aaa

基本的な一戸建ての売却方法と必要なこと

一戸建てを売るときに学んだこと(女性/40代)

一戸建ての売却をするときに必要だったのが、やはりといってよいものか書類でした。権利書やその他譲渡や移譲に関するような契約書はかなり多く、一人ではしっかり用意できるか不安だったので司法書士にも頼って用意しました。

しっかりした書式で第三者の介入したほうが良いようなものだったので、司法書士は頼って正解でした。相手の方でも一応プロのチェックを入れようとしていたようでしたが、私がしっかり司法書士を頼っていたので相手もその方を信用して手続きに応じてくれました。

やはり高額な取引になり、支払いにも時間がかかるということで、書類関係は特に重視しなければいけないようです。個人でやったことといえば署名が住所などの記載が多かったのですが、相手の方は住民票や個人情報の提出などをしなければいけないなど、少し手間はかかるようでした。

売却前には家の掃除は当然、少しでも原状回復できるように心がけました。あまり手間をかけたくはありませんでしたが、傷や汚れを見つけるためにもしっかり自分でクリーニングをして処理しました。

ちょっとしたところでの努力はとても大切だと学べました。

司法書士も頼ると土地の問題は解決できる(男性/30代)

一戸建て売却をするときに、私は同時に土地も売却して少しでも高く家を売ってしまおうと考えていました。親から譲り受けて何年か住んでいましたが、新しい生活を始めたかったこともあって一気にまとめて売却することにしました。

土地を売却する時にも家の売却同様書かなければいけない書類はいくつかあったようで、難しい書類のようだったので住宅関係の問題に詳しいという司法書士を頼って書類作成を代行してもらいました。

仕事に取られる時間も多かったので、できるだけ短時間で手間も少なく書類を用意するにはぴったりの選択でした。司法書士に頼ったおかげで、土地も一戸建ても買い手も私自身もいろいろ相談させてもらえて、相手の私に対する信頼アップにも効果があったように思います。

お金の受け渡しなどもしっかり協力してくれたので、受け取り方や支払い方についても頼ることができました。また、司法書士の方が万が一トラブルになったときの相談役になってくれたので、お互いに安心して頼れるようになりました。

土地は600万円、一戸建てが2000万円で、細かい経費やその他の手数料などを含めてだいたい2700万円くらいでの売却になりました。普通の一戸建てでも十分良い金額にできてよかったと思っています。

取引は第三者の意見も取り入れるとよい(女性/50代)

私が一戸建て売却をするときに気を付けているのは、買い手と売り手だけで話を進めないということです。100円や1000円程度の売買ならば問題も起こりにくいですが、1000万円を超えるような取引になるとちょっとしたトラブルでもそう簡単には解決できません。

そのため、少しでも双方にとって安全に取引を進めるために私は必ず弁護士を間に挟むようにしています。

特に弁護士にこだわる理由はないですが、単純に普段から頼っている信頼できる方だからということで、相手方にもしっかり説明をしたうえで理解してもらって双方の間を連絡や相談などで頼れるようにしています。

書類のやり取りや安全な取引方法、不動産屋の金額設定や売買におけるトラブル回避など細かいところまで気にしてくれて売却する私としては非常に助かっています。

一戸建てを見学してもらうときにも見る人だけでなく、売る側の人がついて回らないといけないので、そういったときにも気軽に頼れます。一戸建てを売却する時は司法書士でも行政書士でもよいので、誰か一人でも第三者がいれば安心して取引を進めることができるでしょう。

一戸建てを売るときにはルールがある

書類の用意は慎重に行うべき

雑貨や食料品と同じように家も売却することができますが、土地のことや金額が大きいために契約書や売却に必要な書類が必ず出てきてしまいます。

一戸建てでもマンションでも売却するときにはトラブルにならないように契約でお互いに安全を守るためにルールを守りながら話を進めていかなければいけません。

そういったルールは不動産鑑定士や弁護士といったプロの方がしっかり把握しているので、インターネット上で安易に調べて内容だけを信じて個人でやるのではなく、プロの方と一緒に手続きを進めていくようにしましょう。

必要に応じて相談することもできますが、最初から多くの手続きを代行してもらうこともできるので売却計画などに沿って決めていくと良いです。

法律のプロがいると安心

一戸建ての売却で頼れるのは不動産鑑定士や宅地建物取引士といった人々です。不動産の扱いには慣れている方なので、実績も豊富な方に頼れれば、売却までにかかる時間も手間も短縮できるでしょう。

書類の用意についても色々と教えてもらえる可能性が高く、少しでも安全かつ確実に売却ができるはずです。ほかにも弁護士に相談をしておけば、トラブルにならないように代理で話し合いをしてくれたり、契約書の不備の指摘など個人では言いにくいことも頼りにできます。

また、弁護士に話が通っていれば売却する側としては万が一支払いがされなくなった時にも素早く対応をしてもらえます。リスクマネジメントの一つとしてこうしたプロを頼っておくのは非常に重要です。

行政書士や司法書士も頼りにできる

書類の作成だけならば行政書士や司法書士も頼りにできます。不動産の扱いに慣れている司法書士も意外と多く、土地の相続に関する案件を扱ったことがある方は特に頼りにできます。

もちろんそれぞれに専門分野が異なるので、必ず頼れるわけではないですが、相談して問題を解決してもらうには先に良い先生を見つけておくのも大切なポイントになります。

売買の契約書や、一戸建てを購入した時の売却する側が持っているはずの契約書、土地の権利書など、必要な書類についてはしっかり取り決めができるようにしてください。

取引後に問題が発覚してしまうと売却取り消しや慰謝料などの発生まで発展することもあるので、最初の段階で少しでも安全に取引していけるよう心掛けておいてください。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま