aaa

すぐに売却できるマンション運用方法とそのポイント

マンションを広く宣伝して売却に成功(男性/40代)

マンションを早く売却して次の物件を購入したかった時に力を入れたのは宣伝でした。同じ地域内ではなく、県単位での宣伝をしました。

住み替えや引っ越しに対してもよい提案ができるようにチラシもしっかり練りこんで制作し、しっかりと希望に沿った情報伝達ができるようにしました。

高い買い物に思えますが、すでにアパートやマンションを所有している方や不動産関係で仕事をしている場合はマンションの購入は物々交換のような側面もあり、そこまで難しくはありません。

書類の手続きなどに気を付けていれば素早くできるので、私自身も書類はしっかり用意しておきました。宣伝のおかげでマンションの買い手も何人か見つかり、厳選して決定できました。

運用が長くできることを条件にして選んだので、残債やその他のトラブルについてもその方が対処できるようになっています。またコロコロ所有者が変わるマンションは住人もすぐに移り住んでしまうことが多いので、あとからリスクを背負わなくても済むようにとの考慮でもありました。

マンションの写真や内装の様子、入居者数なども重要になるので、できれば同じ地域ではなく、他の地域で宣伝できた方が住人にとっても恥ずかしいことがなくなるでしょう。

業者も頼ってマンション売却がうまくいった(女性/20代)

マンションを手に入れたは良いものの個人的なプランでは何度も売却と購入を繰り返す予定だったので、業者とタッグを組んで売却先を見つけていきました。

個人的に得意だったのが交渉なので、売却をする時には主にマッチングを重視しつつ、マンションの入居者から得られる家賃収入も合わせて価格を少しでも上げられるようにしました。

宣伝が何よりも大切で、時には不動産経営の経験があまりない人に売却したほうが良いこともありました。様々な点から考えて利益が出るようにしたので、早く売却しては次の物件に移って少しずつ価格の大きいマンションを扱えるようになっていけました。

どんなマンション売却でも結局は宣伝が最も重要でした。広範囲に宣伝できていれば、結果はしっかりついてきました。価格が上がるにつれて、宣伝範囲も市町村から県単位に変わっていきました。

やはり狭い地域だけでは宣伝が足りないのですぐに売りたい場合にはしっかり情報を活用していきましょう。

マンションの価値を高めてすぐに売却できた(女性/50代)

私は長年運営してきたマンションがあり、最初購入したときはそこまでの価値はありませんでしたが、時代の流れで少しずつ町が発展してきて、マンションがあった場所にも新しい道路やコンビニなどもできるようになりました。

運営期間中にももちろん家賃収入があったので、利益に関しても十分でした。耐震工事など運営で必要な工事や設備の拡充もできていたので、マンションそのものの価値と立地やロケーションからくる価値が両方上昇し、売却する時に非常に有利に働きました。

最初購入したのは2000万円でしたが、売却する時には3800万円になっていました。最初は驚いたのですが、冷静に計算していけばそのくらいの金額でも少ない可能性もありました。

しかし、その時はすぐに売ってしまって新たに物件を手に入れたかったので金額としては十分でした。家賃収入で得ていた利益分もあわせてかなりのグレードアップができました。

マンションそのものの価値が十分高まってからの売却だったので、利益もそれだけ大きくなり有利な取引ができました。マンション売却にはタイミングも重要だと学べた一件でした。

新しいマンションほど求められるスペックが高く、立地に価格が影響されるのであとから参入する場合には初期投資も大きくなってしまうので、地域の発展も考えてみるとよい不動産取引ができるでしょう。

宣伝を工夫してすぐに売却できる

全国規模の宣伝をしよう

マンションでの生活はかなりグレードも高く、生活満足度も高いものです。その分、マンションに住みたいと思う人は多いので宣伝次第ではすぐに売却も可能です。

家族でマンションに住もうとする人ももちろんいますが、子育てにはあまり騒音の問題などもあって向いていないため、夫婦2人だけの暮らしや一人暮らしを求めてマンションを選ぶ場合も多いです。

そのため、引越しや移動に対してもあまり腰を重くせず、遠方からでも魅力的な物件があれば引越しをしてきてくれる人は多いです。マンションの売却をするときにはできるだけ日本全国にその情報が共有できるように工夫しておくと、早く売却することができるでしょう。

マンション売却業者を頼るのも良い

全国規模で情報を掲載してもらいたければできるだけ広い範囲で活動しているマンションも扱っている不動産業者に頼るのが一番です。インターネット上にもマンションの売却に特化した業者がサービスを提供しているのでそうしたところも頼ってみると良いでしょう。

業者に頼ると売却価格からいくらか手数料や報酬が差し引かれてしまいますが、長期間マンションが売れずに価値が下がるよりは良いです。

また、早く売れるには結局宣伝をしなければいけないので経費も掛かってしまいます。その点でかかる負担も考えれば業者に払い費用は決して高くはないので、比較してみてから決めると良いでしょう。

あまりにも報酬が高くないならば依頼して任せてしまった方がいろいろとメリットも大きいです。

マンションの価値を高める努力をすべき

マンションを売却するときには、しっかりとその価値が高まるようにしましょう。お部屋の中が汚れているとその分イメージダウンして価値が下がってしまうこともありますが、少しでもクリーニングや修繕ができていれば価格は改善されてきます。

マンションの外観や部屋の中のにおいについても査定などでチェックされるので、売却前にしっかりメンテナンスをしておきましょう。マンションに駐車場がついているかどうか、駐輪場などもあるかしっかり確認できていれば買い手も決断しやすくなります。

価格を少しでも上げて早く売却したいならば、業者と連携したほうが確実です。無理な手続きをする必要はないですが、少しでも知識と経験のある業者に頼れれば高く売却できる可能性も高まります。

独断で話を進める前に一度は相談してみるとよい結果が待っているかもしれません。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま