていけば売れるのが遅れてしまうことはないでしょう。

分譲マンションはマッチングが大切

入居希望者を早めに見つけよう

分譲マンションを売却するときは、入居希望者がいなければ話になりませんが、個人で大々的に宣伝して集めるのはコストも掛かって難しいものです。そのため、早めに少しずつ宣伝をしていくか、業者に任せて一気に募集をかけるという方法が効果的です。

地道に時間を掛けても良いならばそれが一番コストは掛かりませんが、売却できるまで時間がかかれば資金面で負担がかかる場合があります。

早めに売却して赤字を脱却したほうが良い場合もあるので、いくつの部屋までは早く売れた方が良いか検討して、分譲マンションの一部分だけでも業者に任せるとコストを抑えることができます。

一部屋だけを業者に宣伝してもらっても、興味を持ってくれた方は集められるので、あえてほかのお部屋もそこから紹介してお部屋を埋めていくこともできます。

分譲マンションの部屋の相場もチェック

地域やロケーションによっては大体分譲マンションの価格が定まっていることもあります。購入する人はあちこちの物件を比較してから購入するかどうかを決めているので、売却する側もしっかりと相場をリサーチしておかないと買い手が付きにくい状態になってしまいます。

価格が高くても設備が充実していたり、駐車場が備わっていたりするというように理由がはっきりわかれば買ってくれる可能性も挙げられます。

そのためには他の分譲マンションとの差異化が図れるようにリサーチをしておくことは大切です。相場とほかのマンションの設備もチェックしておきましょう。

ブランド化していくのも効果的

分譲マンションは世間一般でいえばかなり高級なものと考えられているため、そのマンションをブランド化して価値を高めることもできます。

いわゆるその地域のランドマークとして売り出していければその分人も集まりやすくなります。マンションの大きさや敷地なども重要で、その地域で最大や一番といえるものがあれば特に魅力的です。

階層や面積がだめでもセキュリティを充実させればその高度なセキュリティを求める方々が入居してくれる可能性が高まります。プライバシー保護のためにマンションのベランダにも工夫があればより生活もしやすくなるはずです。

ブランド化はあまり難しくはないのでロゴのデザインなども併せて検討してみると良いでしょう。ブランド化できれば設備などがほかのマンションとあまり変わりなくても価格を少し上げることができます。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま