aaa

タワーマンションの低階層を売却できないときの対策

タワーマンションでもうまく運営できた(女性/50代)

私が交通アクセスも良かったタワーマンションを購入したのはやはり収入が大きいと思ったからでした。しかし、高層階の運用はうまくいっても低層階はなかなか買い手が見つからずに困ってしまいました。

コンビニや薬局などが入ってくれればとも思いましたが、アクセスはよいのになかなかテナントさえも埋まらずにいました。そこで、専門の業者に頼ってみると宣伝方法などをアドバイスしてもらえました。

また、価格設定についても少し変更をしてくれてよい提案をしてもらえました。価格はそれまで設定してきた金額の7割ほどの金額にして、契約期間を延ばすという戦略にしました。

さらに、更新期間以外の解約は違約金を発生させるようにしました。少し厳しい設定にも感じますが、実際、毎月の負担が減って低層階もしっかり売却していくこともできました。

タワーマンションのテナント部分も売却したかった部屋の部分もしっかり運用できるようになったのはやはりプロの業者の方々の意見のおかげです。

低層階の入居者でも売却できたコツ(男性/30代)

私はあまりお金に余裕があったので、職場に近かったことと収入が十分にあったためタワーマンションの低層階に住むことにしていました。

かなりおしゃれで、生活面も満足していましたが、一時期を境に貯金を重視しようと思い、それまでどんな生活をしてきたかをメインに紹介してお部屋を売却することにしました。

かなりグレードの高そうな生活でしたが、その部屋でできることにかなり制約があったので私にとってはそれらの制約が邪魔になってしまうようなこともあったのがもう一つの理由でもありました。

タバコが吸えなかったり、大人数で飲み会をするだけでも駄目だったので、もっと仲間とも楽しめるような場所に引っ越したいと思い、自由度の高い場所への引越しをしました。

マンションの売却では、業者を頼ったので手続きや書類の用意、大々的な宣伝や細かな交渉などはあまりしなくても済みました。売却ができてからはすぐに引っ越し先に移動できたので、私自身で何か困ることも一切ありませんでした。

あまり売却に時間がかかってしまうのも嫌でしたが、かなりスピーディーに売却ができて、仕事に支障が出ることもなくできました。個人でやるとなるとなかなかそうはいかないので、しっかり業者も選定して依頼できるとより効果は上がるはずです。

従来型の宣伝も効果があった(女性/40代)

私が売却しようと思っていたタワーマンションでは、やはり価格の高さがネックで、低階層でもあまり価格に関しては考慮されていなかったので出入りも多くありました。

私自身もそんな中でもう少し落ち着いてお金を自由に使えるところに住みたいと思い売却を進めることにしました。最初はひとまず業者に相談をしてみましたが、なかなか頼れそうなところがなくインターネット上で検索してやっとよさそうなところを見つけました。

売却価格もかなり高くなりそうだったので、やはり宣伝力のある業者や人脈に富んでいる業者でないと意味がないとは思っていました。

しっかりと業者探しをしたおかげか、細かい説明や報酬に関する規定などもしっかりとやってくれて非常に満足できる結果も出してくれました。

あまり新しいタイプの宣伝方法といえるものではありませんでしたが、口コミを重視したやり方でかなり迅速に最適なマッチングをして買い手も見つけてもらえました。価格についての交渉も面倒なことはなく非常に助かりました。

また、店舗でも物件紹介などをしてくれていて、地道な方法が功を奏していたようです。

インターネットを活用した宣伝方法やそれ以外のものでも業者の力量によって結果が大きく左右されるようなので、売却をしっかり成功させたい場合には十分に工夫しておくことをおすすめします。

タワーマンションの低階層は売りにくい

ちょっとの工夫で売却できるようになる

タワーマンションは贅沢で高級感もある暮らしを求める人に人気の物件ですが、特に高層階に住もうとする場合が多いです。そのため、どうしても低層階はなかなか買い手が見つからない事態になってしまいます。

高層階よりは安いですが、ほかのマンションなどの高層階よりは高い費用が掛かるので、わざわざ低層階に高いお金を払って入居したがる人は見つかりません。

しかし、ビジネスをしながら入居できるようにしたり、ペットも一緒に住めるようにするとそれだけ入居してくれる人も増やせるので条件についてはしっかり検討したほうが良いです。低層階ならではのメリットがあれば入居希望者も多くなります。

宣伝は従来型でも効果が期待できる

タワーマンションの低層階は、価格が高いというイメージも大きいですが、少しグレードの高い生活を望んでいる人にとっては十分魅力的です。

管理人をタワーマンション低層階に住まわせて安全管理などをしてもらうのも良いですが、ちょっとしたアピールの仕方で効果はかなり期待できるものになります。一般家庭やマンション、アパートの住人へのチラシやパンフレットのようなものでも効果が期待できます。

一般人が想像しているよりも安くタワーマンションに住めるということを理解してもらえればそれだけで可能性は高まります。知名度を上げていくだけでも興味を持ってくれる人は増えるので、しっかり工夫して宣伝していってください。

価格を変更すると売却しやすい

売却価格の総額を変更する必要はないですが、月々の支払い方を変えるだけでかなり入居希望者も多くなります。

アパートやマンションでは毎月5万円から7万円も支払っていればかなり高い方ですが、それと同じくらいの価格帯に設定できれば当然生活グレードがあげられるわけで、入居希望者は増やせます。

タワーマンションならば周辺環境もアクセスの良さも期待できるので、一般的なマンションよりは満足度の高い暮らしができるはずです。購入を検討してくれる人にとって無理なく支払える金額を設定できるようにリサーチも行っておくと良いです。

業者に売却を任せる場合にも、こうした金額設定まで工夫してくれるところを見つけた方が良いです。ローンを組んでもらう場合にも、柔軟に対応できるようにしておくとそれだけ買い手も付きやすくなります。

価格だけではなく、その支払い方法も併せて検討するとさらに宣伝でも効果が上がりやすくなります。

Step0
不動産の売却前にまず査定

イエイは約1分で複数の不動産会社に査定できる一括査定サイト。不動産会社によって500万円以上、査定価格に差がでることもありますので、買取をお願いする人は特に比較しましょう。

また全国1000社が登録しているので、売却や買取できる会社がきっと見つかります。

不動産売却の悩みはイエキットへ

現役・元不動産仲介担当者やFPが、あなたの疑問に回答します。

住宅ローンや離婚、相続、住み替え等、様々な不動産のお悩みに対して、イエキットが提携する不動産関係者が無料でアドバイスをしています。
相談する無料

不動産売却前に知っておきたい知識

  • 期間で見る、家の売却の流れ
    期間で見る、家の売却の流れ

    初めて家を売ろうと考えている方に向けて、その流れと期間を分かりやすくまとめました。家の売却では慌ただしく準備したり、不動産会社がどのように家を売ってくれているのか見えないため、本当に仕事しているのか不安になることもあります。

  • 【不動産の査定】売却査定と査定の種類
    【不動産の査定】売却査定と査定の種類

    不動産会社に連絡を取ると、まず最初に査定を行うことから始めます。査定はあなたの不動産と似た条件の不動産から算出し、実際に不動産を見て補正して算出します。

  • 【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容
    【不動産売却の媒介契約の種類】手数料と書類の内容

    不動産売買時の媒介契約には一般・専任・専属専任の3種類があります。それぞれに特徴はありますが、一般か専任で悩むことが多いです。一般の場合は複数社に選べるものの不動産会社が力を入れないと言われており...

関連する不動産売却の相談

  • マンション売却で買主のローン審査が通ったのに保証会社がNG

    マンション売却を不動産屋に売却依頼をして3ヶ月が経ちます。ローン返済はありません。 その間1人の方から申込みがあり、ローンの本審査も通って喜んでいたのに、保証会社からNGが出て、売れませんでした。私の方は県外への引っ越し準備も進んでおりま